« 男と女の値段 | トップページ | 「魚釣り禁止」の看板 »

2006年11月 9日 (木)

おそらく、日本一有名ななまず店

Cimg2831Cimg2830先週、東京に出張。久しぶりに東京泊まり。で、夕方の空いた時間に、どうしても見たい物を求めて、新大久保駅に。「なまず家 魚福」の、大きななまず看板を見るためです。
ここは、秋篠宮殿下と紀子さんが独身時代にデートした、なまず料理専門店。随分前にテレビで、この店が紹介されたときに、大きなナマズの看板が、チラッと映りました。その看板を実際に見たい、と長年思い続けていての、やっとの実現です。
思っている間が長ければ長いほど、期待がふくらみます。だから、恋人ともしょっちゅう会わない方がいいですよ。適当に間を開けた方が・・・。余計なことですよね。とにかく、やっと「なまず家 魚福」さんの看板を見ることが出来ました。

テレビで見たのは、チラッとだけで、どこにあるのか、店の名前も全く分からず。ナマズの看板だけが頼り。でも、インターネットって、本当に便利です。
「紀子 なまず デート」で、検索すると、たちまち200件近いページが検索できて、たちまち店の名前も住所も分かりました。
住所がわかれば、これまたインターネットで、ピンポイントで店の場所が特定出来ました。恐ろしいぐらいです。情報化社会の実感というところでしょうか。

私は、生まれて初めて「新大久保」に行きました。駅前の店は中国と韓国の食料品店がずらずらーり。びっくりしました。日本にも、こんなところがあるのかと・・・。タクシーの運転手さんに聞くと、日韓共同のワールドサッカー開催時には、韓国人でごったがえしていたそうです。
そういう人は、たぶん、このなまず料理店は、全く関係なかったのでしょうけど。

ナマズの看板は、私が予想していたよりもだいぶん大きくて、その下に行って写真を撮るときには、ちょっぴり圧倒されました。長年の念願が叶った瞬間でもあります。皆さんには、「しゃーない」「どうでもいい」「つまらん」話でしょうけど。

11月 9, 2006 陸に上がった魚たち |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おそらく、日本一有名ななまず店:

コメント

コメントを書く