« デパートもやるじゃん。105円の箸置き | トップページ | チヌの大物に再チャレンジ、ベラの大漁で返り討ち »

2006年3月26日 (日)

釣りキチが楽しくなる店(2) お好み焼き割烹「高松くるみ本店」

オーナーのクマちゃんは、すごい釣りキチ。店の名前は「高松くるみ本店」(高松市磨屋町)。通常は店が忙しくて、釣りの話をしているヒマがない。鉄板の前で、注文品を焼きっぱなしだから。CIMG1829 でも、根っからの釣りキチだから、釣りの話を出すと、必ず「受けて立つ」はず。

もともとは、大手企業のサラリーマンだった。彼から「脱サラして、お好み焼きを始める」と聞いたとき、本心からびっくり。名古屋で修業して開店。
サラリーマン時代からの釣りキチが、今なお続いているってこと。「根性の料理人釣り師」といえば、かっこいいけど・・・。ま、「普通」の釣り仲間です。何事も、「普通」は、大事なことです。気張ればいいってことでもないのが、この世の中。気張ろうとすると、偽メールをつかんだりします。ふふ。

この店で、彼が釣りキチらしい匂いがする唯一のものが、ミニチュア釣具の壁掛けセット。
CIMG1830匂いですよ。臭いじゃありません。彼がやっている磯釣り、メバルの脈釣りとは全然関係のないルアーの用具だが、釣りに違いはない。

私のお魚グッズコレクションも同じですが、釣りキチは釣りの匂いがするものが身近にあるだけで、「癒し」になります。アンタがしている結婚指輪だって、伴侶の匂い(臭い?)があるから、「癒し」でしょ。
「そんなことあるかい。単に惰性でしょーがないから、しているだけ。匂いなんかあったら、いつもしてられるか。捨ててしまうわ」ですか? ふふ。お勝手に。私は、結婚式に1日だけ、指輪をしていました。あんな大事なもの、していて無くなったらいかんので、ずーっとしていません。大事にしすぎて、あの指輪、どこにあるのか、分からなくなっていますけど。 

3月 26, 2006 高松黒潮クラブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/9246649

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りキチが楽しくなる店(2) お好み焼き割烹「高松くるみ本店」:

コメント

オーーーイ3月26日なんと、なんと、私も、愛媛県の愛南町へいつていました。そのときアオリイカ4はいと、マトウダイの45cmをいっぴきつりました。前回も今回も私が愛媛県に、いった時あんたも、いつてたんですかーーーーー
今度行くときtelします。
今回は二泊三日の釣行でした。

投稿: 高松の人 | 2006/03/29 20:57:43

はじめまして。くまさんと同じ会社で働いていた者です。TVでお好み焼きを見ていて、そういえば、くまさんどうしてるかなぁと思って検索をかけたらこちらにたどり着きました。
風貌も釣り好きも相変わらず~!。魚釣り天国の場所だから、四国生活を満喫しているんでしょうね!

投稿: うなちゅう | 2006/04/07 18:52:15

はじめまして。くまさんと同じ会社で働いていた者です。TVでお好み焼きを見ていて、そういえば、くまさんどうしてるかなぁと思って検索をかけたらこちらにたどり着きました。
風貌も釣り好きも相変わらず~!。魚釣り天国の場所だから、四国生活を満喫しているんでしょうね!

投稿: うなちゅう | 2006/04/07 18:52:43

コメントを書く