« 「決定的な釣り写真」の確率 | トップページ | 神奈川県川崎市で怪しげな水槽 »

2006年6月 9日 (金)

手作りウキをいただきました

愛媛県宇和島近くの住所の方から、手作りウキ5個を送ってくれました。申し訳ないけど、差出人の名前では、だれなのか分かりません。でも、同封の写真を見て、思い出しました。Cimg2117
愛媛磯連所属の松浦さんです。私よりもそこそこお歳を召していると思うのですが、私が機関誌に連載している「おもしろ釣り問答」の熱烈愛読者とのこと。こういう人と出会うと、気分がすこ゜くハッピーになります。急に著名人になった気分。芸能人の気分。木村拓哉の気分。アンタには、わからないでしょう。ふふふ。

送ってくれたウキが、気に入りました。おもり負荷の表示がでかい! 「これでもかあ」と言うぐらい、でかい字です。老眼には、これでなくっちゃあ。メガネをはずさなくても、十分に読めます。老老介護じゃないけど、オジサンの気持ちは、オジサンでないと、よく分からないと思います。今度、試させてもらいます。

出会ったのは、今年の釣り界の新年総会(高知市)です。私がよく利用していた渡船となじみですと、声を掛けてくれました。そして、「写真を一緒に、いいですか」とのこと。やっぱり、私は、木村拓哉の気分。この気分をひとりで味わうのは、申し訳ありません。で、丁度通りかかった井上まことさんにも、加わっていただきました。神戸から来た井上さんも、同じ機関誌で、プロのイラストを描いています。Img081

でも、ありがたいことです。こんな私でも、認めてくれる人が、遠く離れたところにもいるということが・・・。私の最も近くにいる「山ノ神」は、私が書いたものを一度も読んだことが、ありません。どうなっているんでしょうか。
写真は、左から松浦さん、井上さん、私です。

6月 9, 2006 釣り具 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作りウキをいただきました:

コメント

コメントを書く