2019年10月17日 (木)

「甘え」だらけの釣行

Limg_2927 Limg_2885-2

赤澤名工が、自宅で作ったドラゴンフルーツを、持ってきてくれるといいます。彼の家はわが家から東におおよそ30キロ。そこからわざわざ持ってきてくれるというのは、私の女房が好きで、昨年も持ってきてくれたからです。甘えることにしました。

そして、甘えついでに、彼と何度か食事したことがある喫茶店兼レストランに連れて行ってくれるようお願いしました。そこのチキンステーキは絶品なのです。店は彼の家の近くなので、運転ができない私を連れて行くには、まず彼は私を迎えに来て、彼の家近くのレストランに行き、食事をした後、私を家まで送らないといけないので、30キロを2往復することになります。彼は了解です。甘えることにしました。

そんな中、彼がドラゴンフルーツを持ってくる前日に、書斎に残っている釣り具置き場を整理していると、彼がサヨリ釣り用に作ってくれた天秤が2個出てきました。私の釣り道具のほとんどは譲渡などしているので、残っていたのが奇跡。そこで、当日の朝、食事をした後にサヨリ釣りに連れて行ってもらいたいとお願いしました。それも了解です。甘えることにしました。

ホップ、ステップ、ジャンプの、甘えジャーンプです。

Limg_2886

食事は、期待通りの絶品味で、いざ、サヨリ釣り場の山田海岸に行くと、駐車場に10台以上の車が並んでいます。残念。ここの釣り場はせいぜい3人まで。だが、釣り場には1組の夫婦のみです。なんで10台以上の車があるのか理解できない謎のまま、竿を出すことにします。

釣りの準備をしていると、若者が寄ってきて、「1匹しか釣れなかったので、いりますか」とレジ袋に入れているイカを出します。卵サイズのアオリイカです。「いらん」とは言えません。「ワシは大物イカを狙って、ギャンギャン高知県に行っとんたんじゃあ。こんな小さいイカは逃がさんかい」とは言えません。「ありがとう」と言いました。私はなんといい人なんでしょうか。

Limg_2887

釣りの準備をし始めて、赤澤名工は竿を用意していないことが分かった。釣りをする気がないらしい。私の釣り介護に徹するつもりらしい。そこまでの考えが及ばなかった。甘えることにしました。
釣りを始めるには、まず海水を水汲みバケツでくみます。赤澤名工が、何故か石垣の下まで下りていきます。後で聞くと、彼は10数年来、海釣りしかしていないので、船釣り用の水くみバケツを持ってきたらしい。そのためロープが短い。ベテラン釣り師にしては、考えがちょっと甘かった。

釣り始めはとにかくサヨリを集めるために、撒き餌のアミエビが着水したら、カゴからすぐに出るようにして投げ続けます。そして10分後、遠投していたウキがゴボッと沈みました。思っていたサヨリの引きではありません。強い。グーン、グーンと何か大きい魚のような気がします。ハリスはサヨリ釣りなので1号。足元まで寄せると、30センチくらいのチヌに見えました。ウキ下20センチに食い付いた、考えが甘いチヌです。

Limg_2891 Limg_2899

赤澤名工が石垣を下りて行き、チヌを手づかみして、ジワリジワリと持ち上げてきてくれました。サイズを測ってびっくり。46センチもあります。サヨリ釣りなので、玉網を持ってきてなかった。まさか、こんな魚が釣れると思っていなかった。考えが甘かった。

明日に続く

10月 17, 2019 波止釣り | | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

お魚グッズコレクションーⅠ-022

10222s

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

箸置き(タイ)

入手年月 平成5年12月26日
入手場所 屋島山上水族館
入手金額 250円

10月 16, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年10月15日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録ーーキタマクラ

1_36 2_54

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
「ちっちぇー」とバカにしても良し、「エサトリまでサイズ計測するなんて釣り界知らず」と罵っても良し、なかには、「オレより大きいじゃんか」とちょっと敬意を持っても良し。

魚種    キタマクラ
釣った日  平成23年6月23日
サイズ   21.8センチ
釣った場所 徳島県牟岐大島
                 磯 クジラ
釣り方   ぶっこみ釣り

3_30 4_8

イシダイ釣り仲間の松下さん、栗尾さんと3人で徳島県の牟岐大島の磯に渡船。
ここで、私のイシダイ自己記録55センチ。ばんざーい。
そのときキタマクラの自己記録が釣れた。ばんざーい、ばんざーい。間違いなく「しょーもない魚種」代表選手権にエントリーするキタマクラでも、大きいのは磯からでないと釣れんのじゃ。(自慢のつもり)。

松下さんは魚種不明だが、大きいのをバラシ1回。栗尾さんは52センチのイシダイ。

10月 15, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

「魚種別自己記録」を書いているデータ③

Mimg_2850

現在、「なんでも魚種別自己記録」を順次書いているけど、読者の中には疑問を持つ人も多いと思います。当然です。
20年も前の記録なのに、「2投目にウキがじんわりと沈んでいき、強い引きに…」なんてことを書いている。
20年前のことなのに、「2投目」と書いている時点で、「絶対にウソや」と思うはず。私も他人がこんなことを書いていると、同じことを思います。

だけど、私は記録魔なんです。そこで、ウソでない証拠のデータを示したいと思います。

その③は、このブログです。

このブログは平成17年の6月に開始して、毎日書き続けています。だから、17年以後の自己記録はこのブログの釣行記をプリントして、それを参考にしながら書いています。
ただ、17年以降の記録でも、エサトリとか、私にとって新魚種でも小さい魚の場合、書いてないこともあります。それでも、ブログの釣行記は詳しく書いているので、釣った時の雰囲気等が分かります。

自己記録の魚を釣ったこと以外のことを、たくさん書いている場合は、このブログを参考にしている場合が多い。

10月 14, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録ーーシロギス

1_34 2_52

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    シロギス
釣った日  平成14年7月14日
サイズ   28.6センチ
釣った場所 香川県高松港 一文字波止
釣り方   投げ釣り

渡船で、高松港沖の一文字波止へ。
潮がガンガンと流れるので、遠投した後、道糸に30号のオモリを通して手前に沈めた。近くを通る漁船対策である。

この日の釣果、キス28.6センチ、25.6センチの2匹。「まぐれで尺キス釣り」にはならなかった。人生で1匹でいいからヒジタタキの尺ギスを釣りたかったが、叶わなかった。尾ビレを自分のヒザに当てて、「ヒザたたきを釣った」と一人ではしゃいだ。

キュウセンは25センチを筆頭に、良型を23匹と入れ食いだった。

同じ渡船に乗った片ちゃん、猪ちゃんは高松港沖4キロの女木(めぎ)島に行って、30センチのグレとタコを釣っていた。

 

10月 13, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

兄貴とお茶

 Mimg_2870

久しぶりに兄貴とお茶しました。どちらも元気にあふれているわけでないので、ひとしきり体の悪いところを言い合います。ま、年寄りの話題としてはしゃーないです。

Mimg_2871-2

私が整理している写真の中に、兄貴が写っているのがあってので、持ってきました。昭和55年に高知県古満目の磯での写真です。ということは、37年前の釣行。兄貴がサンノジを釣って満面の笑顔をしているところ。いい写真です。
他にも、徳島県南部に1泊2日で投げ釣りをしている写真もあります。釣った魚を新聞紙に広げているが、その魚を見て笑ってしまいました。キス、ネズッポならいいが、ネンブツダイ、キタマクラ、ヒイラギまで持って帰っています。この当時の自分が恥ずかしいわ。

お茶した後に、近くの埋め立て地で釣りをしているのを見物。足元にサビキを落として小アジを釣っています。私が期待していたサヨリ釣りをしている人はいませんでした。釣れてないのかもしれません。

 

10月 12, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

「魚種別自己記録」を書いているデータ②

Mimg_2845 Mimg_2846

現在、「なんでも魚種別自己記録」を順次書いているけど、読者の中には疑問を持つ人も多いと思います。当然です。
20年も前の記録なのに、「2投目にウキがじんわりと沈んでいき、強い引きに…」なんてことを書いている。
20年前のことなのに、「2投目」と書いている時点で、「絶対にウソや」と思うはず。私も他人がこんなことを書いていると、同じことを思います。

だけど、私は記録魔なんです。そこで、ウソでない証拠のデータを示したいと思います。

その②は、「魚種別長寸記録」メモです。

これは魚の名前のあいうえお順に、自己記録を釣った時の釣行メモと写真を、1ページを使って整理しています。最初の写真は1ページ目の「アイゴ」の記録ページです。私はこのデータを「写真記録」として、整理しています。この執拗さ、気持ち悪いでしょ。

これがあると、基本的には、現在書いている「なんでも魚種別自己記録」が全てが書けるはずだが、あまり詳しいことは書いていません。だから、他のデータとの照合が必要になります。この記録はあくまでも、釣った時の写真が中心です。
「2投目に…」の表現などは、このメモに書いている可能性が高い。

10月 11, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

サヨリの食べ比べ報告

Mimg_2858-2 Mimg_2857

宝山さんがもってきてくれたサヨリの一夜干しを、朝食に焼きました。焼きすぎないように注意します。焼きすぎると、カンカラになっておいしさがなくなります。しっとりと焼かないといけません。いい感じに焼けました。
そして、食べ比べです。4%濃度の塩水に30分と40分浸けたものの比較です。

宝山さんから、「ちゃんと報告せよ」の厳命を受けています。30分と40分を間違えないように、しないといけません。食べて塩辛い方が4%だから、間違いようがないと思うが、ちゃんとしないといけません。

まずは、30分。身が骨からほろりとはずれます。その身をパクリ。塩分が十分に効いています。そしてご飯を書き込みます。いい感じです。
それから、40分。30分とほとんど変わりません。だったら、30分で十分だと思いました。以上報告です。

 

10月 10, 2019 魚料理 | | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

サヨリの一夜干しをいただきました

Mimg_2854

宝山さんから電話があって、「これからサヨリをもっていく」。ありがたいことです。

持ってきてくれたのは10匹。どれも30センチの大型ばかりです。4%の塩水に30分浸けたものと、40分浸けたものを5匹ずつです。
そして「食べ比べて、感想を言え」とのこと。そりゃあ、タダでもらうのですから、それくらいのことはしないといけません。ふふ。

ついでに、「3年前から、吹き矢に凝っとんじゃあ」と、写真をいろいろ見せてくれます。そして、吹き矢作法まで、実演します。的までは8メートルなので、自宅の廊下に移動式の的を作れるようにしているとのこと。話が止まりません。よっぽど、奥さんが話を聞いてくれないので、私に吹っ掛けているのかと思いました。いやいや、とんでもないです。私が退屈の日々を送っていると慮ってのことだと思います。

10月 9, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

「魚種別自己記録」を書いているデータ①

  Mimg_2847 Mimg_2848

現在、「なんでも魚種別自己記録」を順次書いているけど、読者の中には疑問を持つ人も多いと思います。当然です。
20年も前の記録なのに、「2投目にウキがじんわりと沈んでいき、強い引きに…」なんてことを書いている。
20年前のことなのに、「2投目」と書いている時点で、「絶対にウソや」と思うはず。私も他人がこんなことを書いていると、同じことを思います。

だけど、私は記録魔なんです。そこで、ウソでない証拠のデータを示したいと思います。

その①は、釣り日誌です。

私が釣りを始めた昭和47年からの記録がすべて残っています。気持ち悪いほどの変人でしょ。
それには、場所、釣っていた時刻と時間、私が釣った魚の種類と匹数、一緒に行った人の記録も当然あります。
また、エサの種類と買った値段、渡船代、宿泊費なども記録しています。ガソリン代を書く欄もあるが、これはさすがに面倒くさくて途中から断念しました。

その日誌が4冊。1ページに5回の釣行記録が書けるようになっていて、釣れなかった考えられる理由など、書きたいことがあると、そこにメモをしています。1年に平均して60回の釣行をしたとして、1年間に12ページ。その45年分なので、540ページなります。この執念さ、気持ち悪いでしょ。

10月 8, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

お魚グッズコレクションーⅡ082

20822s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(ペルーの魚)

入手年月 平成2年7月19日
入手場所 高松駅
入手金額 850円

ペルー大統領来日バザー

10月 7, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年10月 6日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録ーーマコガレイ

1_32 2_50

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    マコガレイ
釣った日  平成15年11月23日
サイズ   34.6センチ
釣った場所 香川県高松港 一文字
釣り方   投げ釣り

ひとりで高松港一文字波止に渡船。
マムシエサでの投げ釣りで五目釣り。

この日の釣果。カレイ34.6センチ、キス26.4センチと23センチ、トラギス3匹、キュウセン20センチ6匹、ササノハベラ5匹、フグ6匹、チャリコ1匹。
退屈することなく、十分に楽しめた。
現在は、高松港一文字波止への渡船はなくなっている。前の年には、私のキス記録28.6センチが釣れるなど、いい釣り場だったのに、残念。

10月 6, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

またまた、イカとサヨリの話

  Mimg_2839 Mimg_2842

ヨッさん、オカテッちゃん、宝山さんとお茶しました。

ヨッさんとオカテッちゃんには、10月に入ったので、そろそろアオリイカを釣りに行って、もってきてもらいたいと要望と願望。ま、絶対に釣れるわけでないので、願望の方が大きいかも。
オカテッちゃんは「まだまだ早い。今月後半からや」と自信をもって言います。ヨッさんは「そうやな、徳島県南や」と言い、高知県西部の穴場は「遠いわあ」の連発。じわじわとみなさん年取ります。しゃーないです。それでも、釣れたら持ってきてくれることになりました。

宝山さんは「今年のサヨリは沸いとる」と、行けば50匹を釣っているらしい。型も25センチを超えているとのこと。メモをパラパラとめくりながら、「9月は3回行って160匹」。入れ食いはどんな魚でも楽しい。もちろんエサトリはダメだけど。
自分用の冷蔵庫を買った宝山さんは、ジャンジャン釣って、ジャンジャン冷蔵庫に入れると張り切っています。宝山さんはサヨリの丸干しを持ってきてくれることになりました。

宝山さんから、今日、明日のサヨリ釣りのお誘いがありましたが、残念ながら、私の体力を考えると行けそうにありません。残念です。

10月 5, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

カマスがカマスでなかった

1_20191001084301 2_20191001084301
私のこれまでの魚種別記録を整理しています。先日、カマスについて書きましたが、私の記録の25センチがどれくらいのものか、気になって図鑑て調べました。大体40センチまでになるということなので、小さい記録と分かりました。

そのことよりも、カマスはカマス科の総称で、魚種名ではないと書いています。思わず、「ひゃ~~」と声が出ました。「カマスはカマス」とばかり思っていたが、良く釣れるカマスには、アカカマスとヤマトカマスがいるらしいことが分かりました。となると、私の記録がどちらの魚種なのかを調べないといけません。

図鑑によると、アカカマスの特徴として、「口の後端が目よりも前にある」、「腹ビレが背ビレより前にある」らしい。ヤマトカマスはこの反対です。さて、私がとっている写真でこれが分かればいいが…。ラッキーなことに、2枚の写真からアカカマスだとわかりました。

そして、これまでに釣ったカマスにヤマトカマスがいるかもしれません。それも調べないといけません。ひょっとすると、カマス以外にも同じ誤りをしている魚があるかもしれません。またまた、私の自信がシュワシュワとしぼんでいきます。人間は謙虚でないといけません。はい。

 

10月 4, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーーカモハラトラギス

1_31 2_49

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
私がこれまでに釣った魚種数は170程度。それは、磯釣りでのふかせ釣りと底物釣り、投げ釣り、船釣りとゴムボート釣り、波止でのサビキ釣りやチョイ投げ釣りなども楽しんできたからこその魚種数。磯釣りだけや、投げ釣りだけをしていたのでは難しかったと思う。自慢です。

魚種    カモハラトラギス
釣った日  平成22年3月23日
サイズ   24.3センチ
釣った場所 高知県足摺岬磯 ハナレ
釣り方   ぶっこみ釣り

4_7 3_26

足摺岬に、カンちゃん、松下さん、栗尾さんとイシダイ狙いの2泊3日の磯釣り。

私は一人でハナレ。イシダイのポイントで、私は50センチを釣ったことがある。この日は、本命のアタリはなく、タカノハ、イラ、ニザダイの外道ばかり。
カモハラトラギスは、この釣行で初めて出合った魚種なので、ムチャうれしかったが、この気持ちはゴチゴチのイシダイ釣り師には通じるはずもないので、黙っていた。しゃーないわ。この喜びを共有できる人、いないですかあ。

10月 3, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

回文 純烈さんとイカ

Ika2948_20190916091301

今回の回文は、まず、純烈さんから。

「止せ純烈、失恋、諭旨せよ」
純烈のメンバーはよくもてるようで、失恋ばかりさせちゃあダメですよ。諭旨しないと…。

魚の回文はイカです。

「概観し、イカ、フカ深い。深海か」
NHKの番組を観ていると、イカもフカもとんでもなく深海にもいるらしい。

「ダッ、ガ、ガ、ガ。海底でイカが掛かった」
海底近くでアオリイカを掛けると、こんな感じになることもある。

「良いぜ、イカ刺身示唆、快晴よ」
快晴なので、イカを釣ってきて刺身を食べさせてあげる

「全部、イカの回文ぜ」
以上、イカの回文です。

10月 2, 2019 言葉遊び | | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

お魚グッズコレクションーⅢ378

33782
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

おもちゃ

入手年月 平成22年6月24日
入手場所 アメリカ ニューヨーク水族館
入手金額 2ドル

10月 1, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年9月30日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーーアカカマス

1_30 2_48

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    アカカマス
釣った日  平成22年10月16日
サイズ   25.1センチ
釣った場所 香川県多度津町沖
釣り方   船釣りでのサビキ釣り

3_25 4_6

当時の会社の同僚、藤綱さん所有の船に乗せてもらってのカマス狙い。
カマスは4匹しか釣れなかったが、港近くでのイイダコ釣りでは1時間半で42匹の大漁。

イイダコ釣りで借りた竿が、アタリが抜群にとりやすいので、家に帰ってから近くの釣具店で取り寄せて買った。
それまでクラブ員の小野ちゃんの船でイイダコ釣りに何度も行ったが、いつもダントツの最低釣果。「なんでアタリが、分からんのかが、分からん」の合唱で、イジメにあっていた。しかし、その後小野ちゃんの船で、この竿を使うといきなりトップ成績。「ウデは道具次第」ということもある。

9月 30, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1994年12月

199412

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

9月 29, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

「鯛釣りみくじ」

Img_2629-2 Img_2631-2

島根県出雲市の神社に「鯛釣りみくじ」というのがあるらしい。ま、おみくじの形がタイの形になっているだけのことだが、なんか楽しい。

これを知ったのは、NHKのBSで放映されている「釣りびと万歳」。俳優がここの出雲の磯でアオリイカを釣るという内容。釣りに出る前に目標を言うのだが、「2キロ以上を2杯」というのを聞いて、「ふざけたことを言っている」と思った。

釣り方はヤエン釣りで、名人が竿を出さずにつきっきりで面倒を見てくれる。案の定1日目はボウズ。2日目にやっと1キロ近くを一杯釣っただけだった。ま、そんなもんよ。やっと釣れた時の俳優のうれしそうな顔を観て、私が初めてアオリイカを釣った時のことを思い出した。俳優は、前野朋哉さん。

9月 28, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録ーーヒラソウダ

2_20190909090501

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ヒラソウダ
釣った日  昭和56年7月11日
サイズ   44.5センチ
釣った場所 高知県四万十市伊田岬沖
釣り方   船釣り

会社の研修会で知り合った、高知県中村市(現在の四万十市)在住の人の船に乗せてもらっての釣り。
この人が1メートル30センチのクエをこれまでに2匹釣ったという、伊田岬沖のポイント。

このヒラソウダの6匹も強い引きでうれしかったが、8号ハリスを引きちぎっていった魚はなんだったんだろうかという悔しさのほうが大きかった。もし、1メートル30センチのクエが釣れていたら、私の全魚種の自己記録最大で、自慢ネタになっていたはずで、残念。かと言って、ケプラーやワイヤハリスでは、カツオは食ってくれないだろうなあ。

9月 27, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1994年10月

199410

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

9月 26, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと⑤

2_20190916085001

「私のなんでも魚種別自己記録」を順次書いています。これらを整理していてわかったことがいくつかあります。
もし、今後若い人がこのブログを見て、「魚種別の自己記録」を整理したいと思った人がいれば参考になると思い、書くことにしました。

現在の自己記録を、いつ釣ったかを年代別に整理した。
①私が釣りを始めた昭和47年から、昭和63年までの16年間の昭和時代
②平成1年から10年までの10年間
③平成11年から20年までの10年間
④平成21年から30年までの10年間

より大きいのを釣ると、その前に釣った記録は消されるので、当然に新しい年代が多くなるはずです。
私の記録を大まかにいうと、
① 10%
② 10%
③ 30%
④ 50%

となっていて、予想通りです。ただ、平成10年までの釣りを始めてからの26年間の記録が20%もあったことが意外でした。
釣りはどんどん変わっていきます。狙いの魚も変わっていきます。釣りを始めた当初は、磯釣りに行くことは考えられなかったし、ましてや、自分がイシダイ釣りをするなんてことは考えてもいなかった。

だから、昔の記録でも残っていた。さらに、昔の方が大きい魚が簡単に釣れたということもある。

なお、冒頭の写真のコイは、私の魚種別記録で最も古い記録で、昭和52年の6月に釣ったもの。

 

9月 25, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録--カサゴ

1_10 2_16 

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
私がこれまでに釣った魚種数は170程度。それは、磯釣りでのふかせ釣りと底物釣り、投げ釣り、船釣りとゴムボート釣り、波止でのサビキ釣りやチョイ投げ釣りなども楽しんできたからこその魚種数。磯釣りだけや、投げ釣りだけをしていたのでは難しかったと思う。自慢です。

魚種    カサゴ
釣った日  平成17年3月9日
サイズ   29.6センチ
釣った場所 愛媛県愛南町いるか越の磯
釣り方      ふかせ釣り

四国磯連で表彰対象となる50cm以上のチヌを狙って、宇和海南部の磯にひとり釣行。チヌのアタリは全くなく、釣れるのはカサゴばっかりの14匹。嫌になっちまう。

この自己記録のカサゴは30センチまで、あと4ミリ。実寸よりもサイズアップする魚拓にしたら30センチを越えたかもしれない。読者は他人の記録が実寸だの、魚拓寸だのは、どうでもいいことだから。

ところで、魚拓にしたときにサイズアップする方法をこっそり教えます。
①体全体をコキコキして、体を柔らかくして硬直をなくし、尾ビレを引っ張って伸ばす
②口の中に丸めたティッシュなどを詰めて、魚の口を大きく開く。これで下唇が突き出て、大きな魚だと1センチは違ってくる。すごいでしょ。
③尾びれの上側を体側の線に合わせてまっすぐにする。要するに、尾ビレを少し垂れ気味にする。
以上です。健闘を祈ります。

9月 24, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと④

0ssho018cimg7995

「私のなんでも魚種別自己記録」を順次書いています。これらを整理していてわかったことがいくつかあります。
もし、今後若い人がこのブログを見て、「魚種別の自己記録」を整理したいと思った人がいれば参考になると思い、書くことにしました。

私の魚種別自己記録が、どこの県で釣れたものかを調べてみました。
大まかにいうと、香川県、愛媛県、高知県が約50魚種、徳島県と四国外が約10魚種でした。地元の香川県の釣行数が圧倒的に多いはずなので、香川県の魚種がもっと多いと思っていました。しかし、香川県でもなじみの釣り場だけでは、魚種は限られているようです。

そこで高知県の西部や、愛媛県の宇和海での魚種が香川県と同じくらいありました。ま、それぐらい両県にはしつこく釣りに行った結果でもあります。徳島県は香川県から釣り場が近いので、もっとあってもよさそうだが、徳島県にはあまり行っていなかった結果です。

全体的に言えることは、できるだけ様々なところに行って、様々な釣り方をすることで、魚種数が伸びるということです。

9月 23, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

お魚グッズコレクションーⅡ051

20512s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(イカ)

入手年月 平成13年6月16日
入手場所 丸亀オークラホテル
入手金額 399円

9月 22, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年9月21日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録ーーカゴカキダイ

1_29 2_46

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    カゴカキダイ
釣った日  平成22年5月16日
サイズ   18.7センチ
釣った場所 高知県柏島磯 ナダレ
釣り方   ぶっこみ釣り

四国磯連の大会。
私は磯竿3号で、マムシ、マテガイ、ブラックタイガーをエサにしてズボ釣り。いろいろと考えた末、大物の底物魚が食いつきそうな餌をチョイス。しかし、マムシ以外は竿先がブルっとしただけで完全にエサがなくなる。

この日の釣果。大物は1匹も来ず。小物ばかりのイシガキダイ、カワハギ、アカハタ、オオモンハタ、タカノハ、アカエソ、カゴカキダイと多彩。「タサイ(多彩)」じゃなくて「ダサイ」かも。

9月 21, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

四国新聞欄 令和元年9月12日

Zh310912

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

R1年9月12日掲載分です。

9月 20, 2019 釣りと魚のニュース | | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

「香川ギネス」のシールを、猪ちゃんに渡しました

Mimg_2747 Mimg_2727-2

猪ちゃんとお茶したとき、800枚近くの「香川ギネス」シールを猪ちゃんに渡しました。これは私が3か月前に終活していて見つけていて、何とかしないといけないと思っていました。このシールは、香川県釣り団体協議会が作ったものを、当時会長だった私が預かり保管していたもの。

このシールは、作成当時、香川県釣り団体協議会を構成している釣り団体に希望枚数を配布し、残りを私が預かり、釣り場で出会った子供などに渡していました。

ずいぶん前に作ったが、粘着力の劣化もなく、まだまだ使えるので、釣り団体協議会としての活用をお願いするために、副会長をしている猪ちゃんに、今回お願いしました。渡したことの証明に、猪ちゃんに持ってもらって写真撮影。ふふ。見ようによっては、囚人がナンバーをもって撮影するように見えてしまうポーズ。

9月 19, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーーオヤビッチャ

2_15

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
私がこれまでに釣った魚種数は170程度。それは、磯釣りでのふかせ釣りと底物釣り、投げ釣り、船釣り、波止でのサビキ釣りやチョイ投げ釣りなども楽しんできたからこその魚種数。磯釣りだけや、投げ釣りだけをしていたのでは難しかったと思う。自慢です。

魚種    オヤビッチャ
釣った日  平成15年5月4日
サイズ   19.9センチ
釣った場所 高知県柏島磯 テーブル
釣り方      ふかせ釣り

ゴールデンウイークに、同じクラブの片ちゃん、猪ちゃんと、3人で、高知県西端の柏島釣行。ゴールデンウィークの5月3日から5日までの3日間連続の磯釣り。

頑張ったけど、しょーもない魚たちのオンパレード。33センチのブダイ、40センチのタカノハ、32センチのアイゴ、34センチのオジサンなど。
どれも中途半端な魚種の、中途半端なサイズで、3日間を過ごした。このオヤビッチャは完全なエサトリだが、オヤビッチャとしてはこのサイズは立派だと思う。こんなことにも価値を見出せる私って、幸せ者です。
片ちゃん、猪ちゃんも同様でパッとせず。3日間の総費用は4万7000円の記録あり。

サラリーマン釣り師はゴールデンウィークの連休には、ナニガナンデモ釣りに行かなきゃと思ってしまう。結果はいつも惨憺たるものだが、反省は全く無し。そういうもんです。釣り人の奥さん、分かってあげてください。

9月 18, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

2か月ぶりにお茶しました

Mimg_2737-2 Mimg_2746-2

ヨッさん、オカテッちゃん、猪ちゃんと4人で、お茶しました。
猪ちゃんは、昨日、香川県西部での恒例のチヌ釣り大会で2位だったので、そのお祝いも言いました。優勝は熊ちゃんだったらしく、この大会だと熊ちゃんの優勝が多い。皆が、「なんでかのー」と首をひねります。

多くの話題はどうしても、病院、病気の話。しゃーないです。それぞれがなんらかの病気持ち。クラブ一の最高年齢だが、元気いっぱいのヨッさんも、病院に通っていると聞いて、妙に安心しました。ふふ。面白かったのは、オカテッちゃんと猪ちゃんが血液検査の数値見解で、医者から言われたとかで、ワーワー言っていたら、二人がかかっている病院も一緒、医師も一緒だったこと。思わず吹き出しましたわ。

さりとて、釣りの話も当然します。ヨッさんがまたまたアオリイカの新しい仕掛けを考案したらしく、また、それを使った釣り方も新しい方法でやってみると、鼻をピクピク。それは仕掛けも釣り方も、ウキ釣りとヤエン釣りのいいとこ取りをしているとのこと。これが本当なら、アオリイカ釣りに革命が起きるが、どうなんでしょうか。問題は、ヨッさんが最近「高知の西部まで、運転して行くのがしんどい」と言い始めたこと。無理しないで下さい。

 

9月 17, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと③

2_20190915075501

「私のなんでも魚種別自己記録」を順次書いています。これらを整理していてわかったことがいくつかあります。
もし、今後若い人がこのブログを見て、「魚種別の自己記録」を整理したいと思った人がいれば参考になると思い、書くことにしました。

魚種の名前を整理していると、これまでの私の記録魚種はいい加減というか、テキトーだということが分かりました。そこで、すべてを標準和名に統一することにしました。グレやチヌなど、四国の釣り人には慣れ親しんでいる名前も、敢えてとりあえずメジナ、クロダイとしました。そのうえで、さらに一覧表にしてみて、その後どうするかを検討することにしました。

そこで、今回私の記録魚種を標準和名に変えた魚は以下の通り。

イシモチをシログチ。
キスを  シロギス、
ノドクサリをトビヌメリやネズミゴチ、
グレを  メジナ、
尾長グレをクロメジナ、
チヌを  クロダイ、
タイを  マダイ、
エソを  マエソ、
ハゼを  マハゼ、
キビレを キチヌ、
アコウを キジハタ、
ガシラを カサゴ、
ベラを  キュウセン 

タイ、エソ、ハゼの正式名は、頭にマが付くことを気にしていませんでした。多くの釣り人には、どちらでもいいことだとわかっています。だが、もっと理屈を言うと、タイ科の魚は何種類かいるので、タイといえば、マダイも、クロダイも、チダイも含んでいて、単にタイという名前の魚はいないということ。お分かりか? 理屈でしょ。

9月 16, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録ーーオオモンハタ

1_28 2_43

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    オオモンハタ
釣った日  平成22年5月16日
サイズ   28.1センチ
釣った場所 高知県柏島磯 ナダレ
釣り方   ぶっこみ釣り

3_22

四国磯連の大会。高松黒潮クラブの片ちゃん、斉藤さん、私の3人で、同じ磯に上がる。私はマムシエサのぶっこみ釣りで、新魚種を釣ることが第一目標である。他の二人はふかせ釣りだが、たいした釣果無し。
私も同様に、放流サイズのイシガキダイ5匹、カワハギ8匹。たいした釣果なし。

このオオモンハタは小さいが、初めての対面だったのでうれしかった。会えてうれしかったが、おいしくいただきました。ごめんなさい。

9月 15, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1993年4月

Z199304

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。ふふ。

9月 14, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

お魚グッズコレクションーⅡ078

20782s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(カジキ)

入手年月 平成4年10月20日
入手場所 鹿児島空港
入手金額 618円

9月 13, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年9月12日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーーオオスジイシモチ

2_42

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    オオスジイシモチ
釣った日  平成24年9月3日
サイズ   15.2センチ
釣った場所 愛媛県宇和海の御五神磯
      イマバリ
釣り方   カゴ釣り

3_20190726151401 4_20190726151401

ヨッさん、ススムさんと、愛媛県宇和海にある御五神島の磯で、イサキ狙いの夜釣り。この日の渡船客は私たち以外には2人のみ。どこの磯でも上がれるはずだが、私たちは足場がいいイマバリと船頭が決めた。「年寄りはまず安全」である。
イサキは3人とも30センチくらいのが1匹ずつの、惨憺たる結果。夕方の5時から10時まで、翌朝は午前3時から4時半まで、カゴを投げ続けての結果。しゃーないなあ。

オオスジイシモチは腹が立つエサトリ。テニスの大坂なおみさんがラケットを叩きつけそうになる気持ちが分かる。大げさじゃねえー。

9月 12, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1993年9月

Z199309

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。ふふ。

9月 11, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと②

2_20190912081501

「私のなんでも魚種別自己記録」を順次書いています。これらを整理していてわかったことがいくつかあります。
もし、今後若い人がこのブログを見て、「魚種別の自己記録」を整理したいと思った人がいれば参考になると思い、書くことにしました。

自己記録を整理していて、これまでの記録の中に魚種の誤りが、6魚種もありました。魚種の認定には自信があったのですが、30年前の頃に作った自己記録の魚種に、写真を再確認して誤りを見つけました。一度作った記録を確認せずに、そのままにしていたのが原因です。

魚種認定に対する知識も、釣りを続けている間に蓄積できます。だから、釣りを始めて10数年の間に、魚種認定の誤りが多かったようです。

カツオのヒラソウダをスマ、ホウライヒメジをオジサン、オキザヨリをテンジクダツ、エサトリのナミマツカサをアカマツカサ、ミナミハタンポをツマグロハタンポ、川魚のカワムツをオイカワ。「そんなものどっちでもいいわ」と思っている人が圧倒的に多いと思います。すみません。私には許せないのです。

これから魚種別記録を始めたいのであれば、少なくともきちんとした図鑑を3冊は購入することをお勧めします。もしエサ代は惜しまないけど、図鑑代には金をかける気がしないという人には、小西英人さん編著の「釣魚1400種図鑑」がお勧めです。

9月 10, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーーカワムツ

2_44

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    カワムツ
釣った日  昭和52年6月5日
サイズ   18.0センチ
釣った場所 徳島県日和佐町の川(名前不明)
釣り方   ルアー釣り

4人構成の「磯寝クラブ」。その中の石塚さん、佐々木さんと私の3人で、徳島県日和佐の地磯でグレ狙いだったが、ボウズ。
木っ葉グレ狙いでボウズとは、この当時はがむしゃらで、今から考えるとしょーもない釣行が多かった。しかし、楽しさは今と変わらない。

帰る途中で見つけた小さな流れ。魚が見えたので、スピナーを投げ込むと、18センチと12センチのカワムツが釣れた。40年以上前に、すでにルアー釣りをしていた私って、スゴくないですかあ。
婚姻色がきれいだったので、カラー魚拓に挑戦。自分としてはいい感じに仕上がったと思ったが、今見ると、中途半端。しゃーないなあ。

18センチは、カワムツとしては大きい方だと知ったのは、何年も後のことだった。

この魚は、釣ったときから今まで40年間、オイカワだと思っていた。ところが、オイカワの婚姻色はアカではなく青い横縞模様。調べると赤くなるのは、カワムツとヌマムツ。ヌマムツは瀬戸内海に流れ込む川にはいるが、今回釣れた太平洋に流れる川にはいないらしい。それに、魚拓のヒレの形から見て、カワムツだと判断した。写真を取っておけば、もう少しちゃんと分かったと思う。

9月 9, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

日本で唯一の水族館部という高校のクラブ活動

Nimg_2719-2 Nimg_2721-2

8月の末、NHKの教育チャンネルで、愛媛県立長浜高校の水族館部の活動が取り上げられていました。全国で唯一の「水族館部」というクラブ活動だそうです。

ずいぶん前に、この長浜の海岸沿いには小さな水族館があって、展示されているのは、チヌ、タイ、カワハギ、キス、そしてクサフグまでいて、近くの海でとれる魚ばかりでした。当時、四国のすべての水族館に行くことをテーマにして、水族館巡りをしていました。この水族館は、よく言えばほほえましい、はっきり言えば「もう少し、何とかならんか」の感じ。私が行った時も、切符もぎりのおばちゃんが慌てて出てきて、客は私一人でした。

その後、この水族館が廃止され、しばらくして地元の高校に小さな水族館が出来たということを新聞で知りました。しかし、今回テレビで見た内容は、私の想像をはるかに超えた充実ぶりでした。全校生徒115人中、水族館部の部員が33人。そして、魚の150種、2000点を展示しているとのこと。

驚いたのは、このクラブ活動で「クマノミがイソギンチャクに刺されない理由」を発見し、日本、そして世界の科学研究で表彰されたといいます。そして、その研究の延長で、クラゲに刺されない方法も研究し、それが実際に商品化されているというのだから、何ともすごい。応援したいと思いました。

9月 8, 2019 釣りと魚のニュース | | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

四国新聞欄 令和元年8月29日

Zh310829

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

 

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

R1年8月29日掲載分です。

9月 7, 2019 釣りと魚のニュース | | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録ーーマエソ

2_45

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。 

魚種    マエソ
釣った日  平成3年5月6日
サイズ   50.3センチ
釣った場所 愛媛県由良 漁家港
釣り方   投げ釣り

ひとり釣行。投げ釣り場の新規開拓で、愛媛県南部の由良半島をウロウロ。
たまたま見つけた漁家港で竿を出した。
同じ由良半島に昭和58年にきて、40センチを釣った以来の、8年振りの記録更新。

同じ港にイカ狙いの人がいて、コウイカ3匹を釣っていたと、釣り日誌に記載。
30年近く前の由良半島でイカ狙いの人がいたと知って驚いた。私のイカ釣り開眼が遅れていただけか?

9月 6, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと①

Oiaukami9480

「私のなんでも魚種別自己記録」を順次書いています。これらを整理していてわかったことがいくつかあります。
もし、今後若い人がこのブログを見て、「魚種別の自己記録」を整理したいと思った人がいれば参考になると思い、書くことにしました。

私がこれまでに釣った魚種は、170魚種程度です。このうち渡船を利用した場所で自己記録魚を釣った魚種を数えると、なんと107魚種もあった。

魚の種類だけを記録するなら、渡船を利用しなくて波止からでも、ある程度の魚種を釣ることが可能です。ただ、サイズの大きさを意識するなら、やはり渡船を利用した釣り場でのことが、多いということに改めて驚きました。

全体の3分の2、3魚種のうち、2魚種が渡船利用ですから、大きいのを釣ろうと思えばやはり陸からよりは、磯など渡船した方が確率が高いということのようです。

 

9月 5, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

お魚グッズコレクションーⅡ073

20732s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(イカ)

入手年月 平成3年3月18日
入手場所 高松空港
入手金額 515円

9月 4, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年9月 3日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録ーーマタナゴ

1_27 2_41

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    マタナゴ
釣った日  平成13年5月18日
サイズ   26.1センチ
釣った場所 香川県高松市摺鉢谷川の川尻
釣り方   脈釣り

自宅から歩いて5分の、お気に入りのいつもの場所でメバル狙い。太陽の明かりがなくなる午後7時半から釣り開始。

メバルではない大きな引きに、ちょっとあせった。このマタナゴが私の記録魚と分かったので、早々に引き上げた。
腹を割くと、中から稚魚が十数匹出てきて、罪悪感。ウミタナゴ科の魚は胎性魚です。かわいそうだったが、翌朝塩焼きにして食った。釣り人って、そういうものです。

9月 3, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1999年8月

Z199908

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

 

9月 2, 2019 言葉遊び | | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

NHKはやっぱりすごいと思う

Nimg_2704-2 Nimg_2706-2 Nimg_2709-2

ちょっと前だが、NHK BSの番組を録画していたのを観た。シリーズもので、怪魚ハンターとして有名な武石憲貴さんと水野裕子さんによる「怪魚ハンターが行く」である。今回観たのは、「知られざるアメリカ 大自然に潜む巨大魚」のタイトルで、アメリカでの巨大魚3魚種を狙う内容。ミシシッピー河のヘラチョウザメとレッドフィッシュ、フロリダ半島でのゴライアスグルーパーの3魚種。

民放でも巨大魚を狙う番組がいくつか放映されたが、まったくのボウズもあって、経費をかけたので何とか番組にしたというものもあった。

巨大魚は、釣りを長い間している人ほど、そう簡単には釣れないと知っている。ましてや、海外のことだと釣り上げるのはますます困難である。だから、民放のボウズ番組も仕方ないと思う。しかし、NHKは3魚種すべてを釣り上げている。よくはわからないが、外国の場合、すべてガイドが必要で、そのガイドが優秀かどうかが大きく影響している。

NHKは事前なリサーチとガイドにお金をかけているのではないかと、勝手に想像している。

9月 1, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録ーーナミマツカサ

1_46 2_68

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
私がこれまでに釣った魚種数はたったの170程度。それでも、磯釣り、投げ釣り、船釣り、波止でのサビキ釣りやチョイ投げ釣りなども楽しんできたからこその魚種数。磯釣りだけや、投げ釣りだけをしていたのでは難しかったと思う。自慢です。

魚種    ナミマツカサ
釣った日  平成20年11月16日
サイズ   23.6センチ
釣った場所 高知県うぐる島の磯 びしゃご
釣り方   ふかせ釣り

3_40

香川磯連の大会で、私は同じクラブの岡田芳樹さんと、びしゃごに下りた。
この日は、潮が悪いのか、グレのアタリは全くない。ウキ下をどんどん下げて、釣れてくるのはヒメジが4匹も。眠れなかったら、「ヒメジが1匹、ヒメジが2匹・・・」と数えることにするか。
岡田さんが最後になって40センチ弱のカスミアジを釣ったのが目立った。
そんな中で釣ったエサトリの1匹が、このナミマツカサ。

高松黒潮クラブからは7人が参加したが、完膚なきまでの全滅。しゃーないなあ。

8月 31, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

サンマが不漁らしい

Nghokkaido_aqqhnnsanmass2kg_2

今年はサンマがとんでもなく不漁というニュースが流れている。だから、スーパーでもサンマが並んでいるのは少ないし、あっても「解凍」と書いているものばかり。

そんなとき、たまたま読んだ「マグロは時速160キロで泳ぐ」(中村幸明著、PHP文庫)に次のような内容のことが書かれていた。「サンマの鱗ははがれやすい。だから、冷凍ものは解凍するときに、鱗が全部洗われて無くなる」。

それを読んでから、スーパーのサンマを見ると、キラキラしているように見えるけど、鱗はなくなっている。照明で新鮮そうに見せているようだ。

8月 30, 2019 魚料理 | | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

お魚グッズコレクションーⅡ053

20532s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(サケ)

入手年月 平成4年2月3日
入手場所 北海道 千歳空港
入手金額 515円

8月 29, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)