« ウニ捕り器があるなんて、知らなかった | トップページ | 「光るサメ」を、鳴門市でゲッツ! »

2006年11月22日 (水)

「大洲いきいき市場」に、大きな鮭

Img116_1ある会合で、某大手女性用品メーカーの宮内常任監査役が、ニヤニヤしながら寄って来た。手に持っていたのは、ある航空会社広報誌の切り抜きと、1枚の写真。私が魚に、異常な興味を持っているのを知ってのこと。
広報誌の切り抜きは、魚の漢字を素材にした珍しいカルタの記事。読んで楽しい内容に違いはないけど、私の興味からは若干ずれています。いや、心はうれしいんですよ。でも、これを追求していたら、釣りや魚の本のすべてのページに関わらないといけなくなる。で、泣く泣く却下させていただきました。ホントに泣く泣くかいな。勝手なヤツでしょ。

 

もう一つの、写真の方は、私の興味にぴったり。その写真には、天井からぶらさがっている大きな鮭が・・・。

愛媛県の大洲市にある「いきいき市場」で、撮ってきたという。仕事で大洲市に行き、そのついでに、立ち寄ったところに、これがあったので写真に撮ったといいます。どうです? わざわざ、私のために、ですよ。うれしいじゃ、あーりませんか。

 

その鮭の全長、推測で1メートル20センチ。でも、なんで、南国四国の市場に鮭があるのでしょうか。四国の川に鮭が遡(さかのぼ)ってくるわけでもあるまいし。
理由は、次のことらしい。この市場は、宮内さんの友達が経営している。そして、その友達がある人からこの鮭をもらったが、その置き場所に困って、天井からぶら下げたというもの。ホントかいな。もし、ホントだとすると、笑っちまいますなあ。

11月 22, 2006 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大洲いきいき市場」に、大きな鮭:

コメント

コメントを書く