2020年10月29日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録--ムツ

1_20190913093001 2_20190913093001

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    ムツ
釣った日  平成26年7月19日
サイズ   18.8センチ
釣った場所 愛媛県宇和島市大浜 離岸堤
釣り方     ふかせ釣り

5_20190913093101 6_20190913093101 7 9

ヨッさん、猪ちゃん、西脇さんと、私の4人で、宇和島市大浜の離岸堤での夜釣り。まず私は、ヨッさんがアオリイカ釣りをするためのエサにするアジ釣り。ヨッさんのパワハラです。これはすぐに達成。

その後、ペレットのエサでグレ狙い。33センチまでのグレが15匹といい感じ。みんな同じような釣果だったが、西脇さんが人生初めての40センチのグレ。猪ちゃんも40センチ弱のオオモンハタを釣って香川ギネスに登録。

この波止の魅力的な夜釣りに、その後も行きたかったが、私が体力不足になって、観念、残念、断念となってしまった。

10月 29, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録--ホンベラ

2_20190911092101

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    ホンベラ
釣った日  平成13年7月1日
サイズ   14.6センチ
釣った場所 徳島県鳴門市 折野海岸
釣り方     探り釣り

午前3時に家を出て、鳴門市折野の波止で、午前4時半から豆アジ狙い。港の中に向けて仕掛けを放り込む。狙い通り1投目からアタリ。47匹釣れたところでアタリが少なくなったので、サビキ釣りをやめて、ゴカイで探ってみた。

25センチのキスやベラなとで必ずアタリがある。アタリはあるが、ハリに掛かる率は少ない。この時釣れたのが、ホンベラの自己記録。このベラはこの波止で多く釣れたが、自己記録表にないのを発見。そこで、この日に釣れたのを自己記録とした。

この1週間後にも、鳴門市の泊浦で、午前5時半から豆アジを2時間で206匹。どんだけ豆アジ釣りが好きなのか、入れ食いが好きなのか。

 

10月 28, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録--ムラソイ

2_20190913095301

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ムラソイ
釣った日  平成29年12月14日
サイズ   17.1センチ
釣った場所 香川県高松市本津が護岸
釣り方     脈釣り

本津川河口の東側で、メバル狙い。アタリは頻繁にあるが、メバルは小さくてリリースサイスが2匹。その代わりカサゴが24センチを含めて7匹といい感じ。

10月 27, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーーカンムリベラ

1_20190910084801 2_20190910084801

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    カンムリベラ
釣った日  平成24年12月23日
サイズ   59.1センチ
釣った場所 高知県大月町沖ノ島
      磯 姫島 穴の口前
釣り方   ぶっこみ釣り

香川県磯連の沖ノ島での集中大会。2席の渡船をチャーターしています。参加者は52人と少ない。

理由はわからないが、アタリが全くない。釣り始めて2時間後、前触れもなく、いきなり竿先が海中に突き刺さりました。これが唯一のアタリで、カンムリベラ。サイズは60センチ近くあって、でかい。

他魚の部の入賞を期待したが、ヒラスズキとハマチに負けて入賞ならず。

10月 26, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録--ロクセンフエダイ

1_20190916082301 2_20190916082301

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ロクセンフエダイ
釣った日  平成23年9月13日
サイズ   18.0センチ
釣った場所 高知県大月町一切
釣り方     ふかせ釣り

四国のデザインマンホールの本を出版するために、各地の写真を撮っていて、この日は高知県山間部の土佐町、越知町内でマンホール写真を撮った。その後、翌日のイシダイ釣り場近くに行くため、高知県の西端まで走り、一切の波止でのんびり釣りをすることにした。撒き餌をするふかせ釣りも面倒くさいので、短い竿でのズボ釣りである。

2時間半で釣れたのはカワハギ4匹の他、エサトリが10匹。その中に初めて出会ったロクセンフエダイが3匹。

エサトリの中には美人とブスがいる。このロクランフエダイは鮮やかな黄色とおしゃれな黒点との調和が素晴らしい美人である。

10月 25, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録--タイワンドジョウ

2_20190916080201

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    タイワンドジョウ
釣った日  昭和52年6月30日
サイズ   62.0センチ
釣った場所 香川県高松市郷東川
釣り方     ルアー釣り

昭和52年の夏は、近くの川でのライギョ釣りに熱中した。10日間に、12回。毎朝午前6時から出勤前に行き、休日は朝食前、昼食後、夕食後の3回行った日がある。雨の日以外は、毎日ライギョ釣りをしていた。

使うルアーは小型のスピナーとプラグで、アタリはよくあり、多い日には1時間で3匹釣れている。この期間で10数匹釣れた中で、一番大きいのが、62センチだった。

当時、釣った魚種の最大を記録をするために、魚拓にしていた。このため、前日より大きいのが釣れるたびに魚拓にしていた。記録に残したいという執念である。今から考えると、現在しているように、メジャーを当てて写真に撮ればいいと思うのだが、当時は実寸での記録にこだわっていた。

魚を丁寧に洗わなかったので、いくら乾かしても魚拓は生臭かった。「臭う魚拓」を商品化できないだろうか。

 

10月 24, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録ーーヨソギ

1_20190915094601 2_20190915094601

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    ヨソギ
釣った日  平成21年8月19日
サイズ   11.7センチ
釣った場所 高知県黒潮町佐賀
      離岸堤
釣り方   ぶっこみ釣り

4_20190915094601 5_20190915094601

小型でもいいからのんびりとイシダイ狙いをしようと、黒潮町土佐佐賀の離岸堤東1番に渡船。客は私一人なので、申し訳ない感じ。そりゃあ、この真夏の真っ盛りに離岸堤に来る方がおかしい。

釣果は33センチのイシガキダイが1匹のみ。とにかく暑かったので、何度もパラソルの下に潜りこんで、水分補給をした。年寄りはただでさえ干からび状態が、真正干物ジジイになっちまう。

 

 

10月 23, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーーツマジロモンガラ

1_20191108111401 2_20191108111401

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    ツマジロモンガラ
釣った日  平成22年11月14日
サイズ   20.4センチ
釣った場所 高知県柏島磯 コウロウの岡
釣り方   ぶっこみ釣り

香川磯連の柏島での集中大会。底物釣りを本格的に始めてから、大会への参加は初。イシダイで賞が取れたら釣り人としての格が上がる気がして、ワクワク、ファンファン、不安挑戦。

しかし、ウニが割れたのは1回のみ。アタリがないのではどうしようもない。なので、マムシのエサでズボ釣りをしてみる。ガンガンとはっきりしたアタリで釣れたのが、尾びれの白いフチが目立つツマジロモンガラだった。ウマヅラハギのように見えるが、口の中はキバに見える歯が気持ち悪い。リリースする前に、「魚にキバは似合わないよ」と教えてやった。

10月 22, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーータケノコメバル

1_20190914085901 2_20190914085901

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    タケノコメバル
釣った日  平成27年2月28日
サイズ   29.7センチ
釣った場所 香川県高松市亀水の波止
釣り方   脈釣り

Pcimg1598

わが家から西へ車で30分の垂水(たるみ)に行った。波止の先端に行くと、暗闇に釣り人発見。ヌーッと闇から現れたのでびっくり。「驚かすなよー」とみると、以前同じ職場にいた小川さんと分かって、2度びっくり。ルアーでメバリングをしていた。

邪魔にならないよう、反対側で7メートルの脈釣り竿を振る。しばらくして、モソッと感じたので合わせると、強い引きである。何度かの引き込みに耐えて、海面に見えた魚をヘッドランプで照らすと大きい。

離れたところに置いていた玉網を、小川さんに持ってきてもらいすくった。小川さんがいなければ、取り込めなかったと思う。私のウデとウンのタッグだった。

 

 

 

 

10月 21, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録ーートゴットメバル

2_20190914084201

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    トゴットメバル
釣った日  平成5年3月16日
サイズ   23.2センチ
釣った場所 愛媛県宇和島市御五神島
      磯 ニシキバエ
釣り方   ふかせ釣り

休暇が取れたので、御五神島で磯釣り。船頭が渡してくれたのは超1級のニシキバエ。ところがアタリが全くない。水温を測ると14度。
そこでウキ下を竿2本にしてやっとアタリ。カワハギと、トゴットメバル1匹ずつ。情けない。

このトゴットメバルにはいい思い出がある。昭和60年の6月、御五神島の低ゲタでのこと。狙いはハマチでハリス8号でのカゴ釣り仕掛け。何度か投げているがアタリがない。カゴに撒き餌を入れていると、何か、ギン、ギンと引く感触。ハリスを2ヒロ以上取っているので、たまたま海に浸かっていたハリに魚が掛かっている。メバルである。それも20センチ以上のメバルが、足元で群れを成して乱舞している。

太い8号のハリスなのに、それに食い付く。ハリスを足元の海に入れるだけでドンチャカ釣れる。ハマチ狙いをしばし休んで、メバルの入れ食い。65匹も釣った。それがトゴットメバルだった。
御五神島メバルの超ウブに乗じた報いなのか、ウブでないハマチは釣れなかった。

10月 20, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーークロメバル

2_20190914081201

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    クロメバル
釣った日  昭和58年2月26日
サイズ   24.8センチ
釣った場所 愛媛県宇和島市竹ケ島
      磯 無名磯
釣り方   ふかせ釣り

一人で、宇和島市の濱田渡船の客となる。渡船客が少なく、船頭は油代がかかる御五神島までは行きたくない感じなので、手前の竹ケ島の磯に行く。

風はなく、いい天気で、グレは33センチを最大に5匹。そして釣れたのが、この黒いメバル。

昼前から風が強くなったので、岸に近い前島に移ったが、ガシラしか釣れず。その後、船頭の息子の治さんと二人でボートから竿を出したが、ベラしか釣れなかった。

その後、船頭になった治さんが、釣果の少ない客をちょっと小バカにしていたが、しばらくして「グレは難しい」と言い始めたのを聞いてホッとした。磯からのグレ釣りを何度かやってみて、難しさが分かったらしい。渡船の船頭の中にはエラソーにいう人がいるが、「自分でやってみな」と言えばいいのだ。

 

10月 19, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録--アカメバル

 1_20190913105501 2_20190913103501

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    アカメバル
釣った日  平成17年3月26日
サイズ   25.2センチ
釣った場所 愛媛県佐田岬
      磯 ツブセ
釣り方     ふかせ釣り

3_20190913103501

当時の同僚の友近さんと、佐田岬の磯でマダイ狙い。水深30メートルで竿2つのタナを探る。

釣り日誌によると、チヌ40.7センチ、カンダイ43センチ、カサゴ25センチを2匹、そしてやたら赤っぽい25.2センチのメバル。

わずか10年ちょっと前の釣行だが、ずいぶん昔のことのように思える。だいたい、「10年以上前」のことを「わずか」と言ってしまうことが、年寄りの証明である。

10月 18, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録ーーゴマサバ

  2_20191025101301

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    ゴマサバ
釣った日  平成19年1月27日
サイズ   45.2センチ
釣った場所 高知県室戸沖
釣り方   船 ウキ釣り

3_20191025101301Cimg3301_20191025102901

大型のブリ狙いで、赤澤名工、石塚さんと行く。港を出るとうねりが高く、すぐ横を並走していた船がうねりで見えなくなる。それだけで船酔いの恐怖が襲う。案の定、ダウン。オモリ300号から500号。カゴに撒き餌を入れるために下を向くだけで吐き気。どうにもならん。私と石塚さんは変わりばんこに船倉に入って寝る。

少し気分がよくなると、ごそごそと起きだして竿を出す。その間、赤澤名工は80センチのブリを3匹。私はどうにかヒラソウダ4匹と、ゴマサバ1匹。港に戻ると船酔いは嘘のようになくなる。それがなお、悔しい。
ちゃんと竿を出せれば、80センチのブリが必ず釣れたはず。赤澤名工が釣ったブリを、嬉しそうに突き出す石塚さんの写真が悲しい。もちろん私も同じ写真を撮った。

 

10月 17, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録ーーマダコ

1_20191029093301

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    マダコ
釣った日  平成25年10月14日
サイズ   計測なし
釣った場所 香川県高松港沖
釣り方   イイダコテンヤ釣り

3_20191029093301

同じ釣りクラブの小野ちゃんの船でイイダコ釣り。一緒に行ったのは、オカテッちゃんと石塚さん。仕掛けはイイダコ用のテンヤにイカスッテ。イイダコはタコのくせに、イカスッテに抱きつくことが多い。タコもたまにはいつもとは違う美人に抱きつきたいらしい。

午前7時半から釣り始めたが、ヒョイヒョイと入れ食い。1時間半後の9時過ぎに風が出てきたので10時には陸におがった。それでも私一人で55匹の大漁。

釣りを終えて1時間後には、自宅でくつろいでいる。こういうことができるのは、「田舎暮らしのぜいたく」。大都会人にはできない。「どうだあ」と叫ぶ。犬の遠吠えみたいなもの。

10月 16, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

またまた、修正です

2_20201015131201
またまた、秋ヤンから間違いの指摘メールがありました。11日付の記事で、ミギマキの釣り場水島を大月町と書いているが、宿毛市と指摘がありました。

9月19日のカンムリベラの釣り場沖ノ島を大月町と書いていたら、秋ヤンからメールで、「沖ノ島は宿毛市やんけ。そんなことも知らんのか。シャンシャンと修正しとけよ」の趣旨でした。
ま、秋ヤンは紳士で礼儀正しいので、やんわりと「間違っているような気がする」と奥深しい指摘でした。

なので、シャンシャンと両方の釣り場を宿毛市に修正しました。
沖ノ島への渡船は大月町の柏島から出港するので、何も考えずに大月町と間違えていました。すみませんです。

10月 15, 2020 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録--メナダ

1_20190913100601 2_20190913100601

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    メナダ
釣った日  平成27年4月18日
サイズ   50.8センチ
釣った場所 香川県坂出市 王越の波止
釣り方     サビキ釣り

釣り日誌をめくると、6年前のこの時期に30センチを超えるコノシロがたくさん釣れている。場所は車で小一時間の坂出市王越の港。

波止の先端にいたチヌ狙いの人に断りを入れ、並んで竿を出す。私はハリス1号のサビキ仕掛け。卵大の大きなウキがゴボッと沈み、引きが強い。コノシロではない。てっきり大きなチヌだと思い、ふかせ釣りでチヌ狙いしている横で、サビキでチヌを釣っては申し訳ない感じ。

慎重にやり取りをして、浮いてきたのはボラ。チヌ狙い師がほっとした感じで大笑い。私も笑った。玉網ですくうと目が赤いメナダだった。

私には最初で最後のメナダ。出会いは奇跡ともいえる。「伴侶との出会い」みたいなものだが、魚、それもボラに例えてはダメだろうか。

 

10月 14, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

謹んで誤りを修正します

4_20201013125201

四国九絵勇心会会長の秋ヤンからメールで、
「今月10日のマハタモドキの記事で、香川磯連大会のイシダイの部優勝の賞金を6000円と書いているが、写真で見ると1万5000円じゃないか」ご指摘がありました。
ご指摘の通りです。謹んで修正させていただきます。なんで、こんな間違いをしたのか、さっぱり分かりませーん。

10月 13, 2020 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録--ミノカサゴ

1_20190913091901 2_20190913091901

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ミノカサゴ
釣った日  平成14年11月17日
サイズ   26.3センチ
釣った場所 高知県大月町柏島
      磯 大観音の西
釣り方     ふかせ釣り

香川磯連の大会「ザ・サヌキカップ」に参加。高知県柏島での集中大会。三好さん、片ちゃん、赤澤名工と4人で、大観音の西に下りる。

この時は絶好調。ただし、ハギの入れ食い絶好調。撒き餌をしてもエサトリも見えないので、ズボ釣りに集中した。ハギが11匹。それを釣る間、ズボ釣りではグレは釣れない。そりゃあ、大会の入賞はできないわ。しゃーないです。
三好さんは43.2センチのニザダイで他魚の部4位。

 

10月 12, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録--ミギマキ

2_20190913090901

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ミギマキ
釣った日  昭和59年5月20日
サイズ   32.8センチ
釣った場所 高知県宿毛市水島
      磯 エボシ
釣り方     ふかせ釣り

当時、懇意にしていた香川磯研クラブの7人に同行させてもらった。全然釣れず、この魚が唯一の釣果。ま、ウデもよくなかったのかなあ、と思う。だが、磯研のメンバーも66センチのタマミ1匹のみで、大した釣果なし。

その後、このクラブからの入会お誘いがあったがお断りして、高松黒潮クラブに入会した。良かったと思う。「断って何がよかったか」は、言えません。非難はブーメランで舞い戻ってくるから。

10月 11, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録--マハタモドキ

1_20190913084101 2_20190913084101

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    マハタモドキ
釣った日  平成24年6月9日
サイズ   14.9センチ
釣った場所 愛媛県愛南町西海
      福浦の波止
釣り方     ふかせ釣り

3_20190913084101

香川磯連の大会前日、愛媛県南部の西海町福浦の波止に行った。狙いは大型チヌ。ここで香川磯連の会員が50センチ超えを何匹も釣っているのを知っている。気合を入れたが、25センチまでの木っ葉グレが7匹。釣れたエサトリのネンブツダイでアオリイカを狙ったが、これも空振り。

散々の釣りの中で、唯一の救いが、マハタモドキの自己記録。この魚はマハタとそっくりだが、体にある横帯が少し違う。

5_20190913085101 4_20190913085101

さて、翌日の大会では、武者泊の磯で45.5センチを釣ってイシダイの部で優勝しちゃいました。コツコツと釣りをしていれば、いいこともある。優勝賞金6000円。めったに優勝しないので、この大会だけは優勝賞金を釣行費用の10倍くらいにしてほしかった。

(以下は10月13日に記す)
と書いていたが、秋ヤンからメールで「写真で見ると、6000円でなくて、1万5000円やんけ」とご指摘ありました。
その通りです、修正します。優勝賞金は私にはもったいないほど高額の1万5000円です。10月13日に記す

 

 

10月 10, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月 9日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録--マハタ

1_20190913081301 2_20190913081301

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    マハタ
釣った日  平成25年9月23日
サイズ   25.1センチ
釣った場所 愛媛県愛南町
      久家の波止
釣り方     ふかせ釣り

 高松黒潮クラブでは、毎年私が釣ってくるイシダイで、宴会をしている。その会の名前が「旨いイシダイを食べる会」。命名は宝山さん。そのため、私は必死の思いでイシダイを釣ってこないといけない。今回の釣行目的も、このイシダイを釣ること。

その前日はゆったりと波止で、大型のチヌ狙いで、愛媛県愛南町の西海に行った。午前8時半から竿を出し、午後4時半までのんびり。ここはエサトリが多いので、久しぶりにヌカダンゴを使ってみた。
ダンゴが割れたらウキが上がってくるはずだが、ウキが上がってこないままで根に持ち込まれることが数回。根魚がいるらしい。

このとき釣れたのが、マハタ2匹。小さいが、私にはうれしい魚。ひょっとしたら、もっと大きいのがいるような気がする。いや、間違いなくいる。そう思い込んでこそ、名人への道が開く…と思っている。

3_20190913081301Fcimg8935Fcimg8934

翌日のイシダイ狙いは7匹釣れて、宴会が開催できた。

10月 9, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーーボラ

1_20190912092801 2_20190912092801

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれたことに感謝。

魚種    ボラ
釣った日  平成23年4月20日
サイズ   60.6センチ
釣った場所 高知県宿毛市
      宇津々木新港
釣り方      ふかせ釣り

北西からの強風を避けて、アオリイカ狙いで宿毛市の宇津々木新港。ここはとんでもなくでかいケーソンが並んでいて、北西風を遮ってくれる。イカのスミ跡がたくさんあるので、釣れているようだ。その証拠にイカ狙いの釣り人が、どんどんやってきて並んだ。

イカのアタリがないので、オキアミでふかせ釣りをする。チヌ狙いである。ウキがしっかりと沈んでいく。バシッと合わせると、動かない。根掛かりと思った次の瞬間、竿がグワーンと一気に持ち込まれそうになる。座っていたクーラーから飛び跳ねて臨戦態勢。

何度も何度も締めこむ。てっきり大型チヌだと思ったが、浮いてきたのは大きなボラ。がっかりしたが、自動シャッターにして写真を撮ると、巨大ボラ、「トドのつまり」に写った。

10月 8, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーーマダイ

1_20190912094701  2_20190912094701

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれたことに感謝。

魚種    マダイ
釣った日  平成17年10月8日
サイズ   50.2センチ
釣った場所 香川県高松市サンポート
釣り方      棒ウキで遠投釣り

3_20190912094701

巨大なエイの引きを楽しむために、高松サンポート港に行く。マロンさん(喫茶店「マロン」のマスター)がチヌの入れ食いをさせていて、すでに35から43センチを7匹釣っていた。

私はあくまでもエイ狙いなので、ハリス8号でぶっこみ釣り。10分もしないうちに、竿先に付けたケミホタルがビンビンとお辞儀した。これが50センチ超えのマダイ。
大物マダイで有名な宇和海では50センチはチビ扱いだが、大型フェリーが10分ごとに行き交う県庁所在地の港で釣れたことに意味がある。

私が釣ったことは、瞬く間に高松黒潮クラブ員や、サンポートの釣り仲間が知り、翌日に釣具屋に行ったら、「聞いたでー」と言われた。電話を掛け回った人がいるらしい。よっぽどの小物釣り師と思われているらしい。

10月 7, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録ーーマダラエソ

1_20190912095601 2_20190912095701

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれたことに感謝。

魚種    マダラエソ
釣った日  平成25年11月13日
サイズ   34.2センチ
釣った場所 高知県大月町
釣り方      ふかせ釣り

3_20190912095701 4_20190912095701

同じクラブの山田さんと、高知県大月町でアオリイカ狙い。活きアジを使っての釣りで、暗くなってからアオリイカの入れ食い。私10匹、山田さん6匹。2本の竿でシッチャカメッチャカで、夢か幻かの世界。すべて1キロ級で、サイズも満足。「こんなことは一生に一度しかない」とその時思ったが、その通りだったのは残念。

暗くなる前に釣れたのが、このマダラエソ。釣れた時、すぐに逃がそうとしたが、山田さんが「普通のエソと違う」というので、写真に撮った。そう言えば、見たことのない紋様。図鑑で、マダラエソと分かった。

図鑑には、生息地域は小笠原、琉球列島とある。高知県で釣れたのはラッキー。図鑑には成魚は25センチ。私が釣った34センチは超々大物ということになる。ホルマリン漬けにする価値があったのかも。

10月 6, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録--ヤマブキベラ

1_20190911093001 2_20190911093001 

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ヤマブキベラ
釣った日  平成26年10月8日
サイズ   26.2センチ
釣った場所 愛媛県愛南町いるか越
      磯 ミズタニ
釣り方     ふかせ釣り

4_20190911093001 

翌日は宇和島市大浜の離岸堤でイシダイ狙いの予定で、その前日のお遊び釣り。お遊びといっても、50センチ越えのチヌが来てくれないかという期待はある。磯に渡ったのは、午前8時。

エサトリがいないので、イライラがない。年寄りになってのイライラは寿命を縮めるので、勘弁してほしい。木っ葉グレがよく釣れたが、キープサイズの25センチを超えたのは3匹のみ。
色鮮やかなヤマブキベラをネットで調べると、1匹が4000円以上している。釣り人は、逃がす魚でも高価だと嬉しい。

Fcimg0952Fcimg0946

翌日イシダイが4匹。いずれも40センチ級だったが、「今日の水温でこれだけ釣ったら、すごい」と船頭がほめてくれた。「どうだあ」。

10月 5, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

ご機嫌伺いに来てくれました

Zimg_20201003_142944-002

きのう、家でウジウジしている私をご機嫌伺いに来てくれました。

写真の右から、オカテッちゃん、宝山さん、猪子さん、私、ヨッさん、古川さんです。私以外はみんな元気です。
古川さんは、釣り友からもらったというクエの子供とイサキを、切り身にして持ってきてくれました。ふふ。

ヨッさんには磯に行ったらイサキを持ってきてくれるようお願いしたけど、ヨッさんが得意の御五神島の徹夜釣りはすでに終了しています。
宝山さんにはそろそろ稼働するというサヨリ釣りで釣れたら一夜干しをお願いしました。
最近の魚といえば、スーパーのサケ、ハマチ、イワシと情けないことになっているので、釣りの魚を食べたい。

10月 4, 2020 釣友 | | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録--ニシキベラ

1_20190911085801 2_20190911085801

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ニシキベラ
釣った日  平成23年8月24日
サイズ   19.7センチ
釣った場所 愛媛県宇和島市大浜
      離岸堤
釣り方     ふかせ釣り

3_20190911085801 Mcimg3817

ウニのエサでイシダイ狙い。一人釣行だが、今回は宇和島市大浜の離岸堤でのイシダイ釣りに経験のある佐々木さんと並んで釣ることになった。

2投目でイシダイ。ベテラン佐々木さんより早く釣れた。しばらくして佐々木さんも釣る。「先に釣られて、あせったがあ」と正直。
その後二人とも2匹ずつを釣り、互角の勝負。「谷口さんにイシダイは無理」と思っていたらしい船頭が、私のクーラーの中を見て驚いたことに、私が驚いた。

ニシキベラはイシダイのアタリがないときにマムシのエサで釣れたもの。

 

10月 3, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録--ホシササノハベラ

2_20190911084501 

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    ホシササノハベラ
釣った日  平成20年4月20日
サイズ   21.7センチ
釣った場所 愛媛県宇和島市九島 磯
釣り方     ふかせ釣り

50センチ越えの乗っ込みチヌ狙い。場所は、宇和島市の吉田町。強風の天気予報だったので、渡船の船頭に「風裏」をお願いすると、とんでもない場所に連れていかれた。

渡船の対岸ある九島の周囲を走っている道路のガード脇。チヌの実績があるとのこと。

島の人が見に来て、暇つぶしの話をし、ゆったりとした時間が過ぎるだけ。朝の6時から9時間、真面目に竿を振り続けたが、カサゴとベラだけ。「二度とこの渡船には乗らん」と、勝手に強く決意した。

10月 2, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録--アカササノハベラ

1_20190911080701 2_20190911080801

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    アカササノハベラ
釣った日  平成22年1月27日
サイズ   27.8センチ
釣った場所 愛媛県御五神島
      磯 菊池バエのハナレ
釣り方     ふかせ釣り

Cil0437 Cil0453

一人で愛媛県宇和島市の御五神島に釣行。渡船はいつもの濱田渡船。磯の抽選場に集まった渡船は10隻で、まあまあの数。
私が上がったのは、菊池バエのハナレ。

最初に釣れたのがブダイ。リリースしようと思ったが、フライにしたらおいしかったことを思い出してキープ。
正午を過ぎてやっとグレ。ほとんどの磯でこんな調子かと思っていたら、違う磯でグレ10匹も釣った人がいた。この人が使っていたのが自立棒ウキ。

これを見て、同じような棒ウキを赤澤名工に作ってもらったことで、その後の私のふかせ釣りがガラッと変えることができた。ある意味では、この釣行がなければ、いつまでも相変わらずのグタグタの釣りが続いていたような気がする。

このアカササノハベラだが、30センチ近いこのサイズになると、結構引きが強い。掛けた直後の強い引きに、「なんだ、なんだ」とうれしくなったが、姿を見て、うれし損になった。

10月 1, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

お魚グッズコレクションーⅢ296

32962
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

マグネット(イカ)

入手年月 平成25年1月15日

入手場所 宇和島市 きさしや広場

入手金額 370円

9月 30, 2020 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月29日 (火)

「閑釣万釣お遊びコーナー」2013年10月

201310-2

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。

9月 29, 2020 閑釣万釣 | | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーームロアジ

1_201910290903012_20191103094801

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    ムロアジ
釣った日  平成20年10月12日
サイズ   26.7センチ
釣った場所 高知県土佐佐賀
      離岸堤 西堤
釣り方   ふかせ釣り

高知磯連の別役さんと、土佐佐賀の離岸堤で徹夜釣り。別役さんは「女性1000人切りまで、あと3人」が口癖で、男の私から見ても魅力がある。釣りも女性と一緒で、暗くなってからが本番なので、それまでは撒き餌をしながらふかせ釣りで遊ぶ。

シマアジを釣る予定だったが、まったくいない。30センチくらいのカツオがギュンギュンと掛かるが、すべてハリが外れる。ハリが小さいからだ。
やっと釣れたのが、きれいな黄色の横線が入ったムロアジ。ムロアジはアジの中では崩れた美人のイメージで、今回の話題にぴったり。

9月 28, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

お魚グッズコレクションーⅢ301

33012
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

カイロ

入手年月 平成25年4月3日

入手場所 熊野さんより贈

入手金額 30円

 

9月 27, 2020 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月26日 (土)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1995年6月

199506

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。

9月 26, 2020 閑釣万釣 | | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録ーーネンブツダイ

1_20191030081601

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    ネンブツダイ
釣った日  平成24年2月11日
サイズ   10センチくらい
釣った場所 高知県足摺岬港 
釣り方   ふかせ釣り

3_20191030081601 4_20191030081601

ヨッさん、オカテッちゃんとアオリイカ狙いで足摺岬港。オカテッちゃんがマトウダイを釣って、通りがかりのカップルの女性にキャアキャア言われてご機嫌さん。ヨッさんはヒラスズキを掛けたが、取り込みに失敗。

さて、ネンブツダイはこでまでにたくさん釣ったと思っていたが、写真で確認すると、ことことごとくネンブツダイそっくりのクロホシイシモチ。クロホシイシモチには下唇の先端に黒い点があるが、ネンブツダイにはない。過去10年間以上の写真をさかのぼって確認し、やっと見つけたのがこの写真。

エサトリの写真を撮るのを見られるのは恥ずかしいけど、恥ずかしさを乗り越えれば新しい未来がある。ないなあ。

9月 25, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

お魚グッズコレクションーⅢ304

33042
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

スプーン

入手年月 平成20年12月20日

入手場所 マリンピア神戸

入手金額 250円

宮内さんより贈

9月 24, 2020 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月23日 (水)

「閑釣万釣お遊びコーナー」2003年7月

20037

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。

9月 23, 2020 閑釣万釣 | | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録--キュウセン

1_20190910091301 2_20190910091301

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    キュウセン
釣った日  平成9年4月21日
サイズ   25.8センチ
釣った場所 愛媛県三瓶湾
釣り方     投げ釣り

同じクラブの内藤さんと、愛媛県南部での経済視察で一緒に行動した後、二人で1泊2日の釣行。最初に行ったのは、佐田岬半島の先端の港で、エサにするアジを釣る。ここまではうまくいったが、狙いのマトウダイのアタリはなし。民宿泊。

翌日は、南下して三瓶湾で投げ釣り。狙いは大型のキュウセン。内藤さんが「ここなら大型のキュウセンがバカバカ釣れる」と言ったが、バカバカは釣れず、4か所を変わる。「バカ、バカ」と言いたくなる。

釣れたキュウセンは、内藤さんが言った通り大きい。全部25センチ級。私は4匹、内藤さんは5匹を釣る。

9月 22, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

お魚グッズコレクションーⅢ306

33062

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

コースター

入手年月 平成23年12月10日

入手場所 高知県 ビオスおおがた

入手金額 350円

9月 21, 2020 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月20日 (日)

「閑釣万釣お遊びコーナー」2003年8月

20038

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。

9月 20, 2020 閑釣万釣 | | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録ーーカンムリベラ

1_20190910084801 2_20190910084801

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    カンムリベラ
釣った日  平成24年12月23日
サイズ   59.1センチ
釣った場所 高知県宿毛市沖ノ島
      磯 姫島 穴の口前
釣り方   ぶっこみ釣り

高知県沖ノ島での、香川磯連の集中大会。2隻の渡船をチャーターしての釣り大会だったが、参加者は52人と少ない。

クジで姫島の穴の口前に下りる。いい磯である。イシダイ狙い。アタリが全くない。釣り始めて2時間後、前触れもなく、いきなり竿先が海中に突き刺さった。これが唯一のアタリで、カンムリベラ。サイズは60センチ近くあって、でかい。

他魚の部の入賞を期待したが、ヒラスズキとハマチに負けて入賞ならず。

このカンムリベラには胴の真ん中に背から腹に向かって、鮮やかな緑の線が入っている。「調理するときは、この線に沿って切ってくれ」というわけではないと思うが、神様は何でこんな線を入れたのだろうか。

9月 19, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

お魚グッズコレクションーⅢ309

33092
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

小皿

入手年月 平成22年3月11日

入手場所 熊野さんより贈呈

入手金額 100円

9月 18, 2020 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月17日 (木)

「閑釣万釣お遊びコーナー」2003年9月

20039

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。 

9月 17, 2020 閑釣万釣 | | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録--オハグロベラ

2_20190909100501 3_20190909100501

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新への努力が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    オハグロベラ
釣った日  平成19年10月7日
サイズ   18.7センチ
釣った場所 愛媛県佐田岬 長浜
釣り方     ふかせ釣り

当時の勤務先の同僚だった友近さんと、1泊2日の釣行。佐田岬半島での大型タチウオ狙いだったが、空振り。しかし、泊った民宿の豪華な夕食で、来てよかったと思えた。
釣り師は貧果のときほど、釣行の良さを釣り以外に見出して傷口をいやす。

翌日は近くの波止で、のんびりとふかせ釣り。25センチの小型チヌ、アジ、サバ、も釣れたが、どうってことのない釣り。竿を出してるだけで満足の景色。

オハグロベラは18.7センチと、4ミリ小さい18.3センチの2匹釣れた。

9月 16, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

お魚グッズコレクションーⅢ316

33162

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

フイギャア

入手年月 平成19年5月21日

入手場所 イタリア アマルフィ

入手金額 3ユーロ

9月 15, 2020 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月14日 (月)

「閑釣万釣お遊びコーナー」2003年12月

200312

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。

9月 14, 2020 閑釣万釣 | | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録ーーアナハゼ

2_20191101091701

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    アナハゼ
釣った日  平成22年4月23日
サイズ   14.7センチ
釣った場所 香川県高松市垂水の波止
釣り方   脈釣り

3_20191101092101

新聞の釣り情報で「メバルが釣れ出した」を見てから2週間。やっと風がない日になって、高松市西部の垂水の波止に脈釣りに行った。

暗くなると、予想どおりメバルが釣れ出す。しかし、我が家の冷蔵庫は魚でパンパンになっているので、今回のキープサイズは20センチ以上とハイレベル。どんどん逃がします。気持ちがいい。ようやく引きが強く20センチオーバーが釣れたのはカサゴで、腹が卵でパンパンになっている。かわいそうなので、これもリリース。1時間半でメバル、カサゴが9匹釣れたが、すべてリリース。

暗くなる前に釣れたのが、アナハゼ。とりあえず自己記録なのでサイズを測った。エサトリなのにきれいな緑色に魔力があって憎めない。チャラチャラしたギャルでも、服装がピシッとしていると憎めない。

 

9月 13, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

お魚グッズコレクションーⅢ377

33772

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

挨拶状メモ(マダイ)

入手年月 平成25年5月2日

入手場所 夢タウン高松

入手金額 273円

 

 

9月 12, 2020 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月11日 (金)

「閑釣万釣お遊びコーナー」2007年2月

20072

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。

9月 11, 2020 閑釣万釣 | | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーーアオタナゴ

1_20191103093301

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    アオタナゴ
釣った日  平成20年9月21日
サイズ   23.0センチ
釣った場所 香川県女木島港
釣り方   ふかせ釣り

3_20191103093801

サヨリ狙いで女木島に行く。ここは釣れる数は少ないが、人が少ないので、のんびりとできる。

サヨリはおらず、撒き餌に10センチにもならないミニのグレが大騒ぎ。タナを深くしていき、23センチのチヌ。リリース。しばらく辛抱していると、タナゴ。これが3匹。

ウミタナゴに何種類かいると知ったのはごく最近。このときに釣ったのはアオタナゴだった。目の上で少しくぼむということと、前のエラ蓋に黒点がないということで、マタナゴと区別できる。

標準和名がウミタナゴもいるが、それは東北以北にいて、瀬戸内海にはいない。釣友に教えてやろうと思う。「フーン」と感心してくれるか、「フン」とどうでもいい返事がくるか。

9月 10, 2020 魚種別自己記録 | | コメント (0)