« このサヨリの一夜干し、まずっ | トップページ | 高松港で1万円分のベラ。どうだ! »

2006年11月 6日 (月)

訂正! この時期のサヨリさん、ごめんなさい

Cimg2836この時期のサヨリはまずいと、書きました。その後、釣りキチ集合で7人が集まったとき、斎藤さんが、自分が釣ったサヨリを一夜干しにして、集合場所の、割烹「友釣」に持ってきました(写真)。どうせ、まずいと思いながら食いつきました。
意に反して、「うまい!」でした。焼きが強かったせいか、5月に食べた美味には、ちょっと足りないように思えたけど、美味しいことに間違いはない。「どうして?」 この前、サヨリ釣りに一緒に行った石塚さんに聞くと、石塚さんが作った一夜干しも、これぐらいのおいしさはあったとのこと。不思議としか、いいようがありません。

あけだれ、考えに考えて出した結論、「この時期のサヨリは食べられたもんじゃない」と、けなしたのに、実際に美味しい。これは何故? 一種の軽ーいパニックに・・・。痙攣じゃないですよ。

私は、サヨリを冷蔵庫で一晩寝かせただけだったのに対して、斎藤さんは、屋外に一晩さらしたらしい。その差はあると思うけど、それにしても、私が釣ったサヨリと、味が違いすぎる。一緒に釣った石塚さんも美味しかったというので、訳が分からん。

この翌日、再度、自分が釣ったサヨリの一夜干しを朝食に。すると、「いけるじゃないか」。 じゃあ、釣った翌日に食べたまずさは何だったのか。不思議。
自分の舌がおかしくなっていたとしか、考えられない、あー、分からん。誰か、助けてくれー。自分の舌が信じられなくなったら、どういう事になると、思いますか? そりゃあ、恐怖ですよ。ひょっとしたら、とんでもなくまずいものを旨く感じたり、とんでもなく美味しい物をまずいと舌が感じたら・・・。そのうちに、「腐ったドロドロを美味と・・・」。ぎゃ~。気持ちわるー。

11月 6, 2006 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/12534671

この記事へのトラックバック一覧です: 訂正! この時期のサヨリさん、ごめんなさい:

コメント

コメントを書く