« マレーシア土産のお魚グッズ | トップページ | 1月10日は「明太子の日」 »

2006年1月 7日 (土)

釣りと魚で「アナグラム」

アナグラムというのは、言葉や文章をバラバラにして並び替え、新しい文章にすることです。「郷(ごう)ひろみ」は、「ゴミ拾う」とか、「中村(なかむら)メイ子」さんは、「無名な子から」は、割合有名なアナグラム。また、「いろはにほへと」は、「アイウエオ」の壮大なアナグラム。こんなんは、とてもじゃないができませんけど、釣りと魚の言葉で作ってみました。

「バレたさかな」  ーーー> 「バカされたな」
「バラしたさかな」 ーーー> 「バカさらしたな」 

有名人の名前をアナグラムにすると、結構おもしろい。
「松井秀喜(まついひでき)」 ーーーー> 「いつヒマ出来」
「福原愛(ふくはらあい)」   ーーーー> 「愛は不落」
「松田聖子(まつだせいこ)」 ーーーー> 「せこい妻だ」
「宮里藍(みやざとあい)」  ーーーー> 「いざ投網や」

こんなんで、遊んどる場合じゃない。釣りと魚ですよね。

「磯(いそ)でボウズ」 ーーー> 「ズボで? い、うそ!」
「逃(に)がした魚(さかな)は大(おお)きい」
   ーーー> 「顔には幼い気が・・・した」
「あ、スズメダイ、イナばっかりいる」
   ーーー> 「メバルがすっかりいない合図だ」
「明日(あした)、オナガグレが釣れますわ」
   ーーー> 「あ、オレ、長靴忘れました」

どうです? 楽しんでもらえましたか。言葉遊びをするほど、ヒマじゃない? こりゃまた、失礼しました。このギャグ、ちと古いか。

1月 7, 2006 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/8027222

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りと魚で「アナグラム」:

コメント

コメントを書く