« 釣りブログ第3位で、わいわい祝い | トップページ | 私、名人かも。1時間でメバル17匹 »

2006年2月23日 (木)

メバルの骨せんべい

先週の土曜日に釣ったメバルは、3枚におろして、身は天ぷら用にして、冷凍庫に。そして、いつもは捨てる中骨を、試しに骨せんべい用に冷蔵庫に入れていました。
CIMG1719aそれを今朝、思い出して、焼いてみたところ、「いける!」でした。パリッ、パリッと、文字通りのせんべい。塩味の具合もちょうどよくて、うふふでした。
ただ、気をつけて食べないと、背びれと尾ひれのトゲが、口の中に刺さりそうになって、「アウ、アウ」と声が出ました。あなたの話と同じで、「尾ひれに注意」です。ふふ。

メバルの身を3枚におろして、天ぷら用にしました。「何すんねん。もったいないことを・・・」と、思っている人がいるかも。そうなんです。我が家の「山ノ神」に、魚を食べていただくためには、「面倒臭い」、なんてことは禁句です。とにかく、小骨1本たりとも、きれいに取り除いて、純白の身にしてないと、食べてもらえないのです。

「そこまでして、食べてもらわんでもいい」ですか? だけど、二人しか家にいないのに、一人だけ魚を食べるというのも、寂しいものです。食事は、同じものを同じ食卓でしないといけません。どうです? 私もやさしいでしょ。歳がいくと、皆こうなりますよ。これで、退職したときに、熟年離婚を突きつけられることになったら、悲劇というより、喜劇です。笑ってやって下さい。

2月 23, 2006 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/8732075

この記事へのトラックバック一覧です: メバルの骨せんべい:

コメント

コメントを書く