« お魚グッズの「おたま立て」 | トップページ | 新「変換間違い」ーーー>新「変カンマ違い」 »

2006年6月21日 (水)

釣りキチが楽しくなる店(5) 柏島の「みっちゃん」

磯釣りのメッカ、高知県柏島に行ったことがある人には、Cimg2190 お馴染みの店。渡船の港に、渡船の出航時刻の1時間前から、出港までの間だけ、開店しているうどんとおむすびの屋台「みっちゃん」。

渡船店で朝飯が出ない所があるので、重宝されている。それにしても、みっちゃんは、働き者。夏のこの時期の渡船出港時刻は、午前4時半。今月行ったときも、午前3時半には店が出ていた。みっちゃんの爪のあかを、もらってくればよかった。我が家の「山ノ神」に飲ますために。そうすれば・・・。ふふ。幻想。妄想。飲まさない方がいいかも。

みっちゃんは、港の奥にちゃんとした喫茶店を開いていて、一度だけだが、7~8人で昼食を食べに行ったことがある。Img087だから、顔を知らないことはないのだけど、いつもは船が出港する前なので、真っ暗な中で、きつねうどん(450円)を注文して食べるだけ。みっちゃんにしても、毎日、むさ苦しい釣り服の、違う客がくるので、だれがだれやら分からないのが本音らしい。

でも、初めての客にも、実に愛想がいい。出港j前の緊張と希望のひとときの釣り師にとって、愛想の良い話は心地よい。

今週の月曜日に書いた「お魚美人ランキング」に「高松の人」さんから、クレームがつきました。「ベラのシャンはおかしいやんか。せいぜい並下魚だ」という内容。確かに、ベラの口はおちょぼ口だし、中からちょぼちょぼのギザギサ歯が、見えていて、感触がいいとはいえない。体色はきれいやけど、熱帯魚みたいで・・・。
それは、分かります。でも、ベラは1匹、480円もします。えさ代が出る釣りは、滅多にないけど、ベラ狙いの時は、釣果の魚代金がえさ代を超えます。だから、わたしもちょっとだけ、ベラに対して、えこひいきしてしまいました。人間の弱さです。「すり寄ってくる人にはやさしく」です。ま、「私の弱さ」を「人間の弱さ」と、逃げてしまう「私の弱さ」。ふふ。

6月 21, 2006 釣りキチが楽しくなる店 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/10574847

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りキチが楽しくなる店(5) 柏島の「みっちゃん」:

コメント

コメントを書く