« 愛媛県三瓶の橋欄干に魚発見! | トップページ | 大学で、「四国天国」を講義しました »

2007年4月29日 (日)

オハグロベラの香川県記録

Cimg3720愛媛県三瓶湾での投げ釣り。場所を4回変わったが、3回目の場所で、内藤さんが「オハグロベラの香川県記録は・・・?」と言いながら、持ってきたのが、写真のオハグロベラ。21.7cm。オハグロベラとしては、大きいと思います。

私も、これまで何回かオハグロベラを釣ったことがありますが、たいていは18cm程度。この21.7cmは、でかい。
で、香川県記録を見たら、これまで申請が出ていません。だから、この魚を申請受付することにしました。内藤さんにとって、ウサギアイナメの51.0cm、スジアイナメの36.4cm、トウガレイの33.6cm、マトウダイの48.0cmについで、5種類目の香川県記録になりました。

でも、この魚、「お歯黒」の名前どおり、色が黒い。美しいとはいえません。だいたいベラ科の魚は、鮮やかな色が多いのですが、これは不運な色に生まれついた不幸者かも・・・。

それに、この魚は、狙って釣れる魚ではなくて、ついでに釣れる魚。ま、エサトリ感覚の魚ということになります。そのエサトリで、記録更新。内藤さん、おめでとうございます。
なんとなく、ヤーな言い方でしょ。素直に喜んであげればいいのに・・・。自分でも、そう思います。でも、意外とこういう魚こそ、なかなか記録が破られないもの、という気もします。

私も、今度エサトリが釣れたら、どんな魚でも、香川県記録に申請されているか、確かめることにしようっと。ふふ。そのときは、笑わないでくださいよ。

4月 29, 2007 釣り記録 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オハグロベラの香川県記録:

コメント

コメントを書く