« 平成17年「四国磯釣り師の大物記録」が確定しました | トップページ | 「香川大物ギネス」に、ヘダイ申請 »

2006年2月 7日 (火)

釣り川柳、作ってみました

川柳と言えば、サラリーマン川柳が有名です。特に、初期のころのが好きで、今でも、その中の一部を縮小コピーして、持ち歩いています。 
「二メートル 先の椅子まで 十五年」 「ゲイバーで 妻とそっくり 酔いがさめ」 「石油危機 使ってください 皮下脂肪」 含蓄があるものばかりです。

「真剣に まぐれを競う 釣り大会」 (いやいや、ウデを競っているのです)

「デカかったと バラした魚を 自慢する」 (どうせ、分かりゃあしないんだから)

これまで川柳なんて、作ったことがなく、全くのどしろうとです。でも、釣り師って、もともと素人ばかりです。釣りのプロは漁師なんですから・・・。釣り師がプロになったら、釣り師を止めなくてはいけません。ま、バスプロという特異なジャンルがあることにはありますが、あんなんでずーっと、生活できるはずない・・・と、思う。

そんな理屈から、ど素人の私が釣り川柳を作っても、かまいませんか。「いかん!」というても、もう作りましたんで、見てください。意見を聞くときには、すでに決定しているってこと、よくあります。会社でも、議会でも・・・。ふふふ、あんまり突っ込まないでください。

「釣れぬ理由(わけ) たくさんあるが ウデ入らず」 (ウデが悪いなんてことは禁句)

「やらないよ 仕事だったら 徹夜釣り」 (徹夜で仕事させられたら、怒りますよ)

「遠投で 自己最高距離 道糸切れ」 (このときって、寂しいんだよね)

「釣れたとき、 口をそろえて ウデだった」 (釣れたときだけなんだよね)

「漁具保証  付けないときに 竿折れる」 (釣り保険の話です)

「日本ブログ大賞」のご報告。

現在5位は、変わっていません。「このブログ、フロク、おまけで、第5位に」 「もうちょっと、ましな川柳はつくれないのか」ですか? すみません。才能がない人が無理して作ると、惨めな結果になるのは、知っていますが、今日のテーマが川柳だったので・・・、無理しました。とにかく、これまで、投票してくれている人に感謝です。また、「これから投票してもいいかな」と、思っている人にも、感謝です。そのお気持ちだけで、感謝なんです。

2月 7, 2006 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/8316896

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り川柳、作ってみました:

コメント

コメントを書く