« 狙いは60cmオーバーのチヌ | トップページ | アカメのキーホルダー »

2007年4月19日 (木)

アカメちゃんに会いに行きました

Cimg3622_1 Cimg3624_1 Cimg3628 日曜日は、四万十市(旧中村市)に宿泊予定。ホテルに入るまえに、アカメに会いに行きました。
胸がときめきます。1ヶ月ぶりにアメリカから帰ってくる「山ノ神」を、空港に迎えに行くときと同じ・・・、じやないなあ。このときは、ときめくどころか、もうちょっと一人にさせてくれたらと、思いつつ、いや、そんなことはありません。ときめきます・・・。

 

アカメに会えるところは、四万十川河口近くにある、「アカメ館」です。でかい剥製があったはず。でも、生きたアカメが水槽に・・・。目が赤い。そりゃあ、アカメだから、目が赤いのは、当たり前。でも、目が赤いのは、ジーッと見ていると、ちょっと不気味。ちょっと神秘的。

Cimg3649以前来たときにあった、剥製が無いので、店員さんに聞きました。「以前、ここに日本一のアカメの剥製があったはずですけど・・・」。オバチャン店員さんは、黙って上を指差しました。いました。上のほうに鎮座していました。以前と、場所が変わっています。

宿泊ホテルの「ニューロイヤルホテル四万十」に到着すると、ここでもアカメの剥製が、玄関ロビーでむかえてくれます。このアカメについては、以前にも、このブログで書いたことがあります。

 

日本の川に、こんなでかい日本古来の魚がいることに、びっくりします。四万十川の雄大さが分かります。四国の自然のすごさの証明でしょうか。

4月 19, 2007 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカメちゃんに会いに行きました:

コメント

コメントを書く