« 愛媛県佐田岬に関アジ狙いに・・・ | トップページ | 佐田岬の船頭からもらったもの »

2007年5月 2日 (水)

愛媛県佐田岬は、「し~~~ん」としていました

Cimg3754Cimg3755先週の日曜日は、佐田岬からの船釣り。朝、6時半に出船。いきなり大きなアジがバンバン・・・、と期待。でも、海はし~~~んと、静まり返っていて、何にも音沙汰がありません。
水深は、80メートル。この深さを100号のオモリでエッチラオッチラ。疲れないわけがない。

1時間ほどして、やっと友近さんが魚を掛ける。いきなり船頭が仕掛けを奪って、上げたのはイシダイ。44cm。これじゃあ、船頭の釣果になってしまう。
早速写真を撮りました。尾ビレを握っているので小さく見える。だから、「小さい」と言うと、グーンと突き出しました。今度は、実物以上に大きく写りました。良かった、良かった。立派です。

だが、狙いのアジは、し~~~~ん。だから、風力発電の20基の風車をバックに写真を撮って、時間をつぶしました。

Cimg3768  全くアタリがないので、12時前には、港に帰りました。船頭もギブ・アップ。船着場で、私の唯一の釣果、小さなマダイの写真を撮りました。24.5cm。

どうです? 巨大なマダイでしょ。でも、私の指も巨大。情けないわ。ホントに。24.5cmより小さく見えるわ。
石さんは、最後にガシラ2匹。ここまで来て、ガシラじゃーねえ。Cimg3763

この後、たっぷり残ったアミエビで、船着場で、サビキ釣り。1時間で、小アジ40匹に、良型ガシラに良型メバル。
沖の船より、港の方がよっぽど良かった。ま、釣りでは、よくある話。

5月 2, 2007 船釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/14894152

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県佐田岬は、「し~~~ん」としていました:

コメント

コメントを書く