« 釣りたてのカニは、最高にうまい | トップページ | 職場でもらったお魚グッズ「つぼ押し」 »

2007年1月 9日 (火)

「笑えるワープロ変換」は全国区

「ワープロの変換ミス」という遊び。私だけのオリジナルだと思っていました。だから、昨年12月26日の新聞を、見て驚きました。日本漢字能力検定協会というちゃんとした組織が、「笑えるワープロ変換ミス」を、1年間も募集していたらしい。ホントに知りませんでした。

そのときの年間最優秀賞(「年間変漢賞」と言っています)は、「回答案です」を「怪盗アンデス」にきまったらしい。他にも「お客様用トイレ」を「お客彷徨うトイレ」が良かったとの評価。
残念! このことを知っていたら、私も応募したはず。「オリコン第一位」が「お離婚だ いい地位」とか、「三越デパート」が「蜜腰で パート」とか、「小泉首相」が「恋済み殊勝」などは、上位にランクされたのではないかと、思っているのですが・・・。こんな下品なのは、ダメでしょうか。

とにかく、私も元気がでました。これからは、堂々と「笑えるワープロ変換」といえば、全国に通用するということですから。

「朝 イシガレイとウニ・・・」
 ーーー> 「あ 妻子が冷凍に・・・」

「私はグレ タイ狙い 鵜が来てさっぱりよ」
 ーーー> 「私は愚れたいね 雷雨がきてさっぱりよ」

「グレ タイ 次第に食い始め・・・」
 ーーー> 「愚れたイシダイ 憎い始め・・・」

「立派なマコガレイ」
 ーーー>「立派ナマコが礼」

「そう 顔もウツボにやられた」
 ーーー>「そうか 思うツボにやられた」

1月 9, 2007 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/13250799

この記事へのトラックバック一覧です: 「笑えるワープロ変換」は全国区:

コメント

コメントを書く