« アハハハ。立ち泳ぎするサメ | トップページ | 知ってますか? 「おととせんべい」 »

2006年4月 5日 (水)

釣りと魚の新作回文。苦労しました

回文は、これまでも何回か、紹介してきました。頭からでも、お尻からでも同じ文章です。ま、回虫みたいなものですか。
最近のことで言えば、
「迂闊。小沢、技を使う」 (うかつ。おざわ、わざをつかう)
ですかね。良くできているでしょ。ふふ。回文はむかーしからの遊びなので、「お」と「を」は一緒でいいんですよ。

「来ていたんだ。夢だ、はて? 仕掛けで怪我してはダメ。油断大敵」
(きていたんだ。ゆめだ、はて? しかけでけがしてはだめ。ゆだんたいてき)

どうです? 「単に、ヒマだけや」ですか? ふふ。そう、なんでしょうけど。

「そう、臭いのも多いさ。クロダイいた。6才大物。いざ食うぞ」
(そう、くさいのもおおいさ。くろだいいた。ろくさいおおもの。いざくうぞ)

「来た! タタキたたけ!」アジ上げ、「タタキだ、タタキ」
(きた たたきたたけ あじあげ、たたきだ、たたき)

「よう! 鬼ババ、秋はサバさばき、アハハ、臭うよ」
(よう おにばば、あきはさばさばき、あはは、におうよ)

「食べたいや。おばさん、サバを焼いた。ヘタ」
(たべたいや。おばさん、さばをやいた。へた)

4月 5, 2006 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/9369732

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りと魚の新作回文。苦労しました:

コメント

コメントを書く