2019年12月15日 (日)

お茶しました

Jimg_3097 Jimg_3105

昨日、クラブの人とお茶しました。セットしてくれたのは宝山さん。

席に着くなり、オカテッちゃんがイカ釣行の話を始めます。「何匹釣ったんや」と聞いても、「まあまあ、順次話すから」と、当日の天気、行く日を決めた理由、奥さんと一緒行くことになった理由等々で、徳島県南で9匹を釣ったと聞くまでに10分かかりました。9匹は立派です。300グラムの小さいのはリリース。隣の釣り人から「逃がすのなら、くれ」と言われたけど、「小さいのは大きくなってから釣るのが、私の主義」と言い放ってリリースしたとのこと。いい話なのか、傲慢な話なのか分からない終わりになりました。

ヨッさんは、このブログにも書いたように、熊ちゃんとイカ釣りをしたときに、エサはそこで釣った木っ葉グレがよかったということで、木っ葉グレ仕掛けの新作を試作中とのこと。そして、天候と潮と満月がそろう近い日に再チャレンジを予定している感じです。私も元気なら、当然行くはずだが、どうしようもない。その話を聞いていた片ちゃんが、「熊ちゃんに竿を貸したのに、イカをくれんかった」とぼやいています。

宝山さんからは、今年のサヨリ釣り総括。6回行って275匹だったとのこと。1回あたりに直すと40匹以上だから、すごいと思う。

Jimg_3095

片ちゃんには、私のお魚グッズ8個を熊ちゃんに渡してもらうようにお願いしました。以前も、熊ちゃんの店で飲んだ時もいくつか渡したけど、喜んでくれたので追加です。

 

12月 15, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録ーーコトヒキ

2_69

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    コトヒキ
釣った日  昭和60年8月4日
サイズ   35.2センチ
釣った場所 愛媛県由良半島 
      油袋(ゆたい)
釣り方   投げ釣り

夏休み休暇を利用して、愛媛県南部の宇和海で、2泊3日のひとり釣行。
1日目は、由良半島の南岸の港で、夕方の5時から夜の10時までの5時間、投げ続けてコトヒキ1匹、アナゴ2匹、小ダイ5匹、カワハギ1匹、ササノハベラ5匹。最も引きが強かったのが、コトヒキだった。喜んでいいのかどうか、分からん。

翌日は磯が低いので、滅多に上がれない裸島のチョボに渡船しての釣り。大いに期待したが、結果は木っ葉グレだけで、たいした釣果なし。カワハギ10匹を網ですくってウサ晴らし。情けない。

3日目も宇和海の波止をウロウロしたが、たいした釣果無し。3日間釣り続けて良かったのは、このコトヒキだけ。

12月 14, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

兄貴とお茶

Kimg_3094

昨日、久しぶりに近所にいる兄貴とお茶。

最近通っている歯医者から、「小学1年生の孫が釣りをしたいといっているので、教えてほしい」と言われたが、即座に「この時期には無理です」と言ってしまった。無理なのは本当だが、もっと違う言い方があったかと反省した。
だが、兄貴も「この時期に子供に釣りを教えるのは無理」と同意してくれた。小さい子供が釣りを始めるなら、秋のサビキ釣りか、初夏の砂浜でのチョイ投げ釣りがいいと思っている。

その時期なら、子供に100パーセント釣らせる自信がある。子供が釣りを好きになるかどうかは、最初に釣りに行ったときに釣れるか釣れないかが大きく左右するはず。子供に釣りを教えたいと思っている人がいたら、来年の初夏まで待ってください。

 

12月 13, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

回文 徳井さんとイシダイ

Isidai1894ls

今回の回文は、まず、徳井さんから。

「酔い泣く。徳井義実寂し。良い功徳無いよ」
「そうよ、震撼徳井が行く。鈍感症ぞ」
徳井さん、好きだったけど、今、どうしているのだろうか。

魚の回文はイシダイです。

「毎日黒々イシダイ会いたし、色黒口に今」
口が黒くなったイシダイに会いたい。

「さぞ、いいイシダイ会いたし。いい磯さ」
いい磯に行くと、イシダイに会える確信みたいなものが…。

「抱きつき、サンバソウは嘘。万策尽きた」
万策尽きて、サンバソウでも抱きつきたい。

12月 12, 2019 言葉遊び | | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーーネズミゴチ

1_20190621101201 2_20190621101201

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ネズミゴチ
釣った日  平成13年7月8日
サイズ   28.1センチ
釣った場所 徳島県鳴門市折野の波止
釣り方   投げ釣り

香川県でネバゴチと言われていたネズッポ科の魚を、投げ釣りクラブではノドクサリとして扱われていた。しかし、ノドクサリという標準和名の魚はいないと知ったのは後年。

車が乗り入れできる大きな鳴門市折野の 波止で、探り釣りした。1時間だったが、25センチの良型キスを始め、アタリがよくあった。

釣り師は一度いい目に会うと、その釣り場に再び必ず行く。犯人が犯行現場に戻りたくなる気分みたいなことかと思うが、犯人になったことがないのでわからない。とにかく1週間後、ちゃんとした投げ釣り道具をそろえて行った。すると、大きなノドクサリが9匹ほか、キス、ベラなど8匹。どれもサイズがよかった。

さて、この時に釣ったノドクサリの正式名が長い間分からなかった。今回、図鑑とにらめっこした結果、この魚はネズミゴチと判定した。尻ビレが黒いことが決め手になった。尻ビレが黒いネズッポは、他にもいるが、尾ビレの長さなどから、ネズミゴチに間違いない。

12月 11, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

四国新聞欄 令和元年11月7日

Zh311107

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

令和元年11月7日掲載分です。

 

12月 10, 2019 釣りと魚のニュース | | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

ヨッさんからアオリイカ

Kimg_3089-2

久しぶりにパソコンをたたいていたら、ヨッさんから電話。「着いたでー」というので、何のことかと思ったら、アオリイカを持って家まで来ています。1キロ級で、良型です。熊ちゃんと高知県西部に行って、二人で8匹の爆釣だったとのこと。ヨッさん5匹、熊ちゃん3匹とのこと。

行く途中に買ったエサの活きアジは小さくて痩せていて、ほとんど使い物にならず。熊ちゃんが片ちゃんからの要望で木っ葉グレを釣ったのが、エサとして最高だったとのこと。何が幸運をもたらすか、分かりません。もし、木っ葉グレを釣るためのオキアミをもっていっていなかったら、イカも釣れなかったかもしれません。

何はともあれ、2日続きの徹夜明けにわざわざ持ってきてくれたヨッさんに感謝です。

12月 9, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録ーートビヌメリ

1_20190621093701 2_20190621093701

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    トビヌメリ
釣った日  平成28年7月10日
サイズ   13.3センチ
釣った場所 香川県東かがわ市
      小松原海水浴場
釣り方   チョイ投げ釣り

夕方から鳴門市で豆アジを釣る前に、ちょこっと白鳥町でチョイ投げ。ここで釣れるネズッポのちゃんとした魚種を検証するためである。だから、ここでの釣りは30分。対象の魚が釣れればいいのだから。
頭部や背びれの文様ゃ、お腹の色からトビヌメリと判明。もっと大きいのを釣っているはずだが、何故かこのときのサイズ記録しかない。この魚に対する興味が、この程度しかないってことに今気が付いた。トビヌメリさん、申し訳ない。
読者の皆さんは、奥さんの髪の長さや髪型が変わったら気づくくらいの興味は持っていてあげてくださいよ。

 

12月 8, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1999年9月

 Z199909_20190917090201

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

12月 7, 2019 言葉遊び | | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

お魚グッズコレクションーⅢ414

34143-s

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

フィギュア

入手年月 平成25年8月24日

入手場所 上海

入手金額 80元 1280円

寺戸さんからの贈

 

 

12月 6, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーーコウイカ

1_49 2_73

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    コウイカ
釣った日  平成25年10月10日
サイズ   胴長 9.4センチ
釣った場所 香川県高松市沖 小野ちゃんの船釣り
釣り方   テンヤとスッテ釣り

3_42

同じクラブの小野ちゃんの船で、イイダコ釣り。乗船者は、石塚さん、オカテッちゃん、私と、船主の小野ちゃん。
釣り場は高松港を出てすぐが、最高のポイント。潮に乗って、2キロくらい一流しする間に1時間で20匹以上。これなら100匹は固い。

ところが、一流し後は、潮がガンガン流れて釣れなくなった。午前8時から4時間頑張って、イイダコ30匹に、コウイカ2匹。これだけ釣れれば、老釣り師(私)とその美人妻の2人暮らしには十分である。

イイダコはイイダコテンヤよりも、片ちゃんに勧められて買っていた、イカ釣り用のイカスッテに釣れることが多かった。この情報を釣り具メーカーに伝えて一儲けしようと思ったが、すぐにイイダコスッテが売り出された。釣り具メーカーはすごい。

コウイカは、高知県の大月町でのアオリイカ狙いで釣れたコウイカのほうが、ずっと大きかったと思うが、サイズの記録がないのでしゃーないわ。記憶に残るだけの記録は自分でも認めない。きっぱり! 立派でしょ。でもないか。

12月 5, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1994年7月

19947

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

12月 4, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

お魚グッズコレクションーⅢ419

34193-s

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

楊枝立て(カワハギ)

入手年月 平成17年5月3日

入手場所 愛媛県今治市
     大三島

入手金額 550円

 

 

12月 3, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーークロホシイシモチ

1_20190920111601

魚種    クロホシイシモチ
釣った日  平成26年7月19日
サイズ   10センチくらい
釣った場所 愛媛県宇和島市大浜
      離岸堤
釣り方   ふかせ釣り

高松黒潮クラブのヨッさん、猪ちゃん、西脇さん、私の4人で、宇和島市大浜の離岸堤での徹夜釣りに挑戦。4人それぞれがそれぞれのエサで違う魚を狙う。ヨッさんはイカ狙い。エサのアジは私がサビキ釣りで調達。猪ちゃんはマムシでイシダイ狙い。西脇さんはグレ狙い。私は何でも狙い。

5_20190920112701 3_20190920112701 4_20190920112701

で、西脇さんが41センチのグレで1等賞。賞金なんてもんは当然ありません。2等賞は38センチのオオモンハタを釣った猪ちゃん。ヨッさんもイカをあきらめて35センチのグレ。私は33センチのグレで4等賞。

クロホシイシモチはネンブツダイとそっくりだが、下唇が黒いことで判別できる。写真ではエサのゴカイで分かりにくいが、下唇がかすかに見えていて黒い。
サイズ計測していないので、「10センチくらい」。私の「何でも狙い」の成果。

12月 2, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

四国新聞欄 令和元年8月15日

Zh310815

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

 

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

R1年8月15日掲載分です。

12月 1, 2019 釣り記録 | | コメント (0)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1998年9月

19989

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

12月 1, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

お魚グッズコレクションーⅢ100

31002

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

バッチ(スズキ)

入手年月 昭和60年10月15日
入手場所 高松市内の釣具店
入手金額 500円

11月 30, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年11月29日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録ーーコイチ

2_63

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    コイチ
釣った日  平成5年9月23日
サイズ   36.6センチ
釣った場所 香川県高松市 
      旧一文字波止
釣り方   投げ釣り

高松黒潮クラブのチヌ釣り大会。入賞は「チヌの部」と「他魚の部」の二つ。松原さん、宮崎さんと3人で高松港沖の一文字の波止で、他魚の部のセイゴ狙い。
だが、小アジがワンワンいて、釣りにならず。

そこで、投げ釣りでサイズを狙うことにした。釣れたコイチで、狙い通り「他魚の部」で優勝して、3000円の商品券をゲット。それにしても、最初から本命の「チヌの部」でなく、「他魚の部」狙いとは情けなくねえだろうか。

この日の私の釣果は、コイチ2匹、カサゴ19匹、メバル3匹、チヌ1匹、アナゴ1匹、アジ14匹。
これを見ると、どんな釣りをしていたかがさっぱり分からない。

11月 29, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1998年5月

19986

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

11月 28, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

お魚グッズコレクションーⅡ024

20242s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

 

キーホルダー(カツオ)

入手年月 平成3年9月23日

入手場所 高知空港

入手金額 618円

11月 27, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年11月26日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録ーーコイ

2_62

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    コイ
釣った日  昭和52年6月4日
サイズ   47.0センチ
釣った場所 香川県高松市郷東川
釣り方   ルアー釣り

当時、私はルアーでのライギョ釣りに凝っていて、小さなスピナーを投げると、1時間で50~60センチが2,3匹は釣れていた。

そのとき、スレで掛かったのがこのコイ。実はこのコイは3色の錦鯉で、見物人がワイワイと寄ってきて「かわいそうに」と言う声が聞こえてきた。「多くの人に囲まれながら、かわいい動物いじめをしている私」の感覚。しゃーないだろ。掛かったんだから。

このコイを生きたまま親父の家にもって行くとすごく喜んで、家の小さな池に泳がせていたが、10日くらいで死んでしまった。
親父が私にすまなそうに「死んだがあ・・・」と、申し訳なさそうに言う。それを持って帰って魚拓にした。10日間で痩せて縮んだサイスが47cmです。

11月 26, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1998年7月

19987

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

11月 25, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

お魚グッズコレクションーⅡ028

20282s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(イカ)

入手年月 平成8年7月16日
入手場所 松山道 石鎚山SA
入手金額 410円

11月 24, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年11月23日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録ーーベイカ

1_43 2_66

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    ベイカ
釣った日  平成24年8月19日
サイズ   胴長 6.9センチ
釣った場所 香川県高松港サンポート
釣り方   ウキ釣り

3_37

大きなナルトビエイを狙って、高松港サンポートに週3回は通っていたとき。写真は同じクラブの勇ちゃんのチヌ狙いの仕掛けにエイがかかり、孫に竿を持たせているところ。
何しろ畳半畳くらいの大きさなので、力がとんでもなく強い。
私も、掛けては切られ、寄せてもう一歩のところで切られと、数年間続いていた。

この日もエイ狙いで、2回掛け、1回はハズレ、もう1回は4号のハリス切れ。

そんなときに釣りバリに引っかかってきたのがこのイカ。餌のゴカイを食いに来たのだろうか。不運なイカさんです。

 

11月 23, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1998年8月

19988

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

11月 22, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

お魚グッズコレクションーⅡ034

20342s

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(カンダイ)

入手年月 平成7年7月3日
入手場所 高松市内
入手金額 100円

11月 21, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年11月20日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーークロホシフエダイ

1_41 2_61

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    クロホシフエダイ
釣った日  平成23年4月20日
サイズ   13.4センチ
釣った場所 高知県宿毛市
      宇津々木新港
釣り方   ふかせ釣り

大物がギャンギャン釣れるはずの四国南西部でも、暴風に近い北西風だと竿を出せる釣り場はほとんどない。京都の祇園祭の日に四条通りで喫茶店を探すより難しい。高知県宿毛市の宇津々木新港には巨大な造成中のケーソンが並んでいて、北からの風を遮ってくれる。
ここで、まずは 活きアジ泳がせて、アオリイカ狙い。全くアタリがないので、イカの竿を出したまま、ふかせ釣りをする。
そのときのエサトリが、このクロホシフエダイ。きれいな色に見とれた。イッテンフエダイとよく似ているが、クロホシフエダイには薄い4本の縦縞がある。
同じエサトリでも、スズメダイのような煤けた老人カラーよりは、ピチピチ嬢のようなカラーのエサトリの方が楽しい。当然です。

3_36

ふかせ釣りは50センチ以上のチヌ狙いが目的。ガンガン引く魚が掛かったので、期待したがボラ。それも60センチを越えるボラ。そりゃあ、引くわ。
もう1匹60cmオーバーのボラが釣れた。

11月 20, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1993年11月

Z199311

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。ふふ。

11月 19, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

お魚グッズコレクションーⅡ052

20522s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(サメ)
入手年月 平成5年12月24日
入手場所 高松市 コトデン片原町駅
入手金額 515円

11月 18, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年11月17日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録 クロサギ

2_19

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    クロサギ
釣った日  昭和58年8月27日
サイズ   26.2センチ
釣った場所 愛媛県宇和海の西海
      外泊の港
釣り方      投げ釣り

女房、娘と3人で家族旅行。クーラーのない車をブイブイ言わせての遠出。高松市を出て高知市で1泊。さらに足摺岬で1泊。
その後、愛媛県の西海外泊の民宿で宿泊。夕食後、10歳の娘と港に出てゴカイで投げ釣り。
この魚は口を引っ張れば伸びる。サイズを測るときに口を引っ張っておけば2センチは大きくなったはず。残念…、でもないか。

30分でこの魚が2匹。家に帰ってから図鑑で調べて名前を知った。

11月 17, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1999年2月

Z199902

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

11月 16, 2019 釣り大会手伝い | | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

お魚グッズコレクションーⅡ055

20552s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(イシダイ)

入手年月 平成5年2月
入手場所 高松市内
入手金額 700円

11月 15, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年11月14日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーークロメジナ

1_42 2_65

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    クロメジナ(俗称 オナガグレ)
釣った日  平成29年5月20日
サイズ   28.9センチ
釣った場所 愛媛県宇和海の磯
      いるか越ヒラバエ 
釣り方   ふかせ釣り

翌日の四国磯連大会にあわせて、宇和海南部の磯に渡船して、ひとり釣行。翌日の大会日はウニのエサでイシダイ狙いの予定だが、この日はのんびりとオキアミのエサでふかせ釣りして、あわよくば50センチ超のチヌ狙い。
ここはヒブダイが多い磯で、この日も40センチの小型が2匹。チヌは42センチが釣れただけで、これはリリース。

オナガグレはこの記録魚とぴったり同サイズが3匹。45年間の釣り人生で、オナガグレの記録がこのサイズでは情けないことを認めます。

このグレを釣った時は入れ食いで、これからもっと大きいのが来る予感。その予感に酔って、あせってバッカンを足で蹴ってしまった。ずるずると海に落ちていき、バッカンはどうにか回収したが、中に入っていた撒き餌はすべて海中に。もしこれがなかったら、60cmのオナガが釣れていた気がする。なんとなく、ですけど。

11月 14, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1999年6月

Z199906

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

11月 13, 2019 言葉遊び | | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

やっと役に立った魚類図鑑

Kcimg3905 Kimg_3020

「なんでも自己記録」を整理していて、外国で釣った魚を忘れていました。その中の1匹が、オランダのアムステルダムで泊まったホテルの前にある水路で釣った、フナのような魚。ところが、この魚の正式名が分かりません。

ネットで調べても、なかなか出てきません。やった見つけたのが、オランダで同じ魚を釣った人がいたが、その人も魚の名前が分からないとのこと。

ふと、昔買った4万8000円もする「原色魚類大図鑑」が、書斎の書棚にあることを思い出しました。名前の通り1000ページ以上ある大図鑑です。その中に見つけました。「ヨーロッパ北部、東部の水の流れの緩やかなところに生息」とあり、「背中は黒く、腹は淡い銀灰食」もぴったり。もちろん魚の形、背びれもぴったり。間違いありません。名前は「ブリーム」。やっと整理が出来そうです。

11月 12, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーーメジナ

1_40 2_59
私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    メジナ(俗称 口太グレ)
釣った日  平成18年11月13日
サイズ   50.2センチ
釣った場所 愛媛県宇和海の御五神島磯
      菊池バエ
釣り方      カゴ釣り

愛媛県宇和島市の御五神(おいつかみ)島の磯にひとり釣行。エサを買った宇和島市の釣具店、渡船の船頭も「ふかせ釣りはダメ。カゴ釣りをせよ」とのこと。下りた磯は菊池バエ。いい磯である。とりあえず、ハリス8号でハマチ狙い。

ところがこの日は、エサトリの竜宮城になっていて、ウキを5メートル流したら、もうエサがない。
それでも5時間かごを投げ続けていると、スーッと大きなウキが沈んて行く。グレである。カゴから落ちるオキアミに目がくらんで、8号ハリスが見えなかったかわいそうなグレ。私にはうれしい50センチ越えです。5時間のカゴ投げ努力の結果である。

西日本磯釣り協議会のカラー全面表紙になったのも、私のささやかな自慢。

3_35 当日の釣果、グレ1匹、ウスバハギ50センチ2匹、イシガキダイ30センチ1匹、ニザダイ40センチ2匹。

11月 11, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

江戸時代の殿様より贅沢なんかなあ

Cimg0297

朝は少し寒さを感じるようになりました。温水器から出てくるお湯で顔を洗っていると、いつも思うことがあります。こんなことは江戸時代の殿様でもできなかった贅沢じゃないか、と。もちろん殿様もお湯を沸かしてもらって顔を洗っていたと思うが、部屋全体を暖房したり、防寒着のダウンで体を包むこともできなかったはず。

そんなことを考えるのは、たった60年前の、私が子供のころの冬には、寒々とした部屋で炬燵もなく、ただ震えていたからです。だから、一層現在の贅沢な環境に感謝する。

釣りでも、殿様釣りという言葉があるが、お金がたくさんあって、釣り好きの殿様でも、現在の釣り師が楽しんでいることの100分の一も楽しめなかったと思う。

車で300キロ走って釣りに行くことはできないし、昔の小舟では荒波の太平洋の磯で釣りをすることもできない。釣り道具や多様なエサも簡単には調達できなかったはず。そんなこんなことを考えながら、「ああ、感謝」と思う日々です。ふふ。

 

11月 10, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

お魚グッズコレクションーⅢ999

39993-s

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

ボールペン

入手年月 平成18年9月4日

入手場所 北海道

入手金額 ー円

寺戸さんからの土産

 

11月 9, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録ーークマノミ

1_38 2_56
私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    クマノミ
釣った日  平成27年10月24日
サイズ   15.5センチ
釣った場所 愛媛県愛南町久家の波止
釣り方   ふかせ釣り

四国磯連の大会前日、ちょっとだけ活きアジをエサにしてアオリイカ釣りをしたがアタリ無し。
そこで年なしのチヌを狙って愛媛県旧西海町の久家(ひさげ)の波止。木っ葉グレしか釣れず。

クマノミはかわいらしい。すぐに逃がしてやりたいが、とりあえずサイズ計測だけはさせてもらった。これまで、クマノミを数匹釣ったが、15.5センチは飛びぬけて大きい。興味ない?
クマノミを熱帯魚店の通販で検索すると、1匹2000円くらいしている。この日のエサのオキアミ代より高価。

3_32翌日のイシダイ狙いは、大きくはないがたくさん釣れて、気持ちのいい釣行だった。

11月 8, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーースマ

2_20190923090501
私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    スマ
釣った日  平成12年10月1日
サイズ   39.1センチ
釣った場所 愛媛県由良
      磯 地釣り
釣り方   ふかせ釣り

高松黒潮クラブと交流のある東広島黒潮クラブとの交流釣り大会。

私はヨッさん、片ちゃんと地釣りに下りた。当時は海賊船が多かったので、場所取りのため磯に渡ったのはなんと午前3時。釣れたのはスマ以外に、54センチのウスバハギ、小型のイシガキダイ、カワハギなどだが、参加者13人中7位で、賞金3000円。何の魚で7位になったかは不明だが、よくまあ、こんな釣果で7位になれたもんだ。

ヨッさんは43センチのイサキを釣っているので、もっと上位だったはず。猪ちゃんは大きなアオブダイを釣っていた。昔はこの魚をよく見たが、最近は釣り大会でもあまり見なくなっている。

3_20190923090501 4_20190923090501この日に片ちゃんが、私が掛けた魚を玉網ですくっているところを背後から撮ってくれた写真が、このブログの表紙の上に使われている。私の表紙は、特別にシステム、通信会社のSTNETのデザイナーが、私が渡したいくつかの写真を使って作ってくれている。だから、多くあるブログの中では、結構シャレていて、カッコイーと自負している。

11月 7, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

わがまま酒宴

Limg_2969 Limg_2970

久しぶりに熊ちゃんの割烹「くるみ本店」に集まりました。宝山さんはいきなり「明日は胃カメラやから、酒はあかん」とひとりだけ、麦茶で乾杯。そんな日に来てくれて、申し訳ない。「すまんのう」というと、「気持ちが入っとらん」と見透かされてしまいました。得意のサヨリ釣りは、「たくさん釣れていると、漁師が刺し網を入れてしまい、10匹しか釣れんようになる」とぼやき。

集まった人の顔を見ると、話題は当然体調の話になるかと思いきや、今日は不思議にその話はほとんどない。

ヨッさんは家近くに捨てられていた猫を飼い始めた話。すでに1匹飼っているのに、その猫との調和が面白い。1か月の子猫はすでに「待て」と「お手」ができるらしい。笑っちまいました。ただ、猫を病院に連れて行ったり、猫の食事ですごい金がかかっていて、年金暮らしにはきついとぼやいています。片ちゃんが、「そんなに面倒ならいい方法がある。庭に穴を掘ればいい」と物騒なつぶやきに大笑いです。

夫婦で来た猪ちゃんは、相変わらず4キロを毎日歩いているらしい。「歩くのは、酒を飲むための言い訳みたいなもんやあ」とあっさり。奥さんが頼んだザクロサワーを味見したりして、夫婦仲をちらりと見せつけます。

不思議に釣りの話が、あまり出てきません。オカテッちゃんが「八幡浜にいいところがある」とアオリイカ狙い計画を言ってくれるが、どうにもなりません。

私のわがまま酒に付き合ってくれたことに感謝。

 

11月 6, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

イセエビをいただき

Limg_2951s Limg_2956

赤澤名工が徳島県南に釣りに行って、船頭からもらったという立派なイセエビをいただきました。その後、石塚さんも一緒に、3人でお茶。
「病気と病院と薬の話はしない」と決めました。

赤澤名工はイサキ狙いで船釣りをしたけど、小さいのが2匹だけとパッとしない話。最近、私は釣りに行けてないので、どうしても昔のことの話になります。こっそりイセエビ釣りをした話、種子島まで3人で4泊5日の釣行したときのこと、女木島での釣りなどなど。

その日の夕食はもちろんイセエビ三昧。身はバター炒めにし、頭とガラでイセエビ汁。以前にも赤澤名工からイセエビをもらったことがあったが、その時のイセエビ汁はあっさりしていて旨くなかった。これは頭だけを入れて、シャンシャンと短時間煮ただけだったのが誤り。赤澤名工からガラを砕いて全部入れて30分以上グツグツしないいけないといけない、教えてもらった。

そのおかげで、今回の汁は濃厚で、シャカリキに旨かった。写真を見ただけで分かると思います。

11月 5, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1994年8月

19948

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

11月 4, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

アオリイカをいただき

Limg_2949-2

オカテッちゃんがイカ釣りに行っていたのは、ラインで知っていた。釣れたのは数匹だったらしいが、持って帰ったのはまあまあの方の1匹だけ。他はすべて逃がしたらしい。くれたのは、1キロ弱あります。その貴重な1匹を家に帰る途中に立ち寄ってくれました。ふふ。

イカのスミものけてくれています。ま、「イカが釣れたら…」とお願いの約束だったので、その履行です。申し訳ないが、ま、仕方ないことですわ。

 

 

11月 3, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録ーーイシガレイ

2_64

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    イシガレイ
釣った日  昭和58年6月18日
サイズ   22.3センチ
釣った場所 香川県高松市本津川河口
釣り方   投げ釣り

本津川で投げ釣りすると、とんでもないことが起きた。アイナメが入れ食いで、なんと100匹を大きく超えて141匹。信じられなーい。3本の竿を出していたが、アタリが出て巻き上げていると他の2本の竿がガタガタと引き込まれそうになる。それを足で踏んづけての釣り。こんな至福の忙しい釣りは、50年の釣り歴でもダントツに記憶に残る釣りだった。
新子ではなく16センチから18センチくらいなので、産卵に集まったのかもしれない。そのシッチャカメッチャカの中で釣れた1匹のイシガレイが、この自己記録魚。

それにしても、自分ながらイシガレイの記録22.3センチは情けないと思う。本格的な投げ釣りをしていないので仕方ない。バスプロでも海魚のグレの記録は釣ったことがないか、大したサイズ記録ではないと思う。言い過ぎだろうか。

11月 2, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1994年9月

19949

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

11月 1, 2019 閑釣万釣 | | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

お魚グッズコレクションーⅢ999

39992

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

フイギャア(ウツボ)

入手年月 平成27年6月23日

入手場所 新屋島山上水族館

入手金額 730円

10月 31, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年10月30日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーーメイタガレイ

1_33 2_51

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    メイタガレイ
釣った日  平成17年8月21日
サイズ   28.4センチ
釣った場所 香川県志度沖
釣り方   船釣り

4_20190820185301 3_20190820185301

同じクラブの片ちゃん、猪ちゃんと3人で、佐々木船頭の船。
キス狙いの予定だったが、うねりがあってポイントの小豆島沖に行けないため、高松港から東に20キロの志度沖で竿を出した。

猪ちゃんが好調で一人でマダイを56センチを含んで3匹。チヌも40センチ級を4匹。
私の釣果は、チヌ2匹、キュウセン6匹、キス28.4センチを含む5匹、カサゴ3匹にこのメイタガレイ、とまあまあの釣果。メイタガレイを釣ったとき、船頭が真顔で1匹2000円はすると言われて、今までしたことがないような丁寧さで、そっとハリをはずした。ネットで調べると、確かにそれぐらいの値段になっていたが、近所のスーパーで同サイズが400円で売っているのを見て、ガックリ来た。

10月 30, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

四国新聞欄 令和元年10月24日

Zh311024

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

R1年10月24日掲載分です。

10月 29, 2019 釣りと魚のニュース | | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

四国新聞欄 令和元年10月10日

Zh311010

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

R1年10月10日掲載分です。

10月 28, 2019 | | コメント (0)