« 釣りキチ、大集合 | トップページ | アメリカから、北海道の土産(平成18年) »

2006年2月 4日 (土)

下関市にフグの日時計

今日、ブログ「日子のさらさら日記」様から、オジサンにはちょっとややこしい、トラックバックというのがあって、下関にフグの日時計があると、教えてくれました。
img046a 山口県、それも下関市は、フグの本場だと言うことは、もちろん知っていました。フグの造形装飾が、いろんなところにあるということも、知っていました。だけど、まさかフグの日時計とは、不意を打たれた感じ。下関中がフグ、フグ、フグ・・・なんでしょうね。

下関市の人は、みーんな、こんな顔をしているのでしょうか。

「世の中は、澄むと濁るの違いにて、ハケに毛があり、ハゲに毛が無し。福に徳あり、フグに毒あり」というのがありますよね。決して、私が言い出したことではないですよ。私にこんな文章を作れる才能があったら、もっといい暮らしをしていますって。そうですねえ、沖縄県宮古島に別荘を持って・・・。もういいですか? だから頭が気になっている人も、おこらないでください。

とにかく、フグはなんとなくユーモアがあって、いいですよね。それに大変、美味だというじゃないですか。わたしも、昔、一度だけ、ある企業の接待でいただいたことがありますけど・・・。ふふ。でも本当においしいものは、自腹で食べるべきです。そうでないと、おいしさが、体にしみいりませんから。「しみいらなくてもいいから、食べたい」ですか?

・ 

「日本ブログ大賞」の今日の状況。

いまだなお、第5位と健闘しています。投票してくれた皆さん、ありがとうございます。投票締め切りまで、まだ10日以上あります。あせっては、いけませんね。あせっては、物事はうまくいきません。あなたのファーストキッスを、思い出してください。あせっては、うまくいかないでしょ。
ただし、あきらめては、もっといけません。あきらめると、それ以上の成績には、決してなれません。あきらめては、ファーストキッスも、出来ないままになります。マラソンで、後ろから追い抜かれた人が、追い抜き返す努力をしないで、後ろの走者を振り返ったとき、その人の順位はそのとき以上には、なれないのです。勝手な、想像ですけど・・・。

ということは、私が追い抜いた人には、是非あきらめて欲しいものです。アダブラカタブラ・・・。(呪文のつもり。黒柳徹子さん、お願いします。分からない? アンタは若い)

2月 4, 2006 陸に上がった魚たち |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下関市にフグの日時計:

コメント

コメントを書く