« カニの「注射」 | トップページ | 5万円の魚類図鑑を買っちゃいました »

2006年12月27日 (水)

1年ぶりの「一口落語」

Cimg0247a「一口落語」って、覚えていますか? 有名なのが、「あそこに囲いが出来たんだってね」 「へー(塀)」というやつ。「鳩が白いものを落とした」 「ふーん(糞)」というの。

ま、どうってことのないダジャレ。だけど、これが短いだけに、難しい。それを釣りと魚に限定で作るとなると、その難しさは、40cmのグレを釣るぐらいの難しさ。普通のオバチャンが、小泉元首相と恋に落ちることぐらいの難しさ。不可能とは言えないけど、努力したら達成するというわけにはいかない。

だから、この一口落語は1年ぶりにしかできないということ。予防線はこれぐらいにして・・・。

「トドを釣っちゃった」
「大ボラだろう」

「この魚には、ウソをつけんわ」
「ハリセンボン」

「この魚、繊細な味じゃないな」
「大味(大アジ)です」

「探って探って、何を釣ってるの?」
「さあ、グレかな」

「シイラは、釣れてるかい?」
「知いらない(シイラ無い)」

12月 27, 2006 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/12991778

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりの「一口落語」:

コメント

コメントを書く