« コーヒー好きの魚はいませんでした | トップページ | 特製の「サヨリ一夜干し」が大好評 »

2007年3月26日 (月)

高松サンポート港に魚、発見

Cimg3503Cimg3504先週の金曜日、高知市に出張。高知行きの高速バスが出発までに時間があったので、久しぶりに高松港をぶーらぶら。ここには、釣りにも良く来るので、いつもの景色。でも、何度来ても、港は風情があって、いいものです。

 

港前の芝生広場で突然、石に張り付いた魚、発見。見覚えのあるデザインです。平成16年10月に、天皇陛下が来られたときの、イベントのキャラクターです。確か「ハマちゃん」。ハマチからとったハマちゃん。安直なネーミングというと、怒られますかねえ。その記念碑です。
3年前に最初に見たとき、「魚に帽子なんぞ、かぶらせるなよ。魚が嫌がるぞ」と、感じたことを思い出しました。

高松港は、瀬戸大橋が出来るまでは、本州との間で結ぶ宇高連絡船の港でした。東京や大阪から四国に帰ってくるとき、岡山県宇野港から乗った連絡船の甲板上にある屋台で、讃岐うどんを食べて、「帰ってきた実感」をホッと味わったものです。

 

その連絡船発着港がなくなり、そのあとに出来たのがサンポート高松港。現在は国内で、フェリーが運ぶ総トン数としては、瀬戸内海の島などに行く便数も多く、日本一の港なのです。こんなことは、地元の人もほとんど知らないと思いますけど。

 

外国には滅多に行けませんけど、整備されたきれいな港は、観光地とは違う感動があります。この高松港は、世界の人にも感動を与えられるかも・・・、と期待しています。
この日も、観光客らしいグループが早朝から散歩したり、写真を撮ったりしていました。どうです? これを読んでくれている、東京や大阪のアンタ、一度来てみてください。きっと、感動しますって。感動しないとき、どう責任を取るのか? さあ。

 

 

3月 26, 2007 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高松サンポート港に魚、発見:

コメント

コメントを書く