« 「光るサメ」を、鳴門市でゲッツ! | トップページ | おそらく、日本一の釣り本新刊書店 »

2006年11月24日 (金)

「赤澤名工シリーズ」NO9 特大ドングリウキ

Cimg2311Cimg2192_1磯釣り用の大きなウキです。磯場所にっては、潮が「がんがん」と流れているところがあります。「がんがん」って、わかります? 「ぎゃんぎゃん」と表現すれば分かりますか。とにかく、磯はすごいんです。激流のように流れるときがあります。
写真の激流、すごいでしょ。こんな場所で、仕掛けを10メートルの水深まで沈めようとすると、大変なんです。どれぐらい大変かというと、そうですねえ、アンタが逆立ちを3分し続けるぐらいでしょうか。不可能ではないけど、非常に難しいこと。
そんなとき、小さいドングリウキでは、仕掛けがタナに届くまでにどんどん流されてしまい足下を探れないことがあります。そこで赤澤名工に、特注で作ってもらったのが、おもり負荷1.5号から6号までのウキ。

このウキだと、少々の深いタナでも、簡単に操作ができて、非常に気に入っています。
また、強風の時も、ドングリウキでは、オモリが小さいので、道糸が流されてしまうので、仕掛けが沈みません。このウキではオモリが大きいので、簡単に深いところまで届きます。

また風が強いと、仕掛けを上げたとき、なかなかつかめませんが、このオモリは大きくて重いので、簡単に手元まで寄ってきてすぐにつかめます。イライラしないですみます。

どうです?すごいウキでしょ。「売ってくれ」と言われても、売れませんよ。私の宝です。
そうですねえ、私の「山の神」ぐらいの宝と申しましょうか。売れるものなら売ってみたい、なんてことは、口が裂けても言えません。ふふふ。

11月 24, 2006 赤澤名工シリーズ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「赤澤名工シリーズ」NO9 特大ドングリウキ:

コメント

コメントを書く