« 橋の欄干に、アユが泳ぐ | トップページ | ひなまつりで、お魚グッズ探索 »

2007年3月 2日 (金)

神社に木彫りコイ発見!

Cimg3373Cimg3374徳島市から、海とは反対に小1時間走ったところに、神山町があります。昨日書いた上勝町の隣の町です。
この神山町の山にある神社に、大きな木彫りのコイを発見。上一宮大粟(かみいちみや おおあわ)神社です。
まさか、こんなところにコイが・・・。神社の正面には、竜などが彫られていて、普通の感じ。左に廻って見上げると、コイがいます。

 

この神社に案内してくれた、神山町国際交流協会会長の大南さんも、コイがあることを知りませんでした。ま、こんなところで、魚を探している人なんて、私以外にはいませんわなあ。
でも、そのコイが、立派なんです。是非、拡大してみてください。躍動的でしょ。誰が、いつ彫ったものかは聞き忘れたけど、立派な彫り師に違いありません。

Cimg3375その神山町で聞いた話は、楽しくて夢のあることでした。国際的な芸術活動による町おこしの話。申し訳ないけど、私は知りませんでした。
四国のこんな山奥に、イギリス、ドイツ、カナダ、アメリカ、オーストラリア、南アメリカなどなど、世界各国の、確か23カ国の芸術家が、作品を残そうと、毎年30ほどの応募があるなんて、知りませんでした。神山町のホームページにある「神山アーティスト・イン・レジデンス」を、一度みてください。
http://www.town.kamiyama.lg.jp/culture/kair_jp.html

 

ぶしつけに、大南さんに、「世界中から、何故こんな四国の田舎に応募があるのか」と、質問。その答えがオモロくて、納得でした。
英語で、募集するのだが、「神山町」を「GODS MOUNTAIN」と書くので、勝手に神秘的なイメージを持つらしいとのこと。笑っちまいました。でも、ウソを付いているわけじゃないですよね。四国にも、元気な町があります。

 

 

3月 2, 2007 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神社に木彫りコイ発見!:

コメント

コメントを書く