« 「ブスさん」をお魚さんに例えると・・・(2) | トップページ | 「赤澤名工シリーズ」NO8 えさ箱 »

2006年10月15日 (日)

久しぶりの「釣れぬなら・・・」

Cimg0143「鳴かぬなら 鳴かしてみせよう ホトトギス」の、釣り版。「釣れぬなら・・・」です。釣れないときに、その原因がどこにあるかを、釣りキチは一生懸命考えます。たいていの推理は、「当たらぬも八卦」ですが、絶対に言わない理由があります。そう、自分のウデ。ふふ。だから、釣りはおもしろい。
囲碁、将棋の、プロとアマの差は歴然。ゴルフも、同じ。そう、なんでも、アマはプロに勝てないのです。でも、釣りはプロになると、釣り師じゃ無くなって、漁師になっちまう。で、どうしょうもない、私のようなヘボでも、望みが残っているってこと。だから、釣りはおもしろい。

「釣れぬなら 潜って確かめるか オナガグレ」
 
確かめるのはいいけど、2度と浮いてこれなくても知らないからね

「釣れぬなら 浮き下矢引きは止めよう オナガグレ」
 
そりゃあ、浮き下50cmでも、ご自由です。誰か文句を言う人がいたら、私に言ってください。私も、一緒に言いますから。

「釣れぬなら 笑ってごまかせ オナガグレ」
 
ま、笑うだけの余裕があれば、いいけど・・・

「釣れぬなら ハコフグを釣れ オナガグレ」
 
おいおい、ハコフグ釣って、どうすんねん。短気にもホドがある

「釣れぬなら 200メートル流せ オナガグレ」
 
勝手にやってください

「釣れぬなら 師匠を持てよ オナガグレ」
 
そうそう。井伏鱒二さんがそうおっしゃっています。でも、ごりごりの釣りキチって、素直になれないのよねえ

「釣れぬなら 少しは反省しろ オナガグレ」
 
はい。これしかありません。猿でもできます。

10月 15, 2006 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/10842881

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「釣れぬなら・・・」:

コメント

コメントを書く