トップページ | 2005年7月 »

2005年6月28日 (火)

釣バカ大集合

今日は、釣バカ6人が、割烹「友釣」に集合しました。
猪ちゃん、片ちゃんに、四国新聞金曜日の釣り欄でおなじみの松原さん、そして中央コンピュータ社の野上さん、伊藤忠の内藤さん、そしてわたし。、割烹「友釣」の勇ちゃんをいれると7人。

CIMG0460 写真は全員集合。釣バカが集まれば、話題は当然、釣りの話しかありません。釣りをしない人が聞いていたら、つまらん話を、ギャーギャーとうれしそうに延々と3時間もしていて、それこそバッカじゃないかと思うに違いありません。

6月 28, 2005 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

備前焼のお魚グッズを買いました。

岡山駅発マリンライナーの発車まで、13分。駅2階のお土産店にダッシュ。ここの箸置き売り場は、入ってすぐ左。新しいのが入っていないかをすばやくチェック。3個、私がまだ買っていないのがありました。

CIMG0454 写真は、買った3個の備前焼お魚グッズ。

岡山に出張。会議が終わったのが、3時50分。岡山駅に着いたのが、4時丁度。発車まで13分。お土産店に入って、箸置きを見ていると、店員さんが、「いろいろありますから」と声を掛けてくる。「岡山駅でのお魚グッズの売り場所は、あんたより熟知しとるわい」と思いつつ、素早く3品を購入。それにしても、しょーもないお魚グッズコレクターは、自分でもちょっとだけど、バカにしています。

お魚グッズコレクションは、コレクターが死んだら、間違いなく有料ゴミになるだけだから。この恐怖と悩みは、コレクターにしか分からんのです。世の中には、実にくだらんものを集めている人が、ごまんといます。そして、自分が死んだ後も、捨てないできちんと守ってくれる人がいたら、どれだけ幸せか、と思っています。

だから、四国新聞から、なんでもいいからと投稿を依頼されたとき、「コレクション館の建設提案」を書きました。500個くらいのブースがあるコレクション館(少子化で廃校になった校舎改造でいい)を作って、コレクターからの寄贈を受け付けるというものです。コレクターは自分が死んだあとの有料ゴミ化の恐怖におののいているのだから、全国からすばらしいガラクタコレクションが集まる。ガラクタも1000個以上集まると、それを体系化すると必ず学問としての価値が出てくると信じています。その学問の種が全国からタダでわんさと集まるという狙いです。どうでっしゃろ。

6月 27, 2005 お魚グッズコレクション | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

嘆きのサンポート高松

竿を持って、久しぶりに、サンポート高松に。土、日にいくと、必ず会える人がいる。CIMG0449 割烹「友釣」の勇(いさ)ちゃんである。この日も、ちゃんといました。

久しぶりのサンポート。チヌには、ちょっと早いと思ったが、セイゴが釣れているはずです。駐車場に車を置いて、サンポートの先端近くまで歩く。10分近くかかる。まず出会ったのが、片ちゃん。ぶっとい竿をしゃくり続けている。タコねらいである。出会えたうれしさに、そっと寄って行って、「来とったん」と声をかけたら、「おーー」と、大きい声が返ってきた。「1発、ばらしたがー」と言う。最後の「がー」と言ったときに、アルコールが噴霧されて、ファーと匂ってきた。

話していたら、すぐ近くでウキを流していた人が、「エイはまだですー」と、声を掛けてきた。マロンさんである。高松駅近くの喫茶店「マロン」のマスターで、この人も、ここの常連さん。
わたしは、本名を知らないので、「マロンさん」とよぶと、マロンさんも、それで「ハーイ」と答えてくれるので、本名を知る必要がない。
いい人で、今日も、持ってきていた、手作りのイモ団子を使うように、さかんに言ってくれる。よくよく聞くと、冷蔵庫の中にいつまでも入れているので、「山ノ神」から、処分を言い渡されたらしく、どうしても今日中に使わないといけないと、あせりまくっていた。

マロンさんが「エイはまだです」と言ったのは、わたしが、この2年間、夏になると、ここでエイを狙い続けているからである。なんやかやで、釣りを始めたが、アタリが全くない。ここサンポートのベテランのマロンさんさえ、アタリが全くないとぼやいている。そのうち、勇ちゃんが、やってきた。ずーっと、手前のほうでやっているのだという。

今年のサンポートは、不思議なくらい、釣れていないらしい。勇ちゃんでさえ、この3週間、チヌも、セイゴも釣っていないと聞いて、この釣り場では、「ひょっ子」のわたしは、早々に引き上げることにした。この日の釣果、12cmのカサゴ1匹。

6月 25, 2005 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

名古屋でお魚グッズをゲッツ!

今日は2回目の愛知万博です。
五月に愛知万博に行った時には、アフリカなど3国での、お魚グッズをゲット。で、今日も他の国のお魚グッズを買おうと、走りまわりましたが、完全空振りに終わる。がっくりして、名古屋駅でみやげ物を買おうと、高島屋に入ったら、ナント「東急ハンズ」があるではないですか。そこで、やっとお魚グッズをゲッツ!CIMG0448
写真は、「東急ハンズ」で買った「フグメール」。デジカメの高等テクニックを使って、一つしか買ってないのに、裏表を一枚の写真におさめています。オジサンも、何とかデジタル時代についていこうと頑張っています。

万博は、ガラクタコレクターには、宝の山なんです。だって、世界各国のガラクタ、いや失礼、お宝物がそこで買えるのだから。大きな国のパビリオンはあんまり興味なくて、小さな国がいい。そこは、万博パビリオンというより、その国の物産品即売場といっていい状態。
特に、お魚グッズは、世界共通のみやげ物だから、こんなチャンスは大阪万博以来というから、何十年ぶりということになります。

で、5月のときはアフリカのザンビア館で、マラカイトでつくった魚、ベトナム館で水牛の角でつくった魚などを買って、「狙いどおりのイッヒッヒ」で舞い上がってしまいました。
今回も、2匹目のドジョウ、2匹目のタイ、2匹目のハマチ、2匹目の・・・「だれか止めてくれー」 自分で止めるしかないのか。ま、それを狙ったのだが、行くところ行くところで、敗退。

帰りに、名古屋駅で釣り本を探しに高島屋に入ったら(おまえの頭は釣りしかねーのか)、「東急ハンズ」。すぐにフグメールを見つけました。735円です。これは、ハガキなんです。ただし、文字を書くスペースはほとんどないし、送るには切手が120円いるし、正常な頭の持ち主の普通の人が買うとはとても思えません。たぶん、「お魚グッズコレクター」しか買わないと思う。だったら、お魚コレクターを自認しているわたしとしては、この商品を買ってあげないと、開発した人に申し訳ありません。素直に買うことにしました。

6月 24, 2005 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

高松港でタコ、グニュグニュ

CIMG0424高松港に、猪ちゃん(猪子進さん)と片ちゃんと3人で、ベラ狙い。目標は1人、50匹程度は、軽くいくつもり。だから、3人で150匹の算段です。 写真は、片ちゃんがタコに抱きつかれて、「ウッフーン」ともだえているところを、猪ちゃんが「なにしとんねん」と見ているところ。

狙いのベラは、目標の50匹には遠く、遠く、ずーっと遠く及ばず、1人10匹程度に終わる。だが、猪ちゃんが、写真のとおり、でかいマダコを釣る。最初は「藻や」といっていたのだが、あまりの重さに、近くまで片ちゃんが手で道糸をたぐってよせてきたら、このマダコ。
私が玉網ですくって、無事ゲット。釣られたタコもうれしかったのか、片ちゃんに抱きついてきて、グニュグニュと全身で愛撫。あまりの強さに、片ちゃんの腕には、点々の斑点内出血。私が、証拠写真を撮ろうとしたら、「エイズと思われるー」と拒否。「エイズと思われる」ようなことが、身に覚えがあるらしい。

さて、私の釣果は、ベラ以外にチヌ28cm、フグ20cmが3匹、カサゴ小が1匹。猪ちゃんは熱心に釣り続け、ベラ以外に、チヌ30cm、カレイ30cm、タコ2匹を釣りました。片ちゃんはひたすら寝ていました。ご報告します。

猪ちゃんからもらったタコを、ゆでて、一人で足3本分食べました。むちゃ、おいしかった。もちろん、素材がおいしかったのですが、私のゆで方も上手だったのだと思う。「沸騰水にタコを入れて、再沸騰してから1分間」と、ずーっと昔に船頭さんが教えてくれたとおりにしただけですが。
明日の朝も、食べるつもり。楽しみです。

6月 19, 2005 高松黒潮本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

根性無しで30分納竿(高松漁港)

我が家から海(高松漁港)まで、歩いて5分、、車で1分。午後8時丁度に、竿を出し、8時30分にには、納竿。それで、やっとメバル3匹。CIMG0414 なんでだろー、なんでだろー、30分で止めるのはナンデダロー。ちと、古いか。

なんで、30分で止めたか、なーんでか。仕掛けがからんで、直す気力がなかっただけ。なーんでか。明日は大事な仕事で自嘲、いや自重したのです。なんたって、給料もらっている身分だから、「やるときはやる」いや「止めるときは止める」 だったら、「そんな日に、釣りなんぞするなー」 ごもっとも。

この3匹でも、明日の朝食には十分です。おいしいメバルの塩焼きが楽しみです。「海の神」は、このようにおいしい恵みをさずけてくれるのに、我が家の「山の神」は、肉派で、海の幸にちっとも感謝してくれない。ま、そんなもんよ。グスン。

6月 16, 2005 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

パーフェクト・フィッシング?達成

今日は、愛媛県西海で磯釣り大会がありました。そこで、「想定外」の、パーフェクト・フィッシングを達成してしまいました。

写真は、CIMG0411 同じ磯に上がった片ちゃん(片山勝男さん)

パーフェクト・フィッシングとは、ボウズのパーフェクトです。同じ磯に上がった片ちゃんも、現認しているから間違いない。釣った魚の現認はよくあるけど、ボウズの現認者??

今回のボウズは、できそうで、簡単にはできないパーフェクトです。 わたしの磯釣り歴、30年でも、初めてのことなんですから。
仮に、「狙いのグレやイサキは釣れなかったので、ボウズ。でも、ブダイが釣れました」というケース。もちろん、このボウズはパーフェクトじゃありません。「狙いのグレ、イサキはもちろん、ブダイもニザダイもなーんにも釣れませんでした。釣れたのは、エサトリのフグだけ・・・」というケース。ボウズには、間違いないが、エサトリが釣れているので、パーフェクトじゃありません。「本命はもちろん、本命以外の魚も、エサトリも全く釣れなかった」というケース。これは、かなりのパーフェクトに近いボウズ。

だが、今日のボウズはこのケースを超えました。

きょうは、7時間ほとんど手抜きなしで、オキアミをを撒き続けましたが、グレの影どころか、エサトリの姿さえも1匹たりとも、一瞬たりとも見ることがありませんでした。納竿するときに、余ったオキアミをバサーッと海に撒いても、命ある生物は1匹も出てきませんでした。これ以上のパーフェクト・ボウズはないと思う。

「いくら名人でも、いない魚は釣れない」

6月 12, 2005 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

第8回サンポート釣り大会のお手伝い

今日は、高松サンポート地区での、釣り大会です。高松駅は、県庁所在地のJR駅としては、日本一海に近い駅だと思いますが、こんなところで、ホントにびっくりするくらい大きいのが 釣れます。

CIMG0403

写真は、ワタリガニ。こんなでかいワタリガニは魚屋さんでも見たことがありません。こんなんがサンポートで釣れます。でも、この日の大会では、カニ、タコは表彰の対象外でした。

釣った人はがっくりしていましたけど、規則は規則。規則は破れません。そこのアンちゃん、「規則は破るためにある」って。若いですなあ。元気でいいけど、規則は規則です。申し訳ないけど、何にも賞をあげられませんでした。ざんねーーーん。カニ切り。

この大会は釣り団体のボランティアでお手伝いしています。この日の大会の優勝者は次のとおりでした。 チヌの部 村上正次さんの 29.7cm おめでとうございまーす。 キスの部 吉田明史さんの 26.6cm おめでとうございまーす。 ベラの部 小野坂直樹さんの 22.5cm おめでとうございまーす。 メバル、カサゴの部 久米祐貴さんの 22.5cm おめでとうございまーす。 他魚の部 奥田寮太さんのカレイ 36.2cm おめでとうございまーす。 総重量の部 地浜照美さんの 4524g おめでとうございまーす。

ま、今大会は、でかいーと、うならせる大物は、出なかったけど、それぞれの魚でみると、まあまあでしょうか。

6月 5, 2005 釣り大会手伝い | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

お魚グッズ、見ーつけた

天満屋百貨店の「ロフト」にブラッと寄ってみました。ここは1年ぶりです。久しぶりのお魚グッズ探索にちょっぴりワクワク。で、すぐに、まだ買っていないお魚グッズを見つけました。包丁研ぎ630円。多分一生使うことのない家庭用品を、また買ってしまいました。どうすんねん。CIMG0399

これが、わたしのお魚グッズコレクションの、たぶん900個目くらい。

そもそも、お魚グッズとは? 人によって違うけど、わたしの場合
 条件① 形がお魚の形をしていること。だから皿とか、コップとか、タオルとかに魚の図柄が描いているだけでは、不合格。でも、ときどき私がお魚グッズを集めていると知って、図柄だけのお魚をおみやげで買ってきてくれる人がいますが、うれしさが半分か、4分の1。だが、こういう品は、買ってきてくれた人に敬意を表して、一応留保。

 条件② 食べ物はできるだけ、避ける。なにしろ、腐っちまうから。イワシの形をしたチョコレートを10年ほど前に買ったけど、バラバラ状態になって、あえなくコレクションからリタイアしてもらったことがある。

これからも、どんどん贈ってくれることを期待しています。ふふ。

6月 3, 2005 お魚グッズコレクション | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

高松港で、ベラ、ウフフ

高松港でベラ、ウフフ。

5月29日の日曜日に、高松港で釣り ベラが入れ食いで、なんやかやで20cm前後を、50匹近く。特に、大釣りをしたというわけではありません。だから、「四国は、釣りの楽園・天国」なんです。写真は釣りの途中段階。
cimg0397

スーパー・マーケットで、青ベラ(キュウセンの雄)の値段を見たら、1匹ナント、ナント 480円だもんね。とすると、この日の釣果は少なく見積もっても、1万円はくだらない。くだらない計算をしてしまいました。うれしくて我が家の「山ノ神」に報告。でも、無視されました。ふふ。

6月 2, 2005 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

「四国は釣りの楽園・天国」にいらっしゃーい

「四国は釣りの楽園・天国」にようこそ。とにかく、1日分の日記で、1回はクスッと笑って下さい。「笑って下さいと言われてもなあ」とおっしゃるアンタ。アンタは正しい。私も笑ってもらえるように努力しますから。ねっ、お願いします。笑いは、福を運んできます。
そして、笑えたら、次は、「四国は、いいところやなあ」と思って欲しいのです。もちろん、私の故郷ですが、しみじみ良いところだと思います。こんなぜいたくにところは、ありません。まず、気候温暖。そして、列に並んで昼食、なんてことは考えてはいけません。並ばなくても、海をバックに最高の景色と、新鮮に満ちた最高の料理が食べられます。四国に住んでみてもいいか、とチラッとでも感じてもらえたら・・・。

6月 1, 2005 波止釣り | | コメント (3) | トラックバック (0)