« 390円ショップで、マンボウビーズ | トップページ | 回文「あ、魚がさあ」 »

2007年4月13日 (金)

ことわざのリメイク

またまた、ことわざを釣り仕様に作り直しました。単なるダジャレみたいなものですけど、釣りキチには、深い意味を持つからいいのです。不快意味じゃないですよ。さっそく、やってみましょう。

「値段大敵」 (「油断大敵」が転じて)
釣りを長く続けていると、つい陥るのが、値段の高い釣り道具を使うほど、よく釣れるはずだという錯覚。そういう人は、新製品が出ると欲しくて欲しくてたまらなくなる。ま、オバチャンのブランド目指しと同じみたいなもの。

「要(い)らぬがイナ」 (「知らぬが花」が転じて)
イナは要りません。いくら魚好きでも、イナはまずい。魚を差別してはいけないけど、イナはまずい。どうしょうもなくまずい。食べようと努力するだけ無駄。イナ様には、申し訳ないけど、海にお帰り願います。
ひょっとすると、そのまずさは、自分の命を守るための秘策ですか? それが秘策なら、アンタはすごい、と思います。

「釣れるが、価値」 (「負けるが勝ち」が転じて)
「そう、どんな手段を使おうが、釣れれば価値。釣りは釣って、なんぼじゃい」。そういう人が多いんです。
私の頭の上から、撒き餌カゴがビューン。亀じゃないのに、つい頭をすくめます。渡船が迎えにくるギリギリまで釣りをしていたので、磯のゴミを片付ける時間がない。
それにしても、迎えの船がくる1時間も前から、掃除を始める私もやり過ぎでしょうか。ほうっておいてください。

「テグス 根を引く」 (「手ぐすねを 引く」が転じて)
テグスって、釣り糸のこと。だから、意味のない「テグス 根を引く」。単なる語呂合わせ。でも、これだけピッタリと、一語も変えずに別の意味になるって、うれしい。
「手ぐすねを引いて、他人が テグス 根を引くのを、待つ」。磯でのハマチ狙い。潮が横にガンガン流れているので、10人以上が同じ磯から浮きを流すと、たちまちにして数人がオマツリ騒ぎ。それまで仕掛けを投げずに、他人がオマツリを直している間に、釣ろうという魂胆。昔、やってましたわ。

4月 13, 2007 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/14401885

この記事へのトラックバック一覧です: ことわざのリメイク:

コメント

コメントを書く