« 「釣れぬなら、<・・・・>ウマヅラハギ」 | トップページ | 瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフで、珍品 »

2006年4月16日 (日)

瀬戸大橋・与島釣り大会のお手伝い

Cimg1914今日、岡山県と香川県の間に架かっている瀬戸大橋の下で、釣り大会がありました。岡山県と香川県から約200名の参加です。香川県釣り団体協議会のお世話で、私も世話役に。運営は、手慣れたものですが、心配は、この時期に魚が釣れるかどうか。こればっかりは、ベテラン釣り師といえども、どうにもなりません。いくら快晴になって、花見日和だったとしても、桜が散っていてはどうにもならないのと、同じです。いくらアンタが好きになった人がいても、相手にその気が無ければどうしようもないのと、同じです。身に覚えがあるでしょ。

写真は、お世話したメンバーです。

釣り大会の参加者というと、一応釣りのベテランが多いかと、思いますが、とんでもない。Cimg1919 その9割は、小学生以下の子供を含むファミリーでした。それだけに、本当にとんでもない人も、何人かいました。
まずは、太い投げ竿に大きなウキを付けて、何を狙っているのか分からない人。サビキ仕掛けの一番下に投げ釣り用のフロート天秤の人。でも、これでもまだいい方。びっくりしたのは、釣りは初めての人で、「エサはチヌの集魚材だけ」の人がいたのには、ずっこけました。集魚材を撒けば、寄ってきた魚が、エサをつけてなくてもハリに食いつくと、思ったのでしょうか。私がゴカイのエサを近くの人から分けてもらってあげました。多分釣具店で、適当に言われたのだと思いますが、それにしても、何が何でも・・・、ひどすぎます。まさに、ファミリー釣り大会にふさわしいものでした。ふふふ。

ところで、どれだけ釣れるかの心配ですが、200人もいれば、偶然の確率も高くなります。なんたって、釣りは確率ですから。ふふ。特に、アイナメの上位入賞のサイズは、立派なものでした。とりあえず、魚種別のサイズを。
Cimg1929 Cimg1926 Cimg1924 チヌの部①33.0cm ②31.5cm アイナメの部①35.0cm ②33.2cm ③31.6cm カレイの部①17.2cm メバル・カサゴの部①20.5cm ②19.4cm ③19.3cm 他魚の部①24.5cm(ウミタナゴ) ②22.6cm(ギンポ) ③21.0cm(ギンポ)  

4月 16, 2006 釣り大会手伝い |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸大橋・与島釣り大会のお手伝い:

コメント

コメントを書く