« 香川県の磯釣り師が大集合。忘年会です。 | トップページ | またまたアナグラムです »

2006年12月14日 (木)

なんで、私にくれたのよりいいのか!

Cimg2868赤澤名工が、「石塚さんに渡してくれ」と、持ってきたのが、どんぐりウキ多数に、エビすくい網、撒き餌用ひしゃくなど。ま、東京から四国への引っ越し祝いらしい。

それはそれで、良いのだが、気にくわないのは、私にくれているのより、数段立派な仕上がりってこと。
何で、長いつきあいの私より、昨日今日来たばっかりの石塚さんの方に立派なのか? こう問いつめました。嫌らしい根性でしょ。ふふ。

あまりにも、仕上がりの美しさがいいものですから・・・。赤澤名工 に言わせると、「そりゃあ、後になるほど、技術が上がって、良い物ができるようになるわ」です。と言うことは、私にくれたのは、まだ技術が未熟だったときのものってことになります。

赤澤名工さえ、私にくれたのは「恥ずかしいわ」というぐらいの出来。私には、立派すぎるほどなので、満足して使っていたのに、「恥ずかしい出来」と言われると、気になります。
アンタだって、こういう覚えがあると思います。自分の伴侶の器量とか、性格とか、度量とかが、ま、そこそこだと思っているのに、他人から「そこそこやな」と言われると、気になるって事。自分が思う「そこそこ」は、合格点の「そこそこ」だが、他人からの「そこそこ」は違うもんね。

12月 14, 2006 赤澤名工シリーズ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/12643692

この記事へのトラックバック一覧です: なんで、私にくれたのよりいいのか!:

コメント

コメントを書く