« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

祝!祝!祝!このブログがメジャーデビューしました

ふふふふふふ。読者皆さんのおかげで、このブログが、なんと、眞鍋かおりや松井稼頭央と同じステージに立ったのです。とはいっても、眞鍋かおりって人は、全然オジサンは知らないのだけど、松井稼頭央より上にあるので、有名な人だとは思うけど・・・。
ま、とにかく、次のアドレスをクリックして、開いてみてください。見たら、また戻ってつづく・・・を、読んでください。

http://www.pikara.net/cocolog/

どうです? 見てくれましたか。松井稼頭央のすぐ下の行に「四国は釣りの楽園天国」って、出ているでしょう。すごいでしょ。

ところで、眞鍋かおりも、加藤ローサも、オジサンは全く聞いたことがない人なんだよなあ。「えー、知らないの? 世間知らずー」と、おっしゃつているアンタ。だったら、藤山一郎、二葉あき子、春日八郎、青木光一、近江俊郎・・・、この人たち、知ってるかい。知らない? こんな有名な人の知らないのかい。だから、アンタも30年経ったら、若い人から同じことを言われるようになるわけ。分かった? ふふふ。でも、今日はとにかく気分がいい。これで、アクセスがバンバン増える計算。

「アクセスを増やしても、何にもならない。つまらんことに・・・」と、思っているあなた。オジサンは、このブログで作った本がベストセラーになって、印税がどんどこと入ってきて、そうやなあ、外国は英語をしゃべるのが面倒だから、沖縄の南の方の島に別荘を建てるわけ。もちろん、そこでは釣り三昧の日々をおくるつもりなんです。どや。

11月 30, 2005 ブログの経緯 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

街に、いい顔の恵比寿さま、知ってますか?

釣りが好きになると、魚を愛するようになります。だから、街なかの看板に、魚が描いているのを見つけただけでも、ワクワクします。ましてや、それがCIMG1426A 形のある像だったりすると、見入ってしまいます。

高松駅から、車で2~3分のところに、恵比寿様の石像があるの、知っていますか?その恵比寿様は、立派な大きなタイを釣っています。その表情が、実にいいのです。恵比寿様の表情です。当たり前か。

その恵比寿様は、高松駅からさぬき浜街道を西に行き、跨線橋を渡り終えてすぐの、道路の北側(海側)の、植え込みの中にあります。私が毎朝、歩いている通勤道にあるので、いつも、大漁祈願をして通り過ぎます。そのおかげで、私は釣り名人になって・・・、ないなあ。釣りの上達には、、御利益はないようです。
それでも、恵比寿様の幸せそうな顔を見ていると、「ほっ」とします。是非、一度見に来てください。「癒しの顔」です。

普段の生活の中でも、気を付けていると、街角や道路、神社やお寺、店の中にも、いろんな魚がいます。像だけでなく、造形看板であったり、剥製であったり、巨大な魚拓だったりします。それらを「陸(おか)に上がった魚」と名付けて、探すことにしました。
そして、写真とともに、楽しみたいと思います。読者の皆さんも、見つけたら、是非コメントで教えてください。見に行きます。
魚だけでなく、カニ、エビ、タコ、イカも、OKです。もう、お分かりですね。「かに通」さんや、「かに道楽」さんの店の造形看板も、写真を撮りに行かなくてはいけません。クジラは釣りませんから対象外です。それに、看板に描いているだけのものは、たくさんありすぎるし、おもしろみも少ないので、対象外です。

先週松山に出張したとき、たこ焼き屋にある大きな「タコのネオンサイン」をみつけました。残念ながら、カメラを持っていなかったので、証拠写真が撮れませんでしたが、次の松山出張が楽しみになりました。

11月 29, 2005 陸に上がった魚たち | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

備前焼の魚箸置き、いただきました

今日、某大手商社の酒折支店長から、魚の箸置きセットをいただきました。箸置きは、これまで、200個以上持っているけど、今回いただいたのは、その表情、精巧さ、緻密さでは、最高img032 のものです。「よいしょ」じゃなくて、絶品です。

支店長自慢の奥さんからのみやげというから、なお、うれしいじゃあーりませんか。人の奥さんだろうが、女性からの頂き物というのは、何十年ぶりなんですから。喜び過ぎて、脳溢血が・・・。

箸置きの写真を、よーく見てください。本当に、よく出来ています。それに、備前焼ということですから・・・。けれど、わたしには、窯元の価値はわかりません。以前、人間国宝の窯元で、お皿に何を描いてもいいというので、魚の絵を描いたら、窯元にしかめっ面をされました。ふふ。

支店長とは、9月のポルトガル、スペイン視察で一緒に行きました。奥さんも一緒だったのですが、それは、それは、なかむつまじく・・・。はい。私も、むかーしを思い出しました。今は枯れておりますが。

11月 28, 2005 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

会員3000人の磯釣団体の役員会議

会員数日本一の磯釣り団体、西日本磯釣り団体協議会の役員会議が、岡山市で開催。12府県から集まった33人が、正午から、午後4時まで。ちょっと疲れました。だいたい昼の12時から開始なのに、「昼食はすませてから集まれ」というのは、会社の世界では、考えられないこと。ま、早弁推奨会議ってことになります。

CIMG1451a 写真は、会報「潮目」の編集をしている、釣り名人の山本記久さん(左)と、香川磯連の事務局長の藤森さん(右)。

CIMG1450a 私も一緒に、写真を撮りました。山本さんは、釣り界では、超有名人。芸能界でいうたら、美空ひばりか、北島三郎みたいな大御所。若い人には、ちと、分かりにくいかも。なら、・・・。若い人にとっての大御所は・・・、さっぱり知りません。でも、とにかく気さくなんです。私が毎月、会報に投稿しているので、山本さんが私のことを「**先生」と、言ったのには、びっくりしました。えっへん。「へえん虫」がいるわけじゃあ、ありません。

西日本磯協会員の皆様へ、本日の議事概要です

会員以外の人は読まないでください。読んでも、全然おもしろくない話です。だから、決して読まないでください。つまらない話ですから、あなたには、何の利益にもならない内容です。
これだけ言っても、次を読もうとしているアンタ! しつこい人は、嫌われますよ。もてませんよ。えーい、勝手にしてください。

①釣り保険
 来年も平成17年と、全く同じ、契約内容となります

②平成18年度の西協磯釣り大会
 ・開催日 6月11日  ・審査場所 「津島やすらぎの里」  ・賞品 各賞8位までとする。ラッキー賞はなし  ・前夜からの磯渡しは認められない  ・天候規定は、前日の午後7時に愛媛県に強風注意報が発令されていれば、中止。そのときは1ヶ月間の魚拓大会となります。この場合、新たな参加申し込みも期限を決めて受け付ける  ・この集中方式による西協大会は平成18年のみとし、19年は改めて協議

③グレトーナメント大会
 ・名称を「西日本グレ選手権」とする  ・開催日は、西協大会の6月11日と同じ日  ・各府県連から、代表を2名ずつ選出し、全24名で、トーナメントをする  ・トーナメント参加費は1000円。西協大会への同時参加を基本とし、西協大会参加費1000円と併せて、2000円を払う。

④平成18年西協の総会は、高知市「城西館」で、3月5日(日)

11月 27, 2005 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

魚干し器を買ったら・・・

今日、一夜干しのための、魚干し器を買いました。買ったのなら、早速一夜干しを作らなくてはなりません。これが、買った魚干し器に対する礼儀というものです。
そこで、いつもの高松漁港へ。第一投目にきたのが、22cmのメバル。CIMG1447 だが、「第一投目で釣れたときには、いいことなし」は、釣りのセオリー。今日も、そのとおりだったが、それでも、1時間で8匹だから、まあまあ。急いで家に帰って、一夜干し作りに。


これまで、魚の一夜干しは、冷蔵庫の中に、ラップをしないで、そのまま入れておいて作っていました。けれど、片ちゃんが、「自然干しにしたら、味がじぇんじぇん違うわー」というので、買ったのです。明日の朝、メバルの天然一夜干しを、味見の予定。
じぇんじぇん違わなかったら、片ちゃんに干し器を引き取ってもらうつもり。それが、干し器に対する礼儀です。価値の分かる人が、その面倒をみるということが、一番いいのです。男と女だって、同じでしょ。ふふふ。

この魚干し器を買ったのは、ジャンプワールド今里店。このとき、板坂店長さんに、例の誇img025a 大広告(11月15日「誇大広告、JAROに言わないで」参照)を、置いてもらえないだろうかとお願いしたところ、あっさりOKでした。「店長さん! あんたは、いい人です、すばらしい人です、すごい人です、もてる人です・・・、これくらいで、いいですか?」
このブログの宣伝メモです。これで、じゃんじゃんアクセスが増えて、回線がパンクしなければいいが・・・。

11月 26, 2005 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

出張・松山で木工魚を買いました

出張先の松山市で、昼食の合間を利用して、百貨店へ。そこで見つけた木工細工です。福img030 祉施設で作っているもので、魚の特徴と、精巧さ、それに1個200円の安さに、思わず、手が出ました。
大きさが分かるように、500円硬貨と一緒に、写真を撮りました。10円硬貨や100円硬貨でなくて、ドーンと、500円硬貨を使うところが、すごいでしょ。

カワハギのヒレの線は、書いているのではなくて、ひとつひとつ切り込んでいます。それに、フグの目にまつげらしいものがあって、それも切り込んで作っています。是非、写真をよーく見てください。200円は安い。
ついでに、比較のための硬貨も、よーく見てください。これ、昭和64年製ですよ。昭和64年というたら、1ヶ月ちょっとしかなかった年です。これまた、すごいでしょ。

それにしても、「新潟に出張したと思ったら、次の日には、松山って。本当に仕事しとるんか?」 というあなたの疑問。疑問を持つことは、進歩の原動力でもありますが、あなたの場合は、疑問じゃなくて、「疑い」でしょ。「疑い」は、いけません。「疑問」は前向き、「疑い」は後ろ向き。

11月 25, 2005 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

出張・新潟で、おカニグッズ

出張で、生まれて初めて、新潟県に行きました。だから、何か、記念になるものをと、お魚グッズを探して、見つけたのが、これ。カニのマグネット付き「輪ゴムかけ」です。
「カニは、魚じゃないじゃなCIMG1420a いか」ですか? おっしゃるとおり、カニは魚類ではありませんが、私の頭の中では・・・。「じゃかんしーわ。カニは魚じゃなーい」。はい、カンニン、カニン、カニ・・・。

人生60年で、まだ一度も行ったことがない県が、新潟県と、栃木県でした。今回出張が新潟ということで、私にとっては、大変な未知への道ということで、ちょっと興奮。何が何でも、記念になるものを買うつもりでした。
まず、新潟駅でみつけたのが、「かじか(鰍)」の箸置き。5個組で950円。5個もいらないけど、ばimg029 ら売りなし。いつもなら買わないけど、今日は初めての新潟県なので、興奮していて、買ってしまいました。「興奮は失敗のもと」 あなたにも、身に覚えが・・・、ほら。初恋の相手から初めて声を掛けられたときの、あなたの・・・

次に新幹線燕三条駅(ここも新潟県)近くで見つけたのが、最初の写真のカニです。このときも、興奮していたので、600円という高値も気にならず、買ってしまいました。カニのかわいらしさに勘弁してやってください。女性だって、ちょっとかわいければ、失敗も許せるオジサンが多いでしょ。かわいくない娘の失敗には、このときとばかりに、カンカンになって怒るくせに・・・。だから、オジサンって、嫌なんだよなあ。「オレのことかよ!」

11月 24, 2005 お魚グッズコレクション | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

モガニのゆで方

先週の水曜日に書いたモガニ(イシガニ)のことです。このカニのゆで方は、意外と情報がありません。ワタリガニと同じだと思うのだが、インターネットで調べても、ワタリガニのゆで方につCIMG1379A いても、あまり見つけられません。
今回、少ない情報をもとに、推理に推理を重ねて、エイヤッとやってみたら、極上のゆで加減。奇跡のゆで状態。で、きょうは、その極意を、公開することにしました。

ケガニやタラバガニについては、北海道の業者が詳しく書いている。だが、ワタリガニは、それと違うようなのである。そこで、私がやった方法です。

モガニのゆで方

①まず、カニの足が動かないように、輪ゴムで、しばってください。このときに、油断をするとカニのツメで血が出るほどはさまれるが、それは単にあなたの要領が悪いだけですから、カニに八つ当たりしないでください。

②次に、鍋に塩水濃度3~4%を、たっぷり作ります。決して、だいたいでしないでください。ちゃんと、水の量と塩の量をきちんと量ってください。あなたを信じてないわけでは、決してありませんが、ま、結論から言うと・・・、むにゃむにゃ・・・。

③カニをこの塩水にいれてから、火をいれてください。決して、煮立ってからカニを入れないでください。以前に何度か、熱湯にいれたら、即座に足がちぎれてしまいました。

④塩水が煮たってきたら、タイマーを15分にセットしてください。ここでも、だいたいは、いけません。必ず、タイマーをセットしてください。あなたを信じていないわけでは、決してありません。ただ、むにゃむにゃ・・・。

⑤15分が経ったら、ザルにあげて、そのままの状態で、自然に冷やしてください。決して、水で洗わないでください。旨味が逃げるそうですから。

以上で完璧に、おいしいゆでガニが、出来上がりです。しゃべっている暇なんか、ないですよ。かぶりついてください。

11月 23, 2005 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

「ザ・サヌキカップ杯」で、私が釣った魚

CIMG1400a 日曜日の大会で、釣った魚が、私もゼロではありません。笑わないでください。小さい魚ですが、グレの40cmよりも、私にはうれしい魚なんです。カンムリベラです。
こんな魚で喜ぶようじゃあ、「おかんむり」ですか?

私は、これまでに釣った魚の、魚種別最大記録を過去30年間つけています。そして、これまでに釣った魚の種類は115種類。その中に、カンムリベラはなかったのです。わたしには、初めての魚だったのです。「人生の新たな出会い」です。ふっふっふ。唯一悔やまれるのは、デジカメを磯に持って行くのを忘れたため、釣り上げたときの鮮やかながら渋いブルーが、黒くなってしまったことです。
CIMG1401a もうひとつ。この日に釣ったオキナヒメジも、5年ぶりの記録更新だったので、これまた、私には、うれしい魚です。

「ええかげんにせんかい」ですか? 自分でも、どうしょうもないのです。記録マニアと申しましょうか、なんでも記録してしまうのです。そのうち、パラリと抜け落ちる白髪が、何本あったかを、毎日記録するようになるかも・・・。「きもちわるー」

11月 22, 2005 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

香川磯連の「ザ・サヌキカップ杯」の続き

昨日、我が「高松黒潮クラブ」はぶっちぎりの優勝したと、お伝えしました。イシダイの部、2位、3位、アイゴの部、1位、2位、マダイ・青物の部1位をとりました。そのおかげで、高松黒潮クCIMG1414 ラブが総合優勝し、私がトロフィをもらいました。

総合優勝の副賞は、缶ビール2ケース。そのうえに、「来年春の大会のお世話役の義務」がつきます。しゃーないなあ。うれしいことがあったら、いやなこともある。いや、お世話できることは、うれしいことだと思わないといけません。「それが人の道というものです」 ウフッ。

 
クラブ優勝に貢献した人の名前  石鯛の部 2位猪子、3位宮崎 イサキ・アイゴの部 1位吉岡、2位正木 マダイ・青物の部 1位斉藤

久しぶりの磯釣りだったが、「やっぱり磯釣りはおもしろい」に尽きます。この日に100人が釣ってきた魚は、迫力が波止釣りとは、比べものになりません。まあ、見てくださCIMG1399a い。他魚の部優勝のアオブダイはでかかった。

それに、前日の釣果なので、審査には出せなかったけど、斉藤さんが釣っ た51cmのグレもでかい。そう、磯釣りには「夢」があります。しかし、釣れたらの話で、私は、熟睡しすぎて夢も見ないほどであったが・・・。

11月 21, 2005 磯釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

香川磯連の「ザ・サヌキカップ」

この日曜日、香川県磯釣連盟主催の「ザ・サヌキカップ杯」が、高知県柏島の全渡船を使って、開催。参加者、約100人。
ご報告①私の高松黒潮クラブがぶっちぎり優勝です。実力通りでした。 ②私は優勝に貢献出来ませんでした。実力通りでした。 ③磯釣り大会に初参加の内藤さんがイシダイの部、優勝でした。じっ、実力です。
CIMG1394a 写真は、44.5cmのイシダイを釣って、優勝の内藤さん。

今日は、柏島から帰ってきたばかりなので、クタクタ。

11月 20, 2005 磯釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

谷 故出雄の仮面を剥ぐ

「谷 故出雄の仮面を剥ぐ」って、何のこと? 谷 故出雄って、何者や。何ちゃ知らん仮面を剥いで、仮面の下から出てきた人が、何ちゃ知らんオジサンだったら、それこそ剥いだことにならんしなあ。
img027 それに、単にクイズを作っている人の仮面なんて、剥ぎたくも無いわなあ。そのまま仮面をかぶったままに、そっとしておいてやりたいわ。

そんなこと言わないで、仮面を剥がせてください。「勝手に、剥いだらいいがな」ですか? すんません。剥がせてもらいます。

「谷 故出雄」というのは、私が「関西のつり」(岳洋社)に投稿しているクイズ出題者としてのペンネームです。どうして、こんな故出雄という、変な名前にしたのか、皆さん、疑問になると思います。「ならない?」 いやいや、なっているはずです。
この名付けの理由は、釣り名人には、なかなか分からないと思いますが、ウデに若干の疑問があるあなたは、すぐに分かったでしょう。「分からない?」 いやいや、分かっているはずです。「ええかげんにせー」ですか。
img028 「こでお」が「おでこ」の逆だってことは、「おでこ」に慣れているあなたには、すぐ分かったはずです。そう、私は常に「おでこ」の逆、大漁になるように「故出雄」と付けたのです。「そんなこと、どうでもいいわ。しゃーない」 ですか? ごもっともです。

11月 18, 2005 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

カニ捕りで、ヒッヒッヒ、おいしそー

先週の土曜日、カニ釣りに。高松近辺のどこの港でも、こんなにおいしいカニが、意外と簡単に釣れることを知っている人は少ない。秘密にしといてください。あなたの小さな胸が、秘密で張り裂けそうになったら、言ってもかまいませんけど。

CIMG1375A この日は、1時間で、この釣果。カニだよ、カニ。北海道や北陸のカニの大味より、よっぽど、おいしい・・・、と思う。ズワイガニなどに比べると、ちょっと小さいけど、それだけ旨味がギューとしまっている。
有名でないのは、大量に捕れないので、市場に出ないからです。市場に出ないからには、当然、名は売れません。歌手以上に上手なのに、CDを出してない人がいるのと、同じです。


これって、モガニ(イシガニ)というカニ。名前はまずそうだが、ワタリガニよりも、身が凝縮している感じ。どの図鑑にも「美味」と書いていて、スーパーでも、ときどき売っています。

釣ってきた魚には見向きもしない我が家の「山の神」が、カニを見て、ニコッとほほえんでくれました。そして、私がゆでるのを待って、一番大きいのをしゃんしゃんと食べて、一言。「おいしいわねえ」と。この一言で、私の努力が報われます。この、けなげさ。

私のニックネームは、「釣りの楽しみ方名人」ってこと、知っていますか? そう、釣りの名人じゃないけど、釣りをその周辺も含めて、いろんなものを集めたり、釣り雑誌に投稿したり、釣り記録を整理・分析したり、いろんな楽しみ方を知っているつもり。このカニ釣りも毎年、この時期になると行く。ボウズはありません。
言っておきますが、決してカニ網なんか使いません。エサを使って1匹ずつ釣ったものです。この方法が、カニとの駆け引きがあって、楽しいのです。

CIMG1380A そのとき、ついでに取るのが、写真の巻き貝。名前は知らないけど(今度、ちゃんと調べます)、子供のころから食べているから、よーく知っている。家では酒を飲まない主義だけど、これがあると、ついビールを飲む。この日も寝る前に、カニと巻き貝で、飲みました。そのせいで、夜中にオシッコに目が覚めてしまい、「カニのたたりが、オシッコになった」と思いました。

11月 16, 2005 波止釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

誇大広告です。JAROに言わないで

この日記を書き始めて、数ヶ月。口コミだけで、アクセス数がジワッ、ジワッと増えてきました。これは、ひとえに読者皆様のご愛顧のおかげです。はい、心から、そう思っています。だけど、何事も、いつまでもジワッ、ジワッではいけません。あなたが結婚する前、奥さんになってもらう人に、いimg025a つまでもジワッ、ジワッじゃなかったはずです。タイミングを見て、ドーンと迫ったはずです。大昔のことで、もう忘れましたか。でしょうねえ。

今回、このブログの宣伝ビラをドーンと、作りました。

ここで、一挙にバーアアアンと、アクセスを増やそうという計画です。写真をよーく見てください。
「めっちゃ オモロイ」とあります。これは、誇大広告でしょうか。「めっちや オモロイ」か、どうかは、極めて主観的です。だから、読者のだーれもオモロイと思っていなくても、これは私の主観ですから、OKですよね。ふふふ。

右下には、興味を持った人が持って帰れるように、ブログ名とアドレスを書いたメモを入れる袋を作っていて、そこに30枚以上のメモをいれています。これで、毎日30のアクセス増加です。自分で言うのもおかしいが、実によく考えられています。おかしいでしょ。

さて、ところで、問題は、これを置いてくれるところを探すことです。ま、いってみれば、結婚するぞと、決心して家を造ったけど、肝心の相手が決まっていないようなものか。

11月 15, 2005 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

サヨリの一夜干しの作り方、教えさせてください

(私)「サヨリの一夜干し、あんなうまいものは、そこらそんじゅうない」
(山の神)「そんなに、おいしいですか」
CIMG1392a 「写真を見てみろ、昨日のサヨリを一晩置いたものだ。おいしそうだろ」
「はい、おいしそうにできましたね」
「おまえにだけ、サヨリの美味しい一夜干しの作り方を教えてやる」
「そんなん、結構です。食べたくなったら、買いにいきますから・・・」
「えーっ」

「せっかく、教えてやろうと親切に言っているのに」
「親切の押し売りは迷惑です」
「なんということを・・・、最近の奥様というやつは礼儀を・・・」
「でも、私は一夜干しを、自分で作るなんて面倒臭いことに、興味ないですから」
「だ、か、ら、人が親切に教えて・・・」
「だ、か、ら、教えていらないと言っているんです」
「そんなこと、言わないで・・・」
「でも、本当に興味ないんです」
「頼む! 聞いてくれ」
「聞いてくれ・・・、ですか」
「聞いていただけないでしょうか」
「最初から、そう言えばよかったんです」
「そ、そうです。教えさせてください」
「聞くだけですからね」

サヨリの美味しい一夜干しの作り方(東かがわ市の釣友、赤澤正敏さんから教えてもらいました)

① 釣ったサヨリを、、その場で氷を入れた海水にいれて、しめる
② 可能なら、釣り場で、ウロコを落とし、頭をはね、腹の中の黒い膜をていねいに落とす
③ 家で7%濃度の塩水に浸ける
   ・7%濃度の塩水の作り方は、500mlのベットボトル2杯の水に、70gの塩を入れる
   ・塩水に浸けておく時間は、薄塩味でいいなら
      25cmのサヨリなら、約20~25分間
      20cmのサヨリなら、約15~20分間 を目安
    もっと塩味を効かせたいなら、1時間程度で・・・。
④ 冷蔵庫にラップをしないで、一晩置く
⑤ その日に食べないものは、小分けにして冷凍庫で保存

①は、省略可能。 ③の正確な7%濃度は、930mlの水に70gの塩をいれるべきだが、適当でOK。技術屋には、こういうことにうるさいヤツがいるんだよね。 ④は、この時期だと、冷蔵庫でなく、外で干した方が格段に美味しいらしいのだが、干す道具を買ってないので、冷蔵庫でやっている。そのうち、買うつもり。

本当に、おいしい。だまされたと思って、一度やってみてください。だいたい「だまされたと思って・・・」ということは、だいたい、だまされますから。いや、本当においしいんです。

11月 14, 2005 魚料理 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

サヨリの大釣り、64匹

朝食にサヨリの一夜干しをたべようと、冷蔵庫を開けて、あせった。3匹しかない。サヨリスト(分かる人、いないかなあ。昔、吉永小百合のファンをサユリストと言っていたことのダジャレ。分かんねえだろうなあ)としては、急遽、今日の釣行を、サヨリ釣りに決定。さて、どこに行こうか。私の釣り日誌をめくっていたら、4年前に「鳴門で、23cm~35cmを40匹」とあるのを見て、鳴門に決定。
CIMG1383a 写真は、釣り場で撮った今日の釣果。サヨリ21~26cmが64匹の大釣りとなった。わたしのウデがいいことが、出てしまいました。出すつもりはないのに、つい出てしまう。私の知性、教養と同じ。困っちゃうなあー。

朝からずーっと、釣れ続く。暗いうちから来ていた人が40cm超の、バカでかいのを釣っているのを見せてくれた。ファイトが出たが、そんな大きいのは出なかった。今後は望みがある。

釣りの帰りに、高速道路の「津田の松原SA」で、取材。「関西の釣り」から、毎月の原稿(フィッシング笑事典、釣りクロスワードパズル、奥様クロスワードパズル、閑釣万釣お遊びコーナー)に加えて、「釣りの帰りに寄る店」の紹介依頼のため。取材といっても、とりあえCIMG1388a ずパチパチと写真を撮るくらいのもの。自分が頼んだうどんとコロッケの写真を撮ったときのフラッシュに、周りの人、全員がこっちを向きました。それに、こっちがちょっと引いたが、それ以上に周りの人がドーッと引いたのを見て、ドーッと冷や汗が・・・。

ところで、釣果の64匹。何か記憶にある匹数だと、考えていたら、思い出した。10年以上前に、私がスポーツ紙に書いていたときのもの。現在は東京転勤になって地団駄を踏んでいる石塚峯夫さん(元水資源公団)と、二人でグレ64匹を釣ったとき、編集デスクが「64(むし)出来img026a ぬ釣果」とタイトルを付けてくけた。あのころは、私も若かった。

11月 13, 2005 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

初めての場所はポイントが・・・

いつも行っている高松港、高松漁港以外にも、「新規開拓してみるか」と、思い立った。
で、行CIMG1382a ったのが、我が家から車で西に10分の、神在の波止。
で、夜釣り1時間の釣果は、写真のとおり、アジ1,セイゴ2の貧果。
で、新規開拓は、辛気(しんき)くさいことが分かる。このダジャレ分かります?
で、新しいことにチャレンジするには、エネルギーがいる。
で、書くのも面倒くさくなりました。
そういうときも、あるさ。どうせ私のウデのせいですって。はいはい。
「これだけ釣れれば、おまえとしては、よく頑張った」ですか? はいはい。

11月 12, 2005 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ウミタナゴ1,メバル3,カサゴ1

午後6時半、帰宅。すぐに夕食。高松漁港で、7時に竿出し、8時半に納竿。1時間半の釣り。その釣果がタイトルどおり。写真があCIMG1374a るので、「ワタシ、嘘つかなーい」じゃなくて、「嘘つけなーい」。サイズ15~18cm。
これで明日の朝食のおかずが決定。メインディッシュはウミタナゴの塩焼。ミソ汁の具はカサゴを丸ごとぶち込んだもの。それも、これ以上の新鮮さはない贅沢。写真を撮るときには、カサゴとメバルは跳ねていたのだから。こんなもの、東京のシティホテルで食べたら4000円はとられる。我が家は残念ながら、自分で焼くしかないのだが。

我が家のコック、「山の神」に魚を焼かせると、「これでもかあああ!!!!!」と、魚によっぽどの恨みがあるのかと思うくらい焼く。だから、ジューシーな焼き魚にならなくて、すべて煮干しをさらに焼いたカンカラ状態に。
「もう少し、焼き方を考えていただけないでしょうか(こんな焼き方では、うまくないだろが・・・、の気持ち)」と、お願いしたら、「そうねえ、だったら自分でお焼きになるといいかも・・」と、おっしゃいました。
で、仕方なく自分で焼くことになって、ン十年。

お魚の正しい焼き方

まず、魚を焼くところに火を付けて、魚を入れないで、5分間空焼きにする。これで、魚の焼き方のセオリー「強火の遠火」の、「強火」状態になる。急ぐときは、省略可。
魚を入れて「7分」 魚をひっくり返して「5分」 タイマーを使って、確実に時間を守る。自称料理のベテラン「山の神」は、なんでも、だいたいでやるが、これが間違いの元。
この方法「空焼き5分、表7分、裏5分」だと、たいていの魚は、ジューシーな焼き魚となる。NHKのTV番組で見た方法だけど、著作権は、大丈夫かなあ?わたしは、俳句焼きと覚えている。俳句は5.7.5だから。

11月 10, 2005 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

お魚グッズのキーホルダー、見てください

前回は、箸置きの一部を公開しました。今日は、キーホルダー30個です。キーホルダーは、箸置きとはちょっと違った味があります。CIMG1372 箸置き同様、じっくりと見てください。
「ほーら、ほらほら。あなたは、あなたは、お魚グッズを見るのが楽しみになる・・・、ほーら、ほらほら」 催眠術、かかりませんか。「ほーら、ほら・・・」 あー、楽しくなってきた。私が、かかったみたい。

キーホルダーはおみやげ品の雄です。これ、オスじゃないですよ。ユウですよ。おみやげ品のユウです。だから、どこの観光地でもありますが、気に入る品は、結構少ない。
だけど、箸置きは、箸が置けるように、平たくしないといけないが、キーホルダーだと、もっと立体的にリアルに作ることができる。それに素材も、皮、木、石、貝、布、プラスチックと多様です。だから、おもしろいのです。「ほーら、ほらほら、あなたは・・・」。もういいですか。はいはい。
あなたの興味はやっぱり値段ですか。この30個の中に1個だけが100円で、あとは、300円から700円です。そう言われると、どれが100円か、気になるでしょう。真ん中の段の左から4つ目の黄色いのが100円です。

11月 9, 2005 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

またまた、さもしく閉店セールへ

閉店セールをやっていた釣具店のシャッターが下りていたので、閉店したのかと思っていたら、同じクラブの野上さんからメールが入った。先週の土、日曜日に、8割引のセールをするという内容。「ほほーっ」の気持ちで出かけた。CIMG1369a 前回のときは、糸、オモリを中心に買ったので、今回は主にハリを買うつもり。
8割引きと言うことは、300円のハリが60円。これくらいの計算なら、私にもすぐできる。オバチャンが特売セールに突進するパワーが、生まれて初めて理解できた。写真は、買ったハリなど。

買ったのは、予定通り、ハリを25袋など。レジに出た金額は、全部で1万円近くだったが、払ったのは、2000円弱。300円のハリを6袋買ったら、あとはおまけで付いてきたようで、とってもうれしい気分。左下の糸1個で、定価1800円だから、これ1個買ったら、あとはぜーんぶ、オマケといった方が分かりやすいかも。写真で、どれだけがオマケなのか、よーく見てください。すごいオマケでしょ。ふふふ。

その日の午後4時ごろ、某大手商社の内藤支店長から、電話。「**釣具に行ってた。9割引やで」 えーっ。ホントに閉店で、最後の最後に9割引にしたらしい。ということは、私が買ったのは、1000円弱ということになって、ハリ3袋で、あとはぜーんぶおまけということになる。行く時間が早すぎた。
だが、内藤さんが、ぼそっと付け加えた。「糸やキスバリを、これでもかというくらい買ったけど、さもしい気分になって・・・」 私と同じらしい。釣り人はみんないい人ばかりである。

11月 8, 2005 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

サヨリの一夜干しが食いたい

先週、高松港で釣ったサヨリは小さかったが、一夜干しにすると、予想以上の極上の味に変身。予想以上に良い方向に進展するというのは、ハンサムなヤツの中学時代の初恋ぐらいのもの。極めて希有のこと。だから、サヨリは一人で全部、食べてしまった。もっとも、「山の神」は、食べてくださいとお願いしても、食べていただけないと思うけど。
そこで、今日夕方1時間の空き時間に、高松漁港に。狙い通り、サヨリがいました。50分で、18匹だかCIMG1364 ら、私としては満足。もちろん、一夜干しに。

「サヨリのような人」と言われて、喜んでいる女性はいませんか。「キラキラと清楚で、ほっCIMG1368 そりとしている」と勘違いをして・・・。釣り人なら喜ぶヤツはいないと思う。だって、腹を開いたら、中は真っ黒ということを知っている。「腹黒い人」のことだから。
数年前に、日経新聞に「ヒラメのような人」が、載っていました。 ヒラメは高級魚だから、上級な人のことと思って喜んではいけない。「上ばかりみていて、ゴマスリ人間」のことだから。

11月 5, 2005 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

お魚グッズ、箸置きの一部大公開

お魚グッズコレクションのうち、数が多いのが、箸置きとキーホルダーです。どちらも小さくてかわいいのがあるので、お店でついつい手が出てしまいます。「手が出る」といっても、ちCIMG1346 ゃんとお金は払っていますから。
今日は、コレクションの中から、50個の箸置きをお見せします。「見たくない?」 そんなこと言わないで、お願いしますから、じっくりと見てください。ふふふ。
コレクターは、自分が楽しいものは、万人、誰でも、国民全員が楽しいはずだと・・・。「ほら、いいだろう」「見ているだけで、ジワッとくるだろう」「一つ一つが作者や土地柄を表していて・・・」などと、言いたくなってしまう。ま、病気だと思ってください。

コレクターは、一つ一つそれぞれに思い出がありますが、普通の人は、そんなことには全く関心がなくて、「一体全体なんぼの金を、かけとんやろか」ということぐらいにしかに興味がないはずです。分かっています。
img02450個の中で、2個だけが、1000円以上しました。どちらも、リアルというか、手間がかかっているのが分かります。あとは、100円から500円程度。あまり高いのには手を出さないのが、ガラクタコレクターなのです。そうしないと、庶民には、続けられません。どれだけ集めようが、いくら高価なものを集めようが、ガラクタはガラクタなんですから。金さえあれば、こんなグチは言わないけど。

11月 4, 2005 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

瀬戸大橋・与島ファミリー釣り大会のお手伝い

今日は、岡山県と香川県に架かった瀬戸大橋の真ん中にある与島で、釣り大会のお手伝い。写真はお手伝いさんの一部集合。CIMG1331a朝の4時半に起きて行きました。オジンなると、朝早く起きるのが苦痛でなく、スッキリ、パッチリと起きられるのが、うれしい。これから定年を迎える「団塊の世代」の使い道は、早朝にある。どうでっしゃろか。その点、若い人は、特にご苦労さんでした。
CIMG1333a三人の写真は、多分全員、早朝が、苦にならなかった人。真ん中は瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフの坂本専務さん、その左は香川釣り協の松原剛会長。

主催は、香川県、岡山県、瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ、本州四国連絡高速道路株式会社などで、大会の目的が、「瀬戸大橋の利用促進をはかること」なんだから、私なんぞがお手伝いしてもいいのだろうかというくらい、とても立派。

瀬戸大橋・与島ファミリー釣り大会の結果。
「グレの部」には、全く魚が出てこなかったので、急遽「アイナメ・カサゴの部」を勝手に作りました。だから、アイナメ・カサゴの部の入賞者はとても幸運な方です。長い人生でも、そうは無いと思うくらいの幸運です。ま、あなたの嫁さん(旦那さん)が、あなたと結婚してくれたという幸運さと、どっこいそっこいの幸運です。すごい幸運でしょ。

 チヌの部 ①野村秀勝 38.9cm ②田中光裕 ③西山美一 ④西山説
 カレイの部 ①藤井泰宏 31.3cm ②光畑裕輝 ③横山功典 ④光畑敬二 ⑤吉岡智雄
 キス・ベラの部 ①山口十一26.2cm ②吉田明史 ③大石満雄 ④妹尾智次郎 ⑤野村一至
 アイナメ・カサゴの部 ①長尾嘉樹 22.3cm ②赤松佑哉 ③青木英祐 ④岡崎律道 ⑤難波健一
 総重量の部 ①藤原史帆 ②青木敦史 ③堀愛実利 

11月 3, 2005 釣り大会手伝い | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

スペインの釣り雑誌にオモロイもの、見ーつけた

スペインで買った釣り雑誌をめくっていて、思わず笑っちまいました。まずは、写真をクリッimg022 ク拡大して、よーく見てください。変なところがあるでしょう? 分からない? 注意力が足りない人は、釣りも上手になれません。「ほっといてくれ・・・」ですか。でも、どこが変かは気になるでしょう。

海外に行くと、必ずその地での、釣り雑誌を買います。そしてまずチェックするのは、日本製品の広告がどれくらい掲載されているかです。アメリカの雑誌には、だいたい広告スペースの4割程度に、日本製の釣具や釣りボートの広告が占めています。
日本のメーカーが世界中でがんばっていることを知って、非常に気分がよくなります。「あんたが、がんばったわけではない」という声が聞こえてきそうだけど。オリンピックで日本人が金メダルをとったとき気分がいいけど、決して国民全体ががんばったわけではないでしょう? これと同じ。

スペインで買った雑誌には、広告スペースの約3割に、日本製品、および日本製品らしいものが占めていまimg023 した。日本製品らしいというのが、最初に載せた写真の広告です。同じ雑誌の別のページにも、同じ製品の広告が載っていて、そこには、小さくJAPAN と書かれているからです。

最初の写真の変なところですが、「ボン」という大きな字の間に「フロロカーボン」と小さく書かれているのが上下反対になっているのです。分かります? 字が反転しているのではなく、この部分だけ、上下反対にわざわざ書いたとしか考えられない字体なのが、不思議。
こんなメーカー、日本で買ったことがありません。メーカー名を常にチェックして買っているわけではないので、詳しいことは分かりませんが、少なくとも私は聞いたことがありません。でも、2カ所に広告を出しているくらいですから、スペインでは多分有名な日本メーカーなんだろうと思います。
日本語のカタカナは、スペイン人にとっては、日本人にとってのアラビア字みないなものだから、反対になろうが、上下逆さまだろうが、さっぱり関係ない話なんだろうと思うのだが・・・。

それと、もうひとつ。メーカー名らしいASARIの下に「なんやらかんやらhooks」とあって、ハリのメーカーらしいのが、分からないところ。そりゃあ、ハリのメーカーがラインを作ったらあかんということはないけど。

11月 2, 2005 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

ちょっとだけ、申し訳ない気分

先月、高松市内の、ある釣具店が閉店セールをやっていると聞いて、行ってみました。その結果、糸やオモリなど、消耗品を中心に買いも買ったりで、多分定価だと10万CIMG1318a 円近い買い物をした。腐ることはないと思うけど、これを使いきるまで、生きているやろか、ちょっと心配。

写真は、そのときに買った一部。

朝の早い時間だったのと、雨がジャージャーと降っていたので、客は私ひとり。半額セールをやっていると聞いたので、「ちょっとだけ、のぞこうか」くらいの気分。
何を買おうかと、ゆっくりと店内を見ていると、店のオバチャンが寄ってきて、「何でも、半額やからね」「そう、聞いて来たんです」 さらにしばらく店内を見ていると、「ぜーんぶ、半額ですから」と声を掛けてくる。なんとか買って欲しいという気持ちがヒシッ、ヒシッと突き刺さる。声には出さないで「はいはい」。
よく見ると、付いている値段シールが二重に貼っている。上のをそーっとめくってみると、下の値段は定価の3割引きくらい。そして上に貼ってあるのはだいたい定価の半値。こっそりやったつもりなのに、それをどこからか見ていたのか、オバチャンの声。「今、付いている値段の半額やからね」 またも、声には出さないで「はいはい」。
だとすると、定価の4分の1で買えることになる。どうせ消耗品はいつかいるのだし、「この低金利の時代、安く買えるときに買った方が得」と、計算。買い物カゴにどんどん放り込んでいく。山盛りになった商品をレジに持って行くと、オバチャンはその量を見て、うれしそうだが、焦り気味。レジを打つ手に力が入りすぎたのか、レジが故障して、レシートが出なくなってしまった。そして、打ち終わった合計が、4万9600円。それを見て、こつちが焦った。それだけ財布に入っているか、心配に。だが次の瞬間、「それで半額やから、2万4800円です」 すごく得した気分。
だが、考えてみると、閉店するというのは、商売が続けられなくなったということ。店の不幸に乗じて安く買っていいのかと、ちょっとだけ申し訳ない気分。悪いことをしたわけじゃないので、「火事場泥棒」じゃない。だが、私にはあまりイメージのよくない「バッタ屋」か。「バッタ屋」なら、定価の2割5分という高値では買わないので、トンボにもなりきれない「ヤゴ」くらいの存在ということになる。

11月 1, 2005 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)