« 阿波池田でタコの工芸品 | トップページ | 石塚さんからサヨリの一夜干し »

2006年12月21日 (木)

宇和島市の釣りキチ中華料理店

Cimg3070磯釣りの帰りは、何故かいつも汁ものが欲しくなります。だから、ラーメンをかきこむことが多い。この前の日曜日の大会の帰りも、石塚さんと中華料理店「揚子江」に入りました。
磯釣り場から宇和島市に向かうと、大きな松尾トンネルがあって、それを抜けてしばらくのところ。

入ってまず目に付いたのが、マダイの魚拓。79cm。ここには、ひとりで宇和島方面に釣行のとき、よく入った店ですが、これまで全く気が付きませんでした。
釣った日を見て、納得。平成12年。そう言えば、最後にここに来たのは数年前だったから、これを釣る前だったのかも。

Cimg3071 こういう店に掛かっている魚拓というのは、店主が釣った魚というより、常連のお客さんが釣った場合が多い。ま、サービスというやつ。この魚拓もそれかと思ったけど、店主に聞くと、本人が釣ったのだという。
それからは、店主がしゃべること、しゃべること・・・。ボートで真珠のイカダに掛けての夜釣り。えさはアオゴカイ。50メートルの水深で、枝バリは2メートル間隔。タイがよく釣れる。
ちょっとはにかみ加減で、しゃべり出すとちょっと自慢気でもある。その気持ち、分かります。相当の釣りキチのよう。

なによりも私が嬉しかったのは、魚拓魚のサイズ。79cm。これだけ大きければ、計り方で1cmや2cm、どうにでもなるはず。80cmと書けばいいのに、79cm。釣り人の正直を表しています。
写真を撮らせてと、お願いしたら、「写真なんて・・・」と恥ずかしがる。無理矢理、「たいしたことは無いんです」と、訳の分からん理由を言いながら、撮らせてもらいました。店主もまんざらでもないようで、緊張の顔。笑って下さいと言って撮ったのが、この写真。相当緊張しているみたい。分かるでしょ。

12月 21, 2006 釣りキチが楽しくなる店 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/13114134

この記事へのトラックバック一覧です: 宇和島市の釣りキチ中華料理店:

コメント

コメントを書く