« 「赤澤名工シリーズ」NO8 えさ箱 | トップページ | 送別会だけど、気になるのは・・・ »

2006年10月17日 (火)

回文です。「島田紳助、寸志騙し」

言葉遊びのうち、作っていて最も楽しいのが回文。出来が良いのが作れると、一人でニヤニヤしてしまう。タイトルの「島田・・・」も、もちろん回文。以下の文章も含めて、回文にするために無理に作ったものですから、内容に真実は無いと思います。はい。

・悔いるか森進一、一因 尻も軽い。くー。
・立ったとー、森昌子様、リモートだった。

・松居一代、図解妻
・船越英一郎、航路、地位、言えし子な、ふー。

釣りと魚の回文も、もちろん作りました。

「寄せ、磯魚、誘いせよ」

「釣れ! グレ、グレ、グレッ」

「良いイシダイいたし、いいよ」

「いいか、メバルは目がいい」

「行くと、カワハギは、わが得意」

「知れ! ウマヅラハギ腹 妻うれし」

「ママだけ釣り。 は? 釣れたベラ調べ、誰っ? ハリ付けたまま」

「炊いた雌スズメダイ、ダメ。ス、スズメダイだ」

釣りに関係ないおまけです。
「我が香川に行くうー、胡錦涛、うどん紀行。食いに我が香川」

10月 17, 2006 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/12194329

この記事へのトラックバック一覧です: 回文です。「島田紳助、寸志騙し」:

コメント

コメントを書く