2016年12月 4日 (日)

アジ6匹をいただきました

Icimg9569昨日の夕方、近くにいる石塚さんから電話で、「アジがいるか」とのこと。ホームグラウンドの女木島に行っていたと言います。「いる」といったら持って来てくれました。

「2匹でいい」と言っていたのに6匹。サイズは岸からの釣果としては20センチ超えの良型です。アオリイカに使う餌としてはヨッさんが喜ぶサイズです。すべて、頭を落として内蔵も取ってくれています。ありがたい。

アジが1匹釣れたのでサビキ仕掛けにすると、入れ食いになったらしい。最も多いときは6本バリに5匹。そりゃあ、嫌になるほど釣れるはず。

つづく・・・。

続きを読む "アジ6匹をいただきました"

12月 4, 2016 釣友 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

おもしろ事典 「バカ釣り」

Cimg4428バカ釣りとは、たくさん釣れること。「バカでも、バカバカ釣れて、バカらしくなる釣り」。

入れ食いになって、ムチャクチャに釣れることは、釣りバカの望みであり、夢である。釣りに出発するときはいつも、バカらしくなるくらい釣りたいと思う。しかし、夢が現実になって釣れすぎると、、本気でバカらしくなる。

平成15年に渦潮で有名な徳島県の鳴門海峡で、23センチ以上の良型メバルが、5人で400匹以上釣れた。その釣果を船の甲板にぶちまけたとき、「そこまで殺生せんでもええやろ」と、ちょっぴり自分を責めた。

つづく・・・。

続きを読む "おもしろ事典 「バカ釣り」"

12月 3, 2016 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

サワラの大物申請がありました

Zimg132香川県釣り団体協議会の青木会長から電話。「サワラの大物申請を預かった。現在、近くまで来ている」といいます。私は外出中だったので、郵便受けに入れてもらいました。

今回の大物はサワラ。それが超ビッグサイズの119センチ、8.1キロ。それも船からではなくて岸壁からのルアー釣りというのだから驚きました。

釣ったのは丸亀市の青井満さん。釣った日は11月8日。場所は多度津町の西護岸だそうです。香川県ではサワラは高級魚で、スーパーでも高い値段が付いています。この重さだとどれくらいするのでしょうか。

つづく・・・。

続きを読む "サワラの大物申請がありました"

12月 2, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

釣りと魚のなぞなぞ遊び アオリイカ

Ika0068久しぶりのなぞなぞ遊びです。お付き合いください。

「アオリイカ釣りと掛けてナニと解く」
「パチンコと解く」
その心は「ツキ(月、ツキ)が出ると、ジャンジャン」

春のアオリイカ夜釣りは月が勝負。

「アオリイカ釣りと掛けてナニと解く」
「寒い日のデートで彼女に自分のジャケットをかけると解く」
その心は「かけるタイミングが勝負時」

アオリイカのエサ釣りは掛けるタイミングが難しい。仕掛けの工夫があれば簡単方向に近づきます。ふふ。

つづく・・・。

続きを読む "釣りと魚のなぞなぞ遊び アオリイカ"

12月 1, 2016 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

超旨いアジ

Kcimg9508赤澤名工がイセエビをくれたとき、釣ってきたイサキ1匹とアジ2匹もくれました。そのとき、赤澤名工が「このアジは太っているだろ」と何度か言います。

私にはあまり太っているようには見えず、そんなもんかなあと思ったが、ハラワタを出していて赤澤名工が言っていたことが分かりました。

Kcimg9512内臓には脂肪がたっぷりと入っています。グレやイシダイでは見たことがあるが、マアジの内臓で見たのは初めてです。ふふ。

つづく・・・。

続きを読む "超旨いアジ"

11月 30, 2016 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

お魚マンホール アンコウ

Zankouマンホールのデザインにアンコウがあるのがないか、ネットで調べました。すると茨城県北部の北茨木市のマンホールにアンコウがありました。

最初にこのマンホールを見たとき、ナマズかと思いました。と言うのは、西日本ではアンコウはなじみが薄い魚です。「西のフグ、東のアンコウ」ということわざがあるように、アンコウは東が中心。

マンホールには「北茨城市」ではなくて、「ひらかた」の地名が入ってています。調べるとひらかたは「平潟」のようです。関西人には馴染みやすい大阪の枚方じやない。ふふ。

つづく・・・。

続きを読む "お魚マンホール アンコウ"

11月 29, 2016 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

イセエビを味噌汁、贅沢

Kcimg9520赤澤名工からもらったイセエビを、味噌汁にすることにしました。料理方法はネットで調べました。私が調べたのには、15分から20分間灰汁を取りながら水から煮る、とあります。

ところが、「山ノ神」が調べたのでは、弱火で煮て、灰汁が出ないように絶対に沸騰させてはいけない、とあります。なんやかんやで、てんやわんやです。「山ノ神」が調べるのは、よほど熱意がある証拠。

身は別の料理にする予定もあったが、なんやかんやで、味噌汁にぶち込むことにしました。以前、味噌汁にしたとき身が固くなって味がしなくなったことがあるので、身は早めに取り出しました。

つづく・・・。

続きを読む "イセエビを味噌汁、贅沢"

11月 28, 2016 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

赤澤名工からイセエビ

Kcimg9510昨日、赤澤名工がイセエビを持ってきてくれました。立派です。見ているだけでつばが出てきます。ふふ。

6匹持って来てくれたが、そのうち2匹は近くに住んでいる石塚さんにあげたので、私は4匹。もちろん生きています。さて、どう料理しようか。

「山ノ神」がイセエビを見て真っ先に言ったのは、イセエビの味噌汁。これは脳みそから出てくる旨みがとんでもないのです。身はまだどうして食べるのか、決めていません。

つづく・・・。

続きを読む "赤澤名工からイセエビ"

11月 27, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

回文 坂本冬美 イシダイ

225芸能人の名前を入れた回文です。今回は坂本冬美。
「泣くわ。坂本冬美見ゆ。ふー、友が騒ぐな」
アナグラムでも作ってみました。
「ふと、痒さ もみ」

もちろん魚と釣りの回文も。というより、こちらがメインです。ふふ。

「願いは釣りたいか。イシダイいたし、イカいた。立派イカね」
イシダイ釣りとイカ釣りのセットが私の願い。

「寝たらイシダイだ。シイラだね」
寝ていたのでは釣れてもせいぜいシイラ。

つづく・・・。

続きを読む "回文 坂本冬美 イシダイ"

11月 26, 2016 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

おもしろ事典「胴突き釣り」

Kawahagi0702仕掛けの一番下にオモリを付け、その上に枝バリを出す釣り方。カワハギ釣りに良く使う。胴付き釣りとも書くことがある。
「どんなにエサを取るのが、うまい魚でも、ツンとくれば、きれいに掛かる釣り」

胴突き釣りは、普通はウキを使わない。だが、磯でアイゴを釣るときは、ウキ釣りで胴突きにするといいときがある。一番下に2~5号のオモリを付けて、直径3センチくらいの大きなウキを使う。

アイゴはエサを取るのが上手なので、ウキは感度がいい小さいウキがいいような気がするが、これが反対である。経験からいうと、大きい玉ウキの方がゴボッと沈んで掛かる確率が高い。小さいウキだと、確かにアタリは良く出るが、スカばかりくらう。その理由は分からないが・・・。

つづく・・・。

続きを読む "おもしろ事典「胴突き釣り」"

11月 25, 2016 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

北西風が強いです

Kcimg9506南国四国の高松市でも、街路樹が赤くなりどんどん葉が落ちていて、道路沿いの家は毎朝その掃除に大変です。冬が近くなっていることを感じます。

先々週サヨリ釣りをしていて発見したウミタナゴの群れが目に浮かんで落ち着きません。そこで一昨日、釣りに行こうとエサを買いに釣具屋にいきました。北西風があると思ったが、家の前だと風をほとんど感じません。

ところが釣具屋の駐車場で車を降りて、びっくりしました。強風です。釣具屋は海に近いのです。しばらく、店の前で考えました。ふふ。

つづく・・・。

続きを読む "北西風が強いです"

11月 24, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

回文 松方弘樹 エサ

Pcimg3640上から読んでも下からよんでも同じ文章になる回文です。まずは、松方弘樹さんの名前を使った回文とアナグラム。

回文 「率よく生きろ! 日だ勝つ舞い、松方弘樹、行くよ釣り」
アナグラム 「暇 尽きたかろ」

松方さんは現在療養中。早く釣りに戻れるように・・・。

では、釣りの回文。今回はエサを使って作ってみました。

「至難。ガンガゼウニ失(う)せ、カン、カン、無し」
ウニを入れたバッカンをうねりに流されたのでは、イシダイアタリのカン、カンはありません。

つづく・・・。

続きを読む "回文 松方弘樹 エサ"

11月 23, 2016 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

内藤さんから男女群島写真

Znaito2s金沢在住の内藤さんからは、1年に2回、「これから男女群島に行ってくる」。そして、「男女群島から今帰っているところ」と、車の中から行くときと帰るときはたいてい電話があります。

今回は50センチのイシダイ2匹を含めてイシガキダイとあわせて、11匹が釣れたとの報告。メールで送ってくれた写真を見ると、高級魚のアカハタも釣れています。

電話が掛ってくると、メールで写真を送ってくださいとお願いします。今回も4枚送ってくれました。

つづく・・・。

続きを読む "内藤さんから男女群島写真"

11月 22, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

「釣りバカ日誌番外編 新入社員浜崎伝助②」

Ycimg40988月の始めに「釣りバカ日誌番外編 新入社員浜崎伝助①」を読んでから2ヶ月がたって、ようやく②を読みました。ま、いろいろと忙しいのです。

昭和40年代後半に新入社員となった浜ちゃんの、会社生活の話です。浜ちゃんはまだ釣りを始めていないときの話だし、結婚相手とようやく出会ったときのこと。私の青春とも重なります。私も釣りを始めたのは就職してから5年後でした。

今回の漫画の内容も、現在では考えられない接待があったりして、私にはなつかしい内容です。いい時代だったなあ、と言うと叱られるかも・・・。ふふ。

つづく・・・。

続きを読む "「釣りバカ日誌番外編 新入社員浜崎伝助②」"

11月 21, 2016 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

おもしろ事典 「しゃくり釣り」

Harisenbon7165しゃくり釣りとは文字通り、仕掛けをしゃくって、エサを躍らせるようにしての釣り。し、や、く、り、を使って説明すると「しっかりとか、やんわりとか、クイックイッと、リアルにエサを動かす釣り」。

魚は動くものに興味を示すもの、と釣り師は信じている。そこで「エサよ、動け」とばかりにやたらとしゃくることになる。釣り師がボヤーッとしていると、エサまでボーっとして、魚に目立たないと思うからである。

魚に目立つように仕掛けを動かせるということには説得力がある。しかし、あるとき船釣りに一緒にいったヤツのしゃくり方を見てびっくりした。

つづく・・・。

続きを読む "おもしろ事典 「しゃくり釣り」"

11月 20, 2016 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

天気がいいのでサヨリ狙い(2)

Lcimg9493本津川尻にサヨリ釣りに行って、釣果は1匹のみ。その後1時間半は全くアタリがありませんでした。しかし、この1時間半に竿を出していた意義がありました。

まず、めまぐるしく変わる潮を見ながら、仕掛けを投げる方向と距離をかえて試してみることができました。そして、釣れる潮は前回釣れたときの経験と合わせて考えると、一定のことがわかりました。

Lcimg9492手前はどうしても小フグが釣れます。足元にアミエビを撒いてみると、数十匹のフグが寄ってきたのにはびっくりです。他にも、収穫がありました。

つづく・・・。

続きを読む "天気がいいのでサヨリ狙い(2)"

11月 19, 2016 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

天気がいいのでサヨリ狙い

Lcimg9486天気がいいので、急遽釣りに行くことにしました。風も無く快晴なので、サヨリ釣りには不適だが、釣れなくてもいいからのんびりと竿を出したいと思うとサヨリ釣りになります。

行った場所は以前30分で3匹の良型サヨリが釣れた本津川尻です。4キロ沖には女木島、その手前には最近敷設したノリ養殖のブイが並んでいます。我が家からだと6分で到着。投げ釣りをしている人が一人いるだけ。私のポイントはあいています。

まずはサヨリを集めないといけないので、30分はカゴにアミエビをつめて何度も投げるつもりです。一人でのサヨリ狙いはサヨリを集めるためにこういうハンディがあるが、今の私にはのんびりと一人がいい。

つづく・・・。

続きを読む "天気がいいのでサヨリ狙い"

11月 18, 2016 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

回文 イモトアヤコ 磯釣り

Fukaura7633上から読んでもしたから読んでも同じ文章になるのが回文。ただし、ハ、バ、パなど清音、濁音、半濁音は同じとみなすのは、大昔からのルール。

まずは、イッテQのイモトアヤコさんで回文とアナグラムを作ってみました。
回文「夜、イモトアヤコやあ、友いるよ」
アナグラム「恋も後(あと)や」
一所懸命さが分かる作品になりました。ふふ。

それでは本命の釣りと魚です。

「朝は釣り続け、俺グレをゲッツ。立派さあ」
なかなかいい回文ができたと自分では思っています。

つづく・・・。

続きを読む "回文 イモトアヤコ 磯釣り"

11月 17, 2016 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

お魚マンホール 伊勢えび

Ziseebiお魚がデザインされているマンホール探しで、イセエビを探してみました。すると、三重県志摩市の旧浜島町のマンホールが見つかりました。

そのデザインを見て、10年以上前のことを思い出しました。それは、新聞で「日本一大きい伊勢えびの像」がこの町にあるという記事を見て、それを見に行ったことです。

実際に見ると、伊勢えびは大王の名前が付いている通り、伊勢えびの像というよりも、伊勢えびが擬人化された人間像で、ちょっとがっかりしたのを覚えています。ふふ。

つづく・・・。

続きを読む "お魚マンホール 伊勢えび"

11月 16, 2016 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

脈釣り竿の修理完了

Ncimg9440脈釣り竿が折れたので、釣具屋に修理のための部品取り寄せをお願いしていました。いつまでたっても連絡がないので「遅いなあ」と思っていたら、電話。

いきなり「保証書は見つかったか」といいます。それで思い出しました。部品取り寄せを頼んだ時に、私が「竿の保証書を探してみて連絡をする」と言っていたのをすっかり忘れていました。

折れたところの部品はとっくに届いていて、修理は終わっているとのこと。そこで保証書を探すとありました。免責金額2000円とあります。

つづく・・・。

続きを読む "脈釣り竿の修理完了"

11月 15, 2016 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

おもしろ事典 「帆掛け釣り」

Harisenbon7165帆掛け釣りとは、模型の帆掛け舟に仕掛けをつけて、流し釣りをする方法。ほ、か、け、で説明すると、「ほっといても、かぜ(風)が仕掛けを運ぶが、けい(経)験が大切な釣り」。

この釣り方は、関東の内海や霞ヶ浦で大正時代から行われていたという。対象魚はボラ、スズキが中心だが、食いついてくる魚は何でも釣れるわけで、チヌ、グレも釣れたらしい。

仕掛けは超特大で、ハリを40本から50本もつける。ま、延縄漁の変形とも言える。仕掛けは帆掛け舟が運んでくれるが、風の方向と強さがうまく合ってないとできない。そこで経験が大きくものをいう。

つづく・・・。

続きを読む "おもしろ事典 「帆掛け釣り」"

11月 14, 2016 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

釣り回文 ルアー

Umisuzume7082また、回文です。「またかあ」と言わないでください。また、なんです。

「トスでメタルジグ知るため、テスト」
ルアーはいかに正確に狙った場所にトスできるか、らしい。あまりやったことがないので、「らしい」です。

「釣れなく、タイラバで腹痛くなれっ」
タイラバはルアー釣りの中でも、特に辛抱がいるらしい。腹が痛くなるらしい。やったことがないので、あくまでも「らしい」です。ふふ。

つづく・・・。

続きを読む "釣り回文 ルアー"

11月 13, 2016 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

朝食は毎朝グレの塩焼き

Ncimg9454石塚さんがくれたグレは、彼がくれたときに豪語していた通りおいしかった。そのことはグレを2枚におろす時に何度も手が滑って脂が乗っていることがわかっていた。

もらった日の夕食に、「山ノ神」と半身ずつを塩焼きにして食べた。「山ノ神」は他の料理を用意していたが、急遽の変更。魚があまり好きでない「山ノ神」も「臭みが無くておいしい」。

「山ノ神」が味よりもまず臭みをいうのがおかしかった。魚嫌いの反応は想像できないわ。それでも予想通り脂が乗っていておいしかった。

つづく・・・。

続きを読む "朝食は毎朝グレの塩焼き"

11月 12, 2016 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

グダグダの釣行、ふふ(4)

Mcimg9459徳島県の鳴門市まで行ったが、全くアタリがないままさぬき市の山田海岸まで戻ってきた。正面の丸亀島に向かって遠投。潮はいい調子で流れている。

風が弱まっているが正面から吹いているので、遠投すると仕掛けが絡みやすい。それでも辛抱して投げるが、風のため以前釣れたポイントまでは届かない。

そこで、少し斜め方向に投げる。するとやっとアタリが出た。ただ、サヨリのアタリではなく、ウキが沈んだまま浮いてこない。合わせると、ハリがなくなっている。ということは、フグ。うぐぐぐぐ。これだけ努力してフグのアタリかよ。

ま、それでもアタリがあっただけで、これだけうれしいのはなんでだ。アホらしい自分がいる。

つづく・・・。

続きを読む "グダグダの釣行、ふふ(4)"

11月 11, 2016 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

グダグダの釣行、ふふ(3)

Mcimg9458東からの強い風で、釣り場を探して鳴門市の島田島にあるムサにやってきました。ここの沖には釣りイカダがたくさん並んでいて、そのイカダでは12月に例年サヨリが200匹、300匹と釣れる。新聞で毎年その情報を見るたびに、一度は来ようかと思うのだが、「サヨリでわざわざイカダに乗るのもなあ」と思い直す。

さて、風はほとんど気にならない程度。ここでようやく竿を出すことにした。この時点で、アオリイカ釣り、キスのチョイ投げ釣りはどうでも良くなっている。昨日、計画を立てたときの楽しい妄想ははかなく消えている。

とりあえず、サヨリ仕掛けで投げる。以前来ていたときは遠投がよかったので、思いっきり投げる。アタリ無し。ふむふむ。そんなに早くアタリが出るはずがない。30分は辛抱である。

Mcimg9457ところが、30分、40分、50分とアタリがない。100メートルほど離れたところでやっている人にもアタリがないようで、置き竿にしている。

このままここでやるべきか、大いに迷う。天気予報では風が弱まるとあったので、最初に行った山田海岸でも風が弱くなっているに違いない。さーて。山田海岸から1時間も掛けてやってきたのに、1時間もしないうちに止めてしまうのもどうか。釣り初心者の迷い道に入った。

つづく・・・。

続きを読む "グダグダの釣行、ふふ(3)"

11月 10, 2016 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)